Google、“Google for Jobs”を数週間以内にリリースと発表/インスタグラム ストーリーズにフェイスフィルターやハッシュタグスタンプといった新たなツールを追加、他4選:Ginza SEOウィークリートレンド 2017/05/26

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+


大規模サイト向けコンテンツマーケティング&SEOツールを提供するGinzaMetricsが、日本と海外、とくにUSを中心として、コンテンツマーケティングやSEO情報、関係するプラットフォームのアップデート情報を毎週ご紹介するコーナー「Ginzaウィークリートレンド」。今週はGoogleから5選、インスタグラムから1選です。

  1. Google、“Google for Jobs”を数週間以内にリリースと発表
  2. インスタグラム ストーリーズにフェイスフィルターやハッシュタグスタンプといった新たなツールを追加
  3. Google、JavaScriptと検索に関する新たなワーキンググループを公開
  4. Google、5月17日あたりから検索順位変動の模様
  5. 米Google、アンサーボックスに表示されるURLの閲覧履歴を表示か
  6. 米Google、モバイルでのホテル検索結果に価格トレンドを示すグラフをリリースか

1.Google、“Google for Jobs”を数週間以内にリリースと発表

公開日
May 17, 2017 at 3:13 pm

発信元
Search Engine Land

local_search_update

概要

Googleはマウンテンビューで開催されたGoogle I/O 2017で、”Google for Jobs”と呼ぶ機能を数週間以内にリリースすると発表しました。

local_search_update
Googleによるtwitter投稿

Google for jobsとは、検索結果にジョブボックスとして求人情報を掲載するもので、4月末にテストの表示が確認されていました。今回、Googleから発表されたUIはテストの際と同じようです。
参照:米Google、検索結果に求人情報を掲載するジョブボックス表示をテスト中:Ginza SEOウィークリートレンド 2017/05/12

Google I/O 2017で、”Google for Jobs”に掲載されるための方法は、これからアナウンスするとしていますので、今後アップデート情報があればご案内したいと思います。

2.インスタグラム ストーリーズにフェイスフィルターやハッシュタグスタンプといった新たなツールを追加

公開日
May 17, 2017

発信元
Facebookニュースルーム

local_search_update

概要

インスタグラムは、インスタグラムストーリーズにフェイスフィルター、巻き戻し撮影モード、お絵かきツール、ハッシュタグスタンプ、消しゴムの4つのツールを追加したことを発表しました。数週間以内に世界中で利用可能になるとのことです。

  • フェイスフィルター
  • セルフィー(自撮り)写真や動画を加工できるフェイスフィルターを追加しました。ストーリーズ専用カメラから、新しく追加された右下の顔マークのアイコンをタップするだけで、頭のまわりをグルグル回る数字のイラストや、ぴょこぴょこ動くコアラの耳をといった8種類のデザインが表示されます。本機能は「ブーメラン」などの撮影モードでも利用可能です。
    local_search_update
    フェイスフィルターのイメージ

  • 巻き戻し
  • 「ブーメラン」、「ハンズフリー撮影」に続く新しい撮影モードとして「巻き戻し」機能を追加しました、撮影した動画の逆再生が可能となります。
    local_search_update
    巻き戻しのイメージ

  • ハッシュタグスタンプ
  • ハッシュタグスタンプを使用すると、ストーリーズ投稿にもハッシュタグを追加できます。写真や動画を撮影した後、画面右上のスタンプアイコンからハッシュタグスタンプを利用できます。また、通常のテキストツールを使ってハッシュタグを追加することも可能です。

  • 消しゴム
  • お絵かきツールに新しく消しゴムを追加しました。お絵かきしたものを消したり、上に重ねた色を消して写真を一部だけ見せるなど、ストーリーズ投稿を加工することができます。
    local_search_update
    消しゴムのイメージ

インスタグラムは、ストーリーズがアクティブユーザー増を牽引しているとのことで、積極的に機能追加を続けています。
企業アカウントでインスタグラムストーリーズを活用している方は、チュートリアル動画を確認してはいかがでしょうか。

