Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEO内部対策アドバイス機能

GinzaMetricsはSEOの内部対策最適化のための改善アドバイスを行えるSEOツールです。自動でキーワード、コンテンツ、ページ構造、クローラビリティの各種視点から改善ポイントを提示します。

SEOの改善項目を管理する

SEOの内部対策を実施するに当たり、改善項目の優先順位付けが必要です。GinzaMetricsはSEOの内部対策の優先順位を提示します。

  • 指標 – SEOの内部対策のアドバイスリストでは重要度、難易度、リスクの指標を表示。優先順位付けを容易にします。
  • サマリー – 1つ1つの内部対策の改善項目詳細を確認する時間がない場合にはサマリーで改善ポイントが把握できます。サマリーはダッシュボードでも表示することができます。工数をかけずに改善ポイントが認識できます。
  • カテゴリー分け – 改善ポイントを羅列するのではなく、キーワードとコンテンツ・ページ構造・クローラビリティの観点で整理しています。カテゴリー別に改善項目が確認できます。
  • タスク&ToDo – SEOの内部対策の改善項目が決まれば、SEOのタスクとToDoリストをGinzaMetrics内で簡単に管理できます。メンバーのアサインから進捗管理まで一元管理できます。
  • レポーティング  –  SEOの内部対策のアドバイス項目はGinzaMetricsのクローラーが定期的に情報更新します。改善状況について自動レポートで送信することも可能です。改善に関わるチームメンバーや上司、クライアント向けに手間をかけてレポートを作成する必要はありません。

キーワード&コンテンツ

GinzaMetricsはSEOでターゲットとするキーワードとコンテンツがマッチするよう最適化するための強力な機能を提供します。

  • キーワードディスカバリー – サイトへのトラフィックをもたらすコンテンツは何か?これまで気づいていないキーワードを発見するために、GinzaMetricsはキーワードディスカバリー機能をオプションで用意しています。
  • 競合のキーワード – 競合サイトはどんなコンテンツでどんなキーワードを狙っているのか?競合をモニタリングすることで、自社が取るべき施策が明確化します。
  • タグ – 検索エンジンがコンテンツを適切に評価できるよう、タイトルタグ、H1、H2、H3、ボディタグなどにターゲットキーワードが含まれているかを自動でチェックします。
  • メタディスクリプション – 検索エンジンの検索結果ページ(SERPs)において、メタディスクリプションで自社コンテンツの案内が適切にできていますかを確認することができます。
  • キーワード設定 – 各コンテンツが狙うキーワードは、ターゲットユーザーが求めているか、トラフィックをもたらすキーワードか、GinzaMetricsはキーワード選定も支援します。

ページ構造

GinzaMetricsは、SEOに適したページ構造になっているかを自動チェックします。

  • タグ – 全てのページのタグが適切に使われているかをチェックします。
  • URL – 覚えてもらいやすいURLを設定しましょう。GinzaMetricsはURLも自動チェックします。
  • CSSファイル – CSSファイルが適切に使われているかを自動チェックします。
  • 文字コード – 文字コードが適切に設定されているかを自動チェックします。
  • 推奨ターゲットキーワード – 各コンテンツに対して、ターゲットユーザーと相性の良い推奨ターゲットキーワードを提示します。
  • 内部リンク – サイト内リンクのデータ(リンク先、アンカーテキスト、ターゲットキーワード、follow/no follow、画像)を表示します。
  • 外部リンク – 各ページへの外部リンクデータ(被リンクのドメインオーソリティ、ページオーソリティ等)を表示します。
Search data – See detailed search data for each of your pages to understand how SEO efforts are paying off. Traffic Metrics – View valuable data for your content including: Visits, pageviews, new visitors, bounce rate, and conversions. Projected Monthly Traffic – Spend your time on pages that have a good chance of getting seen for your targeted keywords with projected monthly traffic insight. Preferred Landing Pages (PLPs) – View recommended target landing pages for your keywords and select preferred landing pages of your own that match campaign and marketing goals. You can also choose to have GinzaMerics choose preferred landing pages for you with our automated system that will keep up with content changes and adapt accordingly. Recommended Target Keywords and Target Keyword Selection – GinzaMetrics will show you recommended target keywords as well as letting you select specific target keywords as well. Indexing – View indexing data at the content level including: links to the page, anchor text, targeted keyword, follow and image data. External Links – Get link data for each page, such as page and domain authority for inbound and linking domains. – See more at: http://ginzametrics.wpengine.com/features-analytics-insights/#sthash.I8gN19YT.dpuf
Search data – See detailed search data for each of your pages to understand how SEO efforts are paying off. Traffic Metrics – View valuable data for your content including: Visits, pageviews, new visitors, bounce rate, and conversions. Projected Monthly Traffic – Spend your time on pages that have a good chance of getting seen for your targeted keywords with projected monthly traffic insight. Preferred Landing Pages (PLPs) – View recommended target landing pages for your keywords and select preferred landing pages of your own that match campaign and marketing goals. You can also choose to have GinzaMerics choose preferred landing pages for you with our automated system that will keep up with content changes and adapt accordingly. Recommended Target Keywords and Target Keyword Selection – GinzaMetrics will show you recommended target keywords as well as letting you select specific target keywords as well. Indexing – View indexing data at the content level including: links to the page, anchor text, targeted keyword, follow and image data. External Links – Get link data for each page, such as page and domain authority for inbound and linking domains. – See more at: http://ginzametrics.wpengine.com/features-analytics-insights/#sthash.I8gN19YT.dpuf
無料トライアル

GinzaMetricsはファインダビリティを改善するSEOツールです

タグ設置不要、セットアップはたったの10分。Webからの簡単申込。2週間無料トライアルはこちら!

クローラビリティ

GinzaMetricsは、検索エンジンから適切にコンテンツがクロールされる状態にあるかについて、クローラビリティ向上のためのアドバイスを行います。HTTPエラー、URL、リンク構造から、検索エンジンがクロールしやすいサイトであるかを可視化します。クローラビリティのアドバイス項目についても重要度、難易度、リスクから優先順位付けができます。内部対策の改善アドバイスから対応する項目を決めたらSEOのタスク・ToDoをGinzaMetrics内で設定しましょう。

改善アドバイスリストから対応する項目を決めたらタスク・ToDoをGinzaMetrics内で設定しましょう。タスクの担当者、進捗も簡単登録。ワークフローメニューではタスク管理以外に、レポートやアノテーションも設定できます。

ソーシャルメディアシグナル

コンテンツのファインダビリティを上げるため、ソーシャルメディアチャネルの果たす役割が大きくなりつつあります。競合のソーシャルオーディエンスの動向をみつつ、ターゲットユーザーとのコミュニケーションを活発化しましょう。

  • 競合ランドスケープ – 競合がソーシャルメディアにおいてどのようなパフォーマンスを果たしているのか、ソーシャルメディアのどのチャネルにおいてプレゼンスが高いのか、GinzaMetricsでは簡易に確認できます。
  • トラフィックシグナル – コンテンツ毎にどれだけソーシャルメディア経由でトラフィック、コンバージョン、売上をもたらしているのか一覧で表示。ソーシャルとの相性の良いコンテンツが何か気づくことでしょう。
  • グループ単位での絞り込み – 1つ1つのコンテンツでは傾向を掴みにくいときに、キャンペーン単位、任意のグループ単位で確認することもできます。

競合

競合に打ち勝つために、ターゲットユーザーからより多くの支持を得るために、GinzaMetricsの競合分析とアドバイス機能が支援します。

  • 競合ディスカバリー – 設定したターゲットキーワードとコンテンツから、自社と同じ領域でコンテンツを持つ競合サイトを提示。これまで気づいていなかった新たな競合を発見したら、クリック1つでモニタリング対象へ設定できます。 
  • ソーシャルランドスケープ – 競合のソーシャルメディアにおけるプレゼンスを一覧表で簡単把握。競合がどこに力を入れているかがわかれば、自社の戦略も変わってくることでしょう。
  • 競合トレンド – もし競合の多くが同じトピックでコンテンツ展開を進める際には、そのトレンドを認識することが重要です。GinzaMetricsは競合の動きも自動で監視、変化の兆候があればアラートします。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+