Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

GinzaMetrics FAQ

Q: GinzaMetricsでモニタリングできる国はどこですか?

GinzaMetricsではグローバル65ヶ国以上のモニタリングが可能です。モニタリング対応している国の一部を挙げると、日本、中国、韓国、インド、タイ、シンガポール、ロシア、アメリカ、イギリス、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、トルコ等です。モニタリング希望の国があればhello-jp@ginzametrics.comまでお問い合わせください。

 

Q: サポートしている検索エンジンは?

GinzaMetricsでは現在、Google、Yahoo!、Bingの他、中国のBaidu 、360、Sogou、ロシアのYandex、韓国のNaver、Daumに対応しています。

 

Q: GinzaMetricsの画面において対応している言語は?

GinzaMetricseの管理画面で対応している言語は、英語、中国語、日本語、スペイン語です。対応言語の追加をご希望の際には、hello-jp@ginzametrics.comまでお問い合わせください。

 

Q: どれくらいの頻度でキーワード順位を取得していますか?

GinzaMetricsでは日次でキーワード順位を取得しています。キーワード順位の他、ソーシャルシグナル、競合サイトのモニタリングについても日次で取得しています。

 

Q: 検索エンジンのキーワード順位は正確ですか?

複数あるSEOプラットフォームの中でも、正確にキーワード順位を取得するための技術を持ち、かつ日々改良に努めています。

 

Q: 内部施策改善アドバイスのためのクロール頻度は?

OGinzaMetricsのクローラーは2週に1度、登録サイトをクロールし、内部施策改善項目を確認しています。

 

Q: API連携はできますか?

GinzaMetricsは使いやすいAPIをご用意しています。ご希望の方にはAPIキーを発行しますので、hello-jp@ginzametrics.comまでお問い合わせください。

 

Q: どのアクセス解析ツールと連携できますか?

WGinzaMetricsではGoogleアナリティクスと簡易に連携し、キーワード、コンテンツのトラフィックデータを一元表示します。サイトカタリストといった主要なアクセス解析ツールとの連携も対応しています。

 

Q: 大規模サイトを運営していますが、キーワード数上限はありますか?

基本プランにおいては1万キーワードが一番多いキーワード数となりますが、数万キーワード、数十万キーワードのモニタリングにも対応します。基本プラン以上のモニタリングご希望の際には、hello-jp@ginzametrics.comまでお問い合わせください。

 

Q: アカウントはクライアント、社外パートナーにも共有できますか?

GinzaMetricsではユーザー権限を3パターン設けています。全てのサイトの設定ができるアカウントオーナーから、特定サイトのみ設定できるサイトアドミンユーザー、指定サイトの閲覧のみできるサイトユーザとあります。用途に応じたユーザー権限で、Web制作会社や代理店がクライアント向けや、社外パートナーに対しユーザー発行できます。最新データを共に共有できることで、スピード感のあるスムーズなPDCAサイクルを支援します。

 

Q: アカウントを解約したいときはどうしたらいいですか?

GinzaMetricsのアカウントを解約したいときは、30日前までにhello-jp@ginzametrics.comまでご連絡ください。

 

Q: 設定したサイトを削除したいときはどうしたらいいですか?

Gサイト設定から何かのメニューをクリックすると、クリック後、左側に表示されるメニューの一番下に”削除”のメニューが表示されます。削除したサイトのデータは復旧できないため、間違えがないかご確認の上、操作ください。

 

Q: どうしてGinzaの名前がついているのですか?

GinzaMetricsの本社はアメリカ、サンフランシスコにありますが、プロダクト発祥の地は日本になります。マンハッタンの5番街のように銀座は著名なブランドが集まるショッピング街であり、当社のプラットフォームのクオリティを示すシンボルとして相応しいと考えました。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+