3.Google、JavaScriptと検索に関する新たなワーキンググループを公開

公開日
May 18, 2017 8:03 am

発信元
Search Engine Roundtable

local_search_update

概要

GoogleのJohn Mueller氏はGoogle+で、JavaScriptと検索に関する新たなワーキンググループを公開したことを告知しました。このワーキンググループは、JavaScriptで作られたサイトが検索されやすいサイトとなるために、オープンにディスカッションできるグループにすることを目的としているとのことです。

local_search_update
John Mueller氏によるGoogle+の告知
https://plus.google.com/+JohnMueller/posts/geYZ1TWscsS

ワーキンググループにはこちらから参加できます。
https://groups.google.com/forum/#!forum/js-sites-wg

JavaScriptをテーマにしているためエンジニアの参加者が多いかと思います。社内で参加してほしい人がいれば、共有してみてはいかがでしょうか。

4.Google、5月17日あたりから検索順位変動の模様

公開日
May 19, 2017 7:52 am

発信元
Search Engine Roundtable

local_search_update

概要

Search Engine Roundtableの記事によると、5月17日あたりから検索順位の変動があったようです。
記事内では、Mozcast、SER Metrics、Algoroo、Advanced Web Rankings、Accuranker、Rank Ranger、SEM Rushによる順位変動を示すチャートを紹介しています。

local_search_update
Mozcastによるチャート

local_search_update
SER Metricsによるチャート

local_search_update
Algorooによるチャート

local_search_update
Advanced Web Rankingsによるチャート

local_search_update
Accurankerによるチャート

local_search_update
Rank Rangerによるチャート

local_search_update
SEM Rushによるチャート

Search Engine Roundtableの5月23日の記事によると、まだ順位変動が続いているようです。
参照:Google Search Ranking & Algorithm Shifts Still Underway

5月17日以前では、4月24日か25日あたりにアルゴリズム更新の可能性がレポートされていました。トラフィックや順位に変動があって気になる方は、自社サイトや他社サイトの順位変動の傾向を調べてみると良いかと思います。
参照:Google、4月24日か25日にアルゴリズムアップデートの可能性:Ginza SEOウィークリートレンド 2017/05/12

5.米Google、アンサーボックスに表示されるURLの閲覧履歴を表示か

公開日
May 17 2017 6:28 AM

発信元
The SEM Post

local_search_update

概要

米GoogleはアンサーボックスにURLを表示する際に、該当ページを閲覧したことがある場合、「You visited this page」という表現で、閲覧履歴を表示しているようです。
Googleのアカウントにログインした状態で検索している際の履歴を元にしている模様です。

local_search_update
アンサーボックスへページの閲覧履歴を表示

アンサーボックスのURLに限定されているようですが、検索結果において、該当ページを閲覧したことがあると分かれば、CTRにも影響が出そうです。
アンサーボックスへウィキペディア以外のサイトのURLも表示されることが増えてきています。GinzaMetricsでは、アンサーボックスへ表示されるURLを分析いただけます。
参照:SEOでのユニバーサル検索への対応方法〜GoogleのSERPs仕様変更に振り回されないために〜

6.米Google、モバイルでのホテル検索結果に価格トレンドを示すグラフをリリースか

公開日
May 19 2017 7:21 am

発信元
Search Engine Roundtable

local_search_update

概要

米Googleは、モバイルでホテル検索した際、ローカルパネルに価格トレンドを示すグラフを追加したようです。
今年のはじめから、グラフのテスト表示が確認されていましたが、先週、リリースされた模様です。

local_search_update
価格トレンドを示すグラフを追加

参照:Google Hotel Search Results With Pricing Trends & Top Rated Data

ホテルを検索する際は、複数サービスから最安値を探して予約するというユーザーが多いと思いますが。ホテル検索した際のSERP上部に表示されるナレッジパネルに価格トレンドが表示されることで、その後のユーザーの検索行動にも影響があるかもしれません。

最近のホテル関連のSERPの変化を合わせてご紹介します。
参照:
米Google、旅行者タイプ別のホテルレビューをテスト中:Ginza SEOウィークリートレンド 2017/05/12
米Google、ホテルのリッチカードをローンチか:Ginza SEOウィークリートレンド 2017/02/17

Pick UP:今週のテーマと合わせて読みたいGinzaブログ

Ginzaウィークリートレンド バックナンバー

Ginzaウィークリートレンドの過去記事一覧はこちら

Ginzaウィークリートレンドは、毎週金曜日の正午更新。
公開したらFacebookおよびTwitterで発表しています、気になる方はぜひフォローください。





SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEOニュース.