3月17日(月)にSEO評価指標についてディスカッションするGinzametricsワークショップを開催しました

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Googleのセキュアサーチによる”not provided”により、キーワード毎の流入数/コンバージョンが取得できなくなりつつあり、SEOの評価指標をどうしていくか悩んでいるというお声をよくお聞きします。

業界の変化に対し、評価指標をどのようにシフトしていくかについて、Ginzametricsご利用企業様でディスカッションできる場を持ちたいと思い、40名程のSEO担当者の皆様にご参加いただき、ワークショップを開催いたしました。

開催場所はクックパッド社のミーティングスペースをご用意いただきました。

SEOワークショップのテーマ

USでは検索エンジンとしてgoogle利用の比重が高く、かつ、日本よりも早く”not provided”が進んだため、SEOの評価指標をどうするかという議論が先に起こりました。

その中で、データが取得できなくなる「キーワードベースでの視点」にのみ固執するのではなく、新たな視点として、「コンテンツベースでの視点」へのシフトが発生しています。

その流れを受けて、ドクターシーラボ社にECサイトとオウンドメディアの実データをご提供いただき、『キーワードベースでの評価指標』『コンテンツベースでの評価指標』の2観点について、6チームに分かれてディスカッション/発表を行いました。

テーマ1:伸びしろがあると思われるキーワードを選ぼう

テーマ1ではECサイトのデータをテーマとして、何を評価指標として、まだ伸びると思われるキーワードを選ぶかが、チーム毎に分かれました。

【発表内容(一部抜粋)】

-“not provided”の影響を考慮し、Yahoo!のデータを元に、データを検証していく

-売上が高く、コンバージョンレートも高いけれど、順位が1ページ目にないキーワードを選ぶ

-検索ボリュームが大きいビックワードで、コンバージョンレートが高いけれど、50位圏外のキーワードを選ぶ

-インプレッションが大きいのに、CTRが低いキーワードを選ぶ

-インプレッションが大きく、売上貢献度も高いが、順位が4位以下のキーワードを選ぶ(1-3位と4位以下でCTRが変わるため)

-売上、インプレッション、コンバージョンレートが高いのに、順位が2ページ目等、上がりきっていないキーワードを選ぶ

キーワードを選んだ後の対応として、下記のような意見が出ました。

-リスティングで出稿してトラフィックを確かめる

-競合サイトのドメインオーソリティが低いキーワードは、適切なコンテンツを用意すれば戦い易い

テーマ2:コンテンツSEOと言われる中、貢献度が高いと思われるコンテンツを選ぼう

テーマ2では、ドクターシーラボ社のオウンドメディアのデータをテーマとして、何を評価指標として貢献度の高いコンテンツかを判断するか、チーム毎にディスカッション/発表をしました。

【発表内容(一部抜粋)】

-定常的に流入を稼ぐコンテンツと、メディア露出等によって急激に流入を稼ぐ可能性のあるコンテンツの両面から評価する

-インプレッションが低くでもコンバージョンへの貢献の高いコンテンツ

-ページビューが多く、コンバージョンへつなげられるコンテンツ

-リピーターよりも新規顧客を呼び寄せるコンテンツ

-ソーシャルメディアでの反応が良いコンテンツをシリーズ化して複数持つ

-サイト内での回遊をもたらすコンテンツ

参加者からのコメント

「普段話すことのない異業種のSEO担当者の話が刺激になった。」

「業種によって、管理するキーワードボリュームやパフォーマンスも大きく違うことを知った。自社のSEO指標と異なる視点が面白かった。」

「”not provided”でキーワードレベルの流入数/コンバージョンデータが取得できなくなり、悩んでいたが、他社のSEO担当者とのコミュニケーションで、データがないものはないと受け入れて対応していることを、知ることが出来た。」

「他社のSEO担当者とのディスカッションにより、SEOの世界の奥深さを知った。」

「”not provided”となっても、SEOはなくならないし、前に進んでいると思った。」

「いかに自社の収益目標につなげるコンテンツを作るのか、議論を深めたい。」

皆様からのご意見を反映しながら、今後もSEOワークショップを定期的に開催し、SEO担当者が情報交換出来る場を設けていきたいと思います!

Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ご興味ありましたら、トライアルページよりお申込/ご利用くださいませ。

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEOプロセスガイド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: セミナー・イベント.