Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEO担当者の業務を包括的に支援

GinzaMetricsはSEO担当者の日々の順位チェック、SERPsモニタリング、競合調査、検索市場調査、インサイト分析、内部対策チェックなど、幅広い業務に対して活用できるオールマイティなSEOツールです。

SEOモニタリング

GinzaMetricsはインハウスSEOの最先端であるアメリカで企画・開発され、世界中のSEO担当者に活用されるSEOツールです。SEO担当者が必要なデータを全て集約します。

  • SEOモニタリング – GinzaMetricsはインハウスSEOの最先端であるアメリカで企画・開発され、世界中のSEO担当者に活用されるSEOツールです。SEO担当者が必要なデータを全て集約します。
  • 日次データ取得 – 数千、数万キーワードのSEO関連データを毎日更新。キーワード順位、ソーシャルシグナル、トラフィック数等、日々の変動をモニタリングすることができます。
  • エンタープライズスケーラビリティ – 大規模サイト・複数サイトで活用できるよう設計しています。カスタムで数十万キーワード、数百万ページのデータ取得も可能です。
  • API – API連携機能を使うことで、GinzaMetricsが毎日取得するSEO関連データと、会員データ、CRMデータなどの内部データを一元的にモニタリングすることができます。新たなインサイト発見に役立ちます。
  • インテグレーション – 検索順位、検索ボリューム、競合データ、外部リンク、ソーシャルシグナル、SearchConsole、Googleアナリティクスやその他のアクセス解析ツール等、SEO対策で必要となるあらゆるデータを集約します。
  • 進化するアルゴリズムへの適応 – 検索エンジンの進化に素早く対応します。自然検索のアルゴリズムだけでなく、PPC広告の表示変更、ローカルパック、ナレッジパネルなどのユニバーサル検索の進化、モバイル検索など、SERPsの変更にも対応しています。
marketing channel performance analytics
keyword identification and discovery

ディスカバリー

GinzaMetricsは、SEO担当者が、SEO対策を行う上で、キーワード、競合、コンテンツ、外部リンクなどの機会発見を行う上で役立つSEOツールです。

  • キーワード – モニタリングするキーワード選定に迷うこともあるでしょう。GinzaMetricsは、SearchConsole、Googleアナリティクス、キーワードプランナー、サジェストキーワード、サイトのページ情報からキーワードを提案してくれます。
  • 競合 – 新しい競合サイトの発見や、これから対策するキーワードの競合サイト/コンテンツを自動調査し一覧化してくれます。注意すべき対象サイトがあればワンクリックでモニタリング対象にできます。
  • コンテンツ – 新たなコンテンツが増え続ける中、ターゲットユーザーに対し成果が出ているコンテンツが何かを把握できるよう、検索エンジン、ソーシャル、外部リンクにおけるパフォーマンスをコンテンツごとに可視化。

SEO競合調査/分析

GinzaMetricsを使うことで、SEO担当者は、競合のSEO状況を細かく把握することができ、外部リンク、ソーシャルの施策内容も簡単に調査することができます。

  • 検索順位 – 自社と競合サイトキーワード単位、キーワードグループ単位の順位、平均順位の毎日の変動を比較することができます。
  • ファインダビリティスコア – 自社と競合サイトのファインダビリティスコアをグラフで比較できます。任意に設定したキーワードグループ、キーワード単位でも比較可能です。
  • ポテンシャルトラフィック – 検索ボリュームの大きなキーワードで競合サイトが検索上位を獲得できているかを確認できます。
  • 検索エンジン – 対象国別に上位3つの検索エンジン(PC、モバイル)の検索順位をモニタリングできます。検索エンジン毎に自社と競合サイトの順位を日次で比較できます。
  • ソーシャルシグナル – ソーシャルメディア上での毎日のソーシャルシグナル(シェア、いいね等)を自社と競合サイトで比較することができます。ソーシャル上でソーシャルアカウントやコンテンツが活性化していることは外部リンク獲得にもつながるため重要です。
  • 外部リンク – 外部リンクデータも自社と競合でドメイン単位、リンク単位で比較可能です。
optimize content versus competitors
無料トライアル

GinzaMetricsはSEOのファインダビリティ改善を支援します

タグ設置不要、セットアップはたったの10分。Webからの簡単申込。14日間無料トライアルはこちら!

findability score for content

SEOインサイト分析

SEO担当者が大量のSEO関連データからインサイトを発見できるよう、GinzaMetricsは様々なデータの切り口を提供しています。

  • 検索エンジン – GinzaMetricsはGoogle、Yahoo!、 Bing、 Baidu、 Sogou、 Yandex,、Qihoo 360とグローバルのPC、モバイル(iPhone、Android)の検索エンジンに対応しています。
  • ユニバーサル検索 – 自然検索順位のアルゴリズムだけでなく、ユニバーサル検索やリスティング広告の出現状況も把握できます。
  • ソーシャルシグナル – ソーシャルメディアと外部リンクの関係を、自社、競合サイトで比較して分析することができます。
  • カスタムダッシュボード – データを、キーワード、コンテンツ、順位、トラフィック、外部リンク、ソーシャルなど、見たい切り口でダッシュボードでいつでも見れるようにしておくことができます。

SEO内部対策チェック

SEO担当者が、サイト全体の内部対策の実施状況をひと目で把握できるようになっています。GinzaMetricsでキーワード、キーワードグループ、ページ、ページグループ単位で内部対策上の注意点を提示します。

  • 優先順位 – 内部対策チェック項目毎に重要度、難易度、リスクを明示。何から取り組むか、意思決定を支援します。
  • キーワードとコンテンツのマッチ – タイトルタグ、メタディスクリプション、h1タグ等において、キーワードが適切に配置されているかを自動確認しエラーを洗い出します。
  • ページ構造 – 適切なページ構造となっているか、URL、タグの長さ、タイトルの長さ等を自動確認します。
  • クローラビリティ – 検索エンジンがクロールしやすい状態となっているか、HTTPエラー、リンクの課題等を検出します。
search and content recommendations for marketers and agencies
Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+