Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

マーケティング担当のSEO関連業務の精度を高める

GinzaMetricsはマーケティング担当の検索市場調査、SEOの効果計測、コンテンツ改善、競合分析、業務効率化など幅広い業務に活用できるSEOツールです。

検索市場調査

GinzaMetricsで検索市場を調査することでマーケティング戦略における新たな機会を捉えることができます。

  • キーワード調査  – 自社サイト、競合サイトのデータを集め、検索市場の中でチャンスの大きいキーワード・テーマの発見を支援します。
  • 競合サイト調査 – GinzaMetricsは検索エンジン上で競合するサイトを自動で見つけ出します。また、新しくチャレンジするキーワードの強い競合サイト/コンテンツも自動集計して、自社のベンチマークとして使うことができます。もちろん、競合との勝ち負けも、キーワード別に簡単に比較することができます。
  • ソーシャルシグナル分析 – ソーシャルメディアで拡散している自社、競合のコンテンツのデータを収集します。日次でコンテンツ毎のソーシャルシグナルを収集し、いつどんな文脈で拡散したのかを分析することができます。
keyword identification and discovery
competitor tracking

SEO対策の効果計測

GinzaMetricsを使うことで、マーケティング担当は、SEOやコンテンツマーケティングの施策効果を、トラフィックやコンバージョン以外に、ソーシャル、外部リンクなどの複数の観点から検証し、施策精度を高めることができます。

  • 施策別のパフォーマンス計測 – SEOやコンテンツマーケティングの取り組み別にキーワード、コンテンツをグルーピングすることで、どの取り組みによって成果が得られたかを把握することができます。
  • 多角的な分析指標 – コンテンツをトラフィック、新規接触率、直帰率、コンバージョン、ソーシャルシグナル、外部リンクといった複数の観点で分析することで、短期的、長期的に施策の効果を計測し、サービスを成長させていく取り組みができるようになります。
  • 競合とのファインダビリティ比較 – 競合サイトの検索、ソーシャルのパフォーマンスを知ることで、自社と競合の相対的な強み、弱みを理解し、適切なSEO、コンテンツマーケティングの施策を実行することができます。

コンテンツ改善

GinzaMetricsをコンテンツ制作/改善オペレーションで活用することで、チーム全体でSEO視点で効果的なコンテンツを継続的に生み出していけるようになります。

  • SEO内部対策チェック – ターゲットキーワードとのマッチ、ページ構造、クローラビリティの観点から、SEOで注意すべき事項を自動でチェックしてくれます。コンテンツ制作フローにSEO観点を自然と取り込むことができます。
  • コンテンツ効果計測 – サイト全体のコンテンツを、ディレクトリ単位、施策単位、制作担当単位などで、グルーピングし、トラフィック、コンバージョン、ソーシャルシグナル、外部リンクなど、SEOで重要な各指標で分析することで、見えづらかったコンテンツの費用対効果が可視化されます。
  • ワークフロー&タスクマネジメント – SEOに関連するコンテンツ制作タスクをGinzaMetricsで管理できます。タスクの項目は任意で設定できます。担当者、期日の設定、進捗についてもチーム内で共有できます。
marketing campaign management
無料トライアル

GinzaMetricsはSEOのファインダビリティ向上を支援します

タグ設置不要、セットアップはたったの10分。Webからの簡単申込、14日間の無料トライアルはこちら!

optimize content versus competitors

競合分析

GinzaMetricsを活用することで、自社、競合のSEO、ソーシャル関連データを多角的に比較し、適切な打ち手を見つけることができます。

  • カテゴリ別検索順位比較 – 競合とカテゴリ別の検索順位を比較することで、自社と競合で、どの領域が強いか弱いかを相対的に把握し、注力する領域を選定することができるようになります。
  • 流入予測数比較 – キーワード別の検索ボリュームを考慮した流入予測数を競合と比較することで、検索トラフィックの違いを把握することができます。
  • ソーシャル分析 – コンテンツ別のソーシャルシグナルやソーシャルアカウントの活性化度を競合と比較することで、外部リンク獲得におけるソーシャル活用方法の改善や、ソーシャル経由での認知向上についての機会を見つけることができます。
  • 外部リンク分析 – 自社と競合の外部リンクやリンク元ドメインを比較/分析することで、自社が獲得できていないリンク元サイトへのコンテンツアプローチなどに活用する事ができます。

業務効率化

GinzaMetricsは、タスク管理、レポーティング、進捗管理、ROIの把握等のマーケティング担当の管理業務の工数を下げます。

  • レポーティング – GinzaMetricsのカスタムレポートは数十のモジュールから必要なKPIを自在に選んで作成することができます。特定の人に自動メール送信することも可能です。
  • ダッシュボード – カスタムダッシュボードを使えば、SEOに関連するデータをチームで簡単に共有することができます。
  • API連携機能 – API連携機能を使うことで、GinzaMetricsで収集したSEOに関する多様なデータをCRMデータ、会員データなどの社内データと連携して社内共有することができます。
  • ワークフロー&タスクマネジメント – タスク管理機能を使うことで、簡易にSEOに関連するタスクの担当者、期日、進捗を可視化します。施策についてのナレッジ共有や、実施した施策をダッシュボード上で確認し、施策の前後比較を共有することもできます。
  • KPIモニタリング – SEO対策を目的に作成したコンテンツは、どれだけのトラフィック、コンバージョン、売上をもたらしているのか。また、ソーシャルシグナル、外部リンク獲得を通じて、評判形成に貢献したのかを可視化/共有することができます。
SEO
Email
Paid Advertising
Blog
SlideShare
Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+