Google、定期購入ページの説明が不十分な場合に警告表示へ、他2選:Ginza SEOウィークリートレンド 2018/11/16

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+


大規模向けコンテンツマーケティング&SEOツールを提供するGinzaMetricsが、日本と、海外とくにUSを中心として、コンテンツマーケティングやSEO情報、関係するプラットフォームのアップデート情報を毎週ご紹介するコーナー「Ginzaウィークリートレンド」。今週はGoogleから3選です。

  1. Google、定期購入ページの説明が不十分な場合に警告表示へ
  2. Google、11月1週目に検索順位の変動か
  3. Google、新サーチコンソールでドメインプロパティ機能をテスト公開

1.Google、定期購入ページの説明が不十分な場合に警告表示へ

公開日
Nov 8, 2018

発信元
Google Webmaster Central Blog:Notifying users of unclear subscription pages定期購入ページの説明が不十分な場合は警告が表示されるようになります

概要

Googleは公式ブログで、Chrome71(2018年12月公開)以降、Chromeユーザーが説明が不十分な定期購入ページを開こうとした場合に警告を表示することを発表しました。

ユーザーに十分な情報を提供するために、Googleは新たにモバイルでの料金請求のベストプラクティスをまとめました。
チェックポイントは以下となります。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEOニュース.