Terms

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzametrics 利用規約

第1条(規約の適用)
1 Ginzamarkets株式会社(以下「当社」といいます)は、本利用規約(以下「本規約」といいます)に基づき、Ginzametrics(以下「本サービス」といいます)を提供します。
2 本サービス利用者(以下「利用者」といいます)は本規約に同意したとみなし、本規約を遵守するものとします。また、利用者は自己の責任において本サービスを利用することに同意します。
3 利用者が本規約のいずれかに違反した場合、当社はサービスを停止し、利用者のアカウントを削除することがあります。

第2条(規約の運用)
1 当社は本規約を予告なしに変更することがあります。
2 利用者はいつでも当規約の最新版を次のアドレスで確認することができます。 http://www.ginzametrics.jp/terms/
3 本サービスを拡張あるいは向上させるあらゆる新機能およびリソースに対しても、当規約が適用されるものとします。このような変更後も本サービスを継続して利用する場合、利用者は変更内容に同意したとみなされます。
4 申込書、注文書、発注書および覚書等において当規約の特約を定め、当社が承認した場合は、当該特約事項は本規約の一部となります。本規約と当該特約事項の条項が抵触する場合には、特約が優先して適用されるものとします。

第3条(利用規約)
1 申込者は、本規約に同意のうえ当社が定める方法で申込を行うものとします。
2 前項に定める申込を当社が受領かつ承諾した時点をもって、本利用契約が成立するものとします。
3 申込者が次の何れかに該当するときは、利用申込を承諾しないことがあります。
(1) 利用者が虚偽の事実を申告したことが判明した場合。
(2) 利用者への本サービスの提供に関し、著しい困難が認められる場合。
(3) 本サービス利用料金等の支払いを怠る恐れがあると当社が判断した場合。
(4) その他承諾することが適当でないと当社が判断したとき。
4 利用者は、利用申込等の際に当社に申し出た内容に変更があった場合は、当社に速やかに通知するものとします。

第4条(ID・パスワード・アカウントの管理)
1 利用者は、申込により取得したログインIDおよびパスワード、並びに登録したアカウントのセキュリティ等の管理責任を負うものとします。
2 利用者のログインID及びパスワードが使用される場合、当社は当該ログインIDに対する利用者が使用したものとして取り扱います。利用者が前項のセキュリティ等の管理責任を遵守しなかったことによる損失または損害は、利用者の故意・過失によらず利用者が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
3 利用者のログインID及びパスワードは、一人の人物のみが利用可能です。複数の人物によって単一のログインID及びパスワードを共有することを禁止します。
4 利用者は、ログインID及びパスワードを第三者に使用させ、又は譲渡、移転、売買、名義変更等をしてはならないものとします。
5 「ボット」やその他の自動化された方法によってログインID及びパスワード、並びにアカウントを登録することを禁止します。
6 利用者の、故意又は過失によりログインID及びパスワードが盗用され、第三者の利用等により本サービスが停止又は本サービスで提供システムが毀損した場合、利用者は当社に対し賠償責任を負うものとします。
7 利用者は、利用者のアカウント上で投稿されたコンテンツ及び発生した活動について一切の責任を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第5条(ソフトウェア)
1 利用者は、当社が提供するログインID及びパスワードを用いて、当社が指定するサーバー上においてGinzametricsソフトウェア(以下「当ソフトウェア」といいます)を利用者が所有するウェブサイトの管理を目的に使用することができます。
2 当ソフトウェアは、当社がその時点で保有している状態で提供され、第16条(免責)の内容を超えて当サービスを提供する義務を負うものではないものとします。
3 当社は、利用者に告知することなく、いつでも当ソフトウェアの内容を変更または中止する権利を有します。
4 当社は、本サービスのいかなる修正及び停止/廃止に関して、利用者若しくは第三者に対し一切責任を負わないものとします。
5 利用者は、本サービスを目的外に使用しないこととし、利用者の責任において使用するものとします。
6 利用者は、本サービスを違法又は不正な目的のために使用することはできません。利用者は、本サービスを利用するにあたり利用者の管轄区で違法とされる行為を行ってはなりません。
7 本サービスに関する所有権及び商標権、特許権、意匠権、著作権、実用新案権その他の知的財産権及びノウハウ等の権利(以下「知的財産権」といいます)は、全てアメリカ合衆国に所在するGinzamarkets,Inc.に帰属します。Ginzamarkets株式会社は日本における本サービスの独占的な提供元としてのライセンシーであり、Ginzamarkets,Inc.は日本国で顧客と直接契約を締結する当事者ではありません。

第6条(利用期間と解約)
1 本サービスの最低利用期間は1年です。
2 利用者が本サービスの解約を希望する場合は、解約希望日の30日前までに書面にて解約の通知を当社宛に行います。
3 当社に対する解約の連絡がない場合は、自動的に本サービスの利用期間が1年間延長されます。
4 利用者のコンテンツ及びアカウント並びにログインID・パスワードは、解約後直ぐに本サービスから削除されます。一度解約されると、当該情報を回復することはできません。

第7条(料金)
1 料金等の具体的金額及び算定方法は、申込書等に別途定める場合を除き、当社料金表によるものとします。
2 利用者は、本サービスの利用に関し、当社が定める料金に消費税を加え、当社の定める方法により支払わなければならないものとします。
3 利用者は、本サービスの料金表は、当社からの30日間の通知の後に改訂される場合があることを了承するものとします。通知はGinzametricsのウェブサイト(http://www.ginzametrics.jp)への掲載若しくは当社が定める方法で行います。
4 当社は、価格変更に関して、利用者若しくは第三者に対し一切責任を負わないものとします。
5 無料プランへの加入はアカウント3つを上限とします。無料プランの加入上限数を超える場合は本規約に違反するものとみなされます。
6 有料プランへの申込みは、申込初月より月額の料金が請求されます。

第8条(料金プランの変更)
1 料金プランの変更は、当社が定める方法で申込を行うものとします。
2 無料プランから有料プランへのアップグレードがなされる際、アップグレード当月より月額の料金が請求されます。
3 有料プランから、別の有料プランにアップグレードがなされる際、アップグレード当月より変更後プランの月額の料金が請求されます。
4 有料プランから、別の有料プランにダウングレードがなされる際、ダウングレード翌月より変更後プランの月額の料金が請求されます。利用サービスをダウングレードする際、コンテンツ、機能、またはアカウントの容量が失われる場合があります。当社はこのような損失に対して一切責任を負いません。

第9条(知的財産権等)
1 利用者は、本サービス利用期間中、本サービスで提供する当ソフトウェアを含むその他のソフトウェア並びに関連ドキュメントの使用を許諾されるものです。
2 当該期間中及び当該期間満了後を通じ、本サービスに関する知的財産権は、全てアメリカ合衆国に所在すGinzamarkets,Inc.に帰属します。
3 利用者は、いかなる理由によってもGinzamarkets,Inc.の知的財産権を侵害する怖れのある行為をしないものとします。
4 利用者は、本サービスを変更、ハッキング等してはならず、また他のウェブサイトをそれがあたかも本サービス並びに当社もしくはGinzamarkets,Inc.の他のサービスと関係しているという誤った印象を与えるように変更してはなりません。
5 利用者は、当社からの書面による明確な許可なしに、本サービスの一部、本サービスの利用、本サービスへのアクセス、HTML/CSS及び視覚的デザイン要素の一部を、複製、複写、コピー、販売、再販、不当に利用しないことに同意します。

第10条(コンテンツの著作権及び所有権)
1 本サービスに掲載される全てのコンテンツは、米国著作権法を遵守しなければなりません。
2 利用者が本サービス上に提供したコンテンツは利用者に帰属し、当社は所有権及び知的財産権を主張しません。但し、利用者のページが公開されるように設定することにより、利用者は他のユーザーが利用者のコンテンツを表示し共有できるようにすることに同意したとみなされます。
3 当社は、利用者が掲載したコンテンツを検閲しませんが、違法、攻撃的、脅迫的、中傷的、名誉毀損、性的、わいせつ、その他不快感を与える、他の団体の知的財産もしくはその利用規約に反する等と判断したコンテンツ及びそのコンテンツを含むアカウントを、単独の裁量により拒否又は削除する権利を有します。

第11条(個人情報の取り扱い)
1 当社は、本サービスの提供により取得する個人情報を、当社がウェブサイト上にて開示するGinzametricsプライバシーポリシー(http://www.ginzametrics.jp/privacy/)に基づいて取り扱うものとします。

第12条(秘密情報の取り扱い)
1 利用者及び当社は、相手方の書面による事前の承諾なくして利用契約に関連して知り得た相手方に関する秘密情報を、第三者に開示又は漏洩せず、本サービスの目的以外の目的に利用しないものとします。但し、次の各号のいずれかに該当する情報についてはこの限りではありません。
(1) 受領の時点において、既に保有している情報。
(2) 秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報。
(3) 相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報。
(4) 本規約に違反することなく、かつ受領の前後を問わず公知となった情報。

第13条(禁止事項)
1 利用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号のいずれかに該当する行為及びその怖れのある行為をしないものとします。
(1) 他人の財産又は著作権若しくは商標権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為及びその怖れのある行為。
(2) 他人の肖像権又はプライバシーを侵害する行為。
(3) 国内外の諸法令若しくは公序良俗に違反し、又は当社若しくは第三者に不利益を与える行為。
(4) 他者を差別若しくは誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為。
(5) 詐欺等の犯罪に結びつく又はその怖れのある行為。
(6) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為。
(7) 当社のサービス業務の運営・維持に支障を与える行為及び著しい損害を与える行為。
(8) 当社と同種または類似の業務を行う行為。
(9) 本サービスの内容や本サービスにより利用しうる情報を改ざん又は消去する行為。
(10) コンピューターウィルスその他有害なコンピュータープログラムを含む情報、又はその他破壊的な性質のコードを送信する行為。
(11) 未承諾の電子メール、SMS、スパムメッセージのアップロード、投稿、ホスト、送信する行為。
(12) 風俗、アダルトに関する情報、未成年者や青少年の利用を制限する情報を提供する行為、またはそれに類するか、あるいは不適当と当社が判断する行為。
(13) 当社または第三者を誹謗中傷する行為、又はそのような情報を提供する行為。
(14) その他、当社が不適当と判断する行為。
2 1項各号の行為によって生じるいかなる問題に対して、当社は一切の責任を負わないものとします。
3 当社は、利用者の行為が1項各号のいずれかに該当するものであることを知った場合、事前に利用者に通知することなく、本サービスの提供を停止し、又は当該行為に関連する情報を削除できるものとします。そのことにより利用者に生じた損害については、当社は一切責任を負わないものとします。

第14条(サービスの停止・中断)
1 当社は、次の各号のいずれかに利用者が該当する場合に、本サービスの利用を停止、または一時的に中断できるものとします。
(1) 利用者が、本サービスの利用料金及びその他債務を、所定の支払期日が経過しても履行しない場合。
(2) 前号の他、利用者が本規約に違反した場合。
(3) その他本サービスを停止又は一時的に中断する必要があると当社が判断した場合。
2 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合に、本サービスの提供を一時的に中断できるものとします。
(1) 本サービスに係るサーバ等機器類が故障したとき、またはメンテナンス作業が必要であるとき。
(2) 本ソフトウェア含むその他のソフトウェアに障害が発生したとき、またはメンテナンス作業が必要であるとき。
(3) 本サービスに係る電気通信設備等の障害が発生したとき、またはメンテナンス作業が必要であるとき。
(4) 本サービスの提供が、当社及び利用者に損害をもたらすとき。
(5) その他本サービスを中断する必要があると当社が判断した場合。

第15条(サービス利用の為の設備設定)
1 利用者は、当社が本サービスを運営するために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、及び関連技術を得るために、サードパーティーベンダーやホスティングパートナーを利用することを理解します。
2 利用者は、利用者のコンテンツを含む本サービスの技術的処理または通信が暗号化されずに転送されること、また次の事項が生じる可能性があることを理解します。
(1) 様々なネットワークを介して伝達されること。
(2) 接続されたネットワーク及びデバイスに適合するために変換されること。
3 利用者の利用帯域幅が、他の本サービス利用者の平均的な帯域使用量を大幅に上回る場合、当社の裁量によりアカウントを無効化または利用者の帯域幅の消費を減らすまでファイルホスティングを制限する場合があります。

第16条(免責)
1 当ソフトウェアは、当社がその時点で保有している状態で提供されるものであり、本ソフトウェアにバグ等の不具合がないこと、若しくは本ソフトウェアが中断なく稼働すること又は本ソフトウェアが利用者が予定する特定目的や期待に適合すること又は得られる結果が正確であること又は本ソフトウェアが利用者及び第三者に損害を与えないこと等を保証するものではありません。
2 当社は、本サービスの提供により、利用者のウェブサイトの検索エンジンの検索結果順位の上昇又はウェブサイト進入件数やコンバージョン数の増加・改善等を、いかなる意味でも保証するものではありません。
3 当社は、利用者に提供する当ソフトウェアについて、当社の判断でプログラムのバグ等を補修するものとします。また、全てのプログラムのバグ改修等を実施する保証及び責任を負うものではなく、対応の決定及び対応方法、対応時期等については当社の判断にて行われるものとします。
4 利用者は、本サービスを利用するための設定をした後に、利用者のウェブサイト等が本来の機能を有するか否かは、利用者自身で確認するものとし、当社はその義務を負わないものとします。
5 次の何れかに起因する利益、営業権、使用、データ損失またはその他の無形を含む損失に問題が発生した場合でも、当社は責任若しくは損害賠償責任を負いません。
(1) サービスの利用または利用の不能。
(2) サービスから、もしくはそのサービスを経由して、購入・入手した商品・データ・情報・サービス、または受け取ったメッセージ、あるいは実行された商取引を原因として発生した、代用商品およびサービスのお買い上げによる費用。
(3) 通信またはデータへの未認証のアクセスまたは変更。
(4) サービスにおけるいかなる第三者による記述または行為。
(5) その他、サービスに関する全ての問題。

第17条(カスタマーサポート)
1 カスタマーサポートは、有料プランの利用者のみに提供され、電子メールのみ利用可能です。

第18条(無償お試しトライアル、フリープラン)
1 利用者は、本規約に同意のうえ当社が定める方法で申込を行うことで、無償お試しトライアル及びフリープランに申込むことができます。本項の申込がなされた時点で、利用者は本規約の内容を承諾しているものとみなされます。
2 前項に定める申込を当社が受領した後、承諾の可否を判断します。無償お試しトライアル及びフリープランの申込に対する承諾は、利用者が指定したメールアドレスに対して電子メールを送信することにより、これを行います。
3 承諾することが適当でないと当社が判断したとき、利用申込を承諾しないことがあります。
4 無償お試しトライアルの期間は当社が定めるものとします。
5 無償お試しトライアルの利用は、1社様1回限りです。
6 フリープランの期間は定めがありませんが、未ログイン期間が6か月以上経過した場合は、当社の判断により事前の承諾なく、解約することが出来ます。利用者のコンテンツ及びアカウント並びにログインID・パスワードは、解約後直ぐに本サービスから削除されます。一度解約されると、当該情報を回復することはできません。
7 利用者がフリープランの解約を希望する場合は、いつでも本サービスの画面から解約することが出来ます。

第19条(契約者の地位の継承)
1 利用者は、当社の書面による承諾なく利用契約上の権利、義務、その他契約上の地位の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、または担保に提供し、その一部を処分することはできません。
2 当社は、利用者に事前に通知をすることにより、利用契約に基づく権利を当社の関連会社に譲渡し、また利用契約に基づく義務を当該関連会社に引き受けさせることができるものとし、契約者はこれに異議なく同意します。

第20条(有効期間)
1 本規約の有効期間は、本サービス利用期間とします。なお、利用契約の終了後も、第4条、第5条、第9条、第10条、第11条、第12条、第16条、第18条、第19条、第20条については、引き続き存続するものとします。

第21条(その他)
1 当規約に関する準拠法としては、全て日本法が適用されるものとします。
2 本規約に定めのない事項については、両者誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
3 利用者と当社との間における一切の訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *