Google、数週間のうちにMFI対象サイトを拡張すると発言、他3選:Ginza SEOウィークリートレンド 2018/02/23

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+


大規模向けコンテンツマーケティング&SEOツールを提供するGinzaMetricsが、日本と、海外とくにUSを中心として、コンテンツマーケティングやSEO情報、関係するプラットフォームのアップデート情報を毎週ご紹介するコーナー「Ginzaウィークリートレンド」。
今週は、PubConイベント実施のためGoogleからの重要情報が多くなっています。Googleから3選、Bingから1選です。

  1. Google、数週間のうちにMFI対象サイトを拡張すると発言
  2. Google、モバイルページでコンテンツの配置場所がランキングに影響すると発言
  3. Google、2/20あたりで小規模なアルゴリズムアップデートか?
  4. Bing、サイト内の人気ページを表示するカルーセルを公開

1.Google、数週間のうちにMFI対象サイトを拡張すると発言

公開日
Feb 22, 2018 • 8:23 am

発信元
The SEM Post:Google Mobile First Index Expanding Within Next Several Weeks

local_search_update

概要

Googleは、この数週間のうちに、モバイル ファースト インデックスを実施するサイトを増やすと発表しました。
PubConイベントで、GoogleのGary Illyes氏が発言したとのことです。

Googleは、2017年10月にMFIのテストを限定的に開始と発言していましたが、その範囲を拡張する形になります。

12月のGoogleウェブマスター向けブログでは、「モバイル ファースト インデックスに対応しているかどうかをサイトごとに評価し、準備が整ったサイトから移行していく予定」と説明していましたが、今回の対象範囲が準備のできたサイトかどうかは不明です。

12月のGoogleウェブマスター向けブログでは、MFIを準備するにあたってのヒントも書かれています。読んだことがない方は、一度ご確認ください。

主に、PC版とモバイル版でサイトを分けている場合のヒントになっています。レスポンシブサイトは、PC版とモバイル版との表示の差異や、そもそもサイトで構造化しているか等を確認いただくとよいかと思います。

  • モバイルサイトにも、PC同等の高品質コンテンツを表示する(クロール可能な形式で)
  • モバイルサイトも構造化する
  • メタデータはモバイルサイトにも必要
  • PCサイトとモバイルサイトで、対応するページをcanonical, alternate要素で繋ぐ(詳細)
  • モバイルサイトのhreflangを確認する(詳細)
  • モバイルサイトのクロール耐久レベルを確認する

PubCon現地からのツイートも。レスポンシブなら問題ないようですね。

また、2つめのトピックにある「重要なコンテンツが上部にあるか」も追加して良さそうです。

2.Google、モバイルページでコンテンツの配置場所がランキングに影響すると発言

公開日
Feb 22, 2018 • 8:03 am

発信元
SearchEngine Roundtable:Google: Content Order, Position & Placement Matters

local_search_update

概要

Googleは、コンテンツの配置箇所によって順位に影響が出ると発表しました。

PubConイベントで、GoogleのGary Illyes氏が発言したとのことです。
そのページで一番重要な情報は、上部にあるほうがユーザに便利であるという思想ですね。

1つめのトピック、MFIの準備にむけてのチェックリストに追加したほうがよさそうですね。
モバイルページで、テンプレートや定型文でメインコンテンツが下に表示されていないか、確認いただくとよいかと思います。

3.Google、2/20あたりで小規模なアルゴリズムアップデートか?

公開日
Feb 22, 2018 • 8:45 am

発信元
SearchEngine Roundtable:Google Algorithm Update Chatter & Signals February 20th

local_search_update

概要

Googleが、2/20あたりでアルゴリズムアップデートを行ったようです。
Search Engine Roundtableが報じています。

記事中では、パンダやペンギン、FredMaccabeesよりも小規模なアップデートだと説明しており、各種インデックスを見てもMaccabeesよりは数値は低いです。
とはいえ指数は高めですので、自社の状況も計測ツール等で確認されてみてください。

local_search_update
AccuRankerのチャート

local_search_update
RankRangerのチャート

local_search_update
SEM Rushのチャート

local_search_update
Advanced Web Rankingsのチャート

local_search_update
Algorooのチャート

local_search_update
MozCastのチャート

4.Bing、サイト内の人気ページを表示するカルーセルを公開

公開日
FEBRUARY 20, 2018 AT 4:29 AM PST

発信元
The SEM Post:Bing Adds Trending Carousel Search Feature for Some Websites

local_search_update

概要

Bingは、検索結果ページのサイト配下に「Trending on (サイト名)」という名称の記事一覧カルーセルを表示開始しました。
The SEM Postに記事が出ています。

Bing SERP

日本版で検索してみた限りは、まだ出てこないようです。地域を米国ー英語に設定すると出ました。
クリックするとSEORush内の記事に遷移します。

今後、日本語版にも反映される可能性はおおいにありますね。
現在は記事コンテンツのみ表示されているようですが、OGPの設定は突然こういう所にも効いてくるので、きちんと管理していきたいものです。

Pick UP:今週のテーマと合わせて読みたいGinzaブログ

Ginzaウィークリートレンド バックナンバー

Ginzaウィークリートレンドの過去記事一覧はこちら

Coming Soon Calendar

SEO担当が覚えておいたほうが良い、直近の予定を記載していきます。

2018.7月
Google Chrome、セキュアでない全ページで”保護されていない通信”を表示開始
2018.7月
ページスピードをモバイル検索ランキングに加味する

Ginzaウィークリートレンドは、毎週金曜日の正午更新。
公開したらFacebookおよびTwitterで発表しています、気になる方はぜひフォローください。





SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル


Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEOニュース.