SEOツールで検索順位を毎日チェックするべきキーワード

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

GinzaMetricsのお客様から「SEOツールでは、どのぐらいの頻度で検索順位や順位変動をモニタリングをすれば良いですか」とよく聞かれます。大規模サイトの場合、SEOツールで数千ワードはモニタリングしますが、順位チェックする際には、その全てをチェックしなければ、SEOツールを使いこなせないと思われていることがあるようです。

いくらSEOツールを使っても、数千ものキーワードの1個ずつを全部チェックするのは至難の業です。だからといって、大規模サイトにも関わらず数百ワードだけしかSEOツールに登録しなければ、課題やチャンスを見逃します。SEOツールの真価は、サイト構造やSEO戦略に合ったキーワードを幅広く登録しておくことで、アクションにつながる重要なインサイトが可視化されることにあります。そのため、大規模サイトでは、遠慮せずに、カテゴリ構造などに合わせて、網羅的にキーワードを登録しておきます。

このことを前提とした上で、当社のSEOツールGinzaMetricsをご利用の方が、検索順位や順位変動を毎日チェックしているキーワードの特徴を紹介します。

カテゴリ別の平均順位の変動

ウェブサイト全体のSEO診断的な意味で、カテゴリ別の検索順位を把握することは重要です。GinzaMetricsのようなSEOツールを使う場合、導入当初に、サイト全体の中で、どのカテゴリが強いか弱いかを把握できるよう、自社サイトのカテゴリ構造に合わせてダッシュボードを設計します。そのダッシュボードを見れば、カテゴリ別の検索順位や順位変動が把握できるようになります。

カテゴリ別の順位は、1キーワードずつ見るのではなく、カテゴリ別に分けたキーワードグループで大きく把握しますので、時間を掛けずに全体の順位変動が把握できます。当社のSEOツールGinzaMetricsの場合は、自動でメールでダッシュボードやレポートを飛ばす機能があり、検索順位をチェックするのにも手間がかからないため、カテゴリ別の順位変動は、SEOが重要な事業の場合は、毎日見た方が良いと思います。

キーワードグループ別の検索順位変動
全体的な検索順位変動が俯瞰できるダッシュボード

※GinzaMetricsを導入頂く際に、キーワード選定の次に当社で支援するのは、ダッシュボードの設計です。ダッシュボードが、対象サイトのカテゴリ構造に合わせて設計されていれば、非常にモニタリングが楽になりますので、ぜひ活用してください。

ビッグワードや重要度の高いキーワードの順位変動

ビッグワードの順位変動は、自社の検索トラフィックに大きな影響を与えます。大きく下落すると、ビジネスに大きな損失を与える可能性もある大事なキーワードです。また、流入やコンバージョンに大きく貢献しているキーワードも、落ちるとビジネスに大きな損害が発生します。こういった順位が落ちると困る大事なキーワードは、少なくとも、下落したキーワードだけは、毎日把握できるようにしておきましょう。SEOツールのダッシュボードやレポートで下落の大きいキーワード順に表示されるようにしておくと良いでしょう。

検索順位下落図
重要なキーワードの順位下落を確認

ビッグワードの定義は、会社によりますが、大規模サイトの場合、ビッグワードの数は、SEOツールでモニタリングするキーワード数全体(平均的に数千キーワード)の10%以下になることが多いようです。そのうち、大きく下落したものだけに限れば、仮に毎日モニタリングしても、それほど負担ではないと思います。また、本当に問題が起きた時には素早く手を打つこともでき、費用対効果の高いモニタリング方法です。

GinzaMetricsの場合は、上昇したキーワード、下降したキーワードだけをダッシュボードで確認できるようにすることができます。また、自動メールレポート機能で、毎日メールで順位変動を送ることもできます。こういった機能を活用し、ビッグワードなどの重要なキーワードの順位変動も、毎日見れるようにしておきましょう。

SEO対策中のキーワードの順位変動

何かSEO対策を行っている場合、施策対象のキーワードも、こまめにチェックした方が良いでしょう。例えば、特定のキーワードを狙って記事コンテンツを作成する場合や、サイト構造やテンプレートを修正する場合は、施策を行ってすぐに対象のキーワード単体やキーワードグループの検索順位が、良い方向に動いているかをチェックしましょう。

「SEOは結果が出るまで時間がかかる」とよく聞きますが、今はGoogleのインデックス化するスピードが早く、きちんとニーズを捉えて記事コンテンツを作成すれば、スモールワードであれば、何か特殊な事情がない限りは、1週間以内にはランクインしてきます。逆に1〜2週間経っても、全くランクインしない場合は、コンテンツがニーズに合っていない、インデックスされていないなど、何か問題があると思った方が良いと思います。問題に早めに気づく意味でも、直近作成した記事コンテンツ用のスモールワードは、モニタリング対象にし、全く順位があがらない場合は、対処した方が良いでしょう。

検索順位変動チャート
キーワードグループの順位が上がっていくのをチャートで確認

また、サイトの内部リンクやカテゴリの構造を変更するような場合も、1〜2週間以内には平均順位やランクインするページに変動が起きることが多いです。サイト構造やリンク構造に変更を加える場合は、順位だけでなく、ランクインしているページも確認してください。サイト構造を変更する場合は、順位と同じぐらい、狙っているページでランクインできているかが大事です。当社のSEOツールGinzaMetricsにもPLPのチェック機能があり、キーワードが大量にあっても、一瞬で狙ったページで着地できているかを確認できます。ぜひ活用してください。

PLPレポート画面
PLPのチェック機能で順位だけでなくランクインしているページも確認

まとめ

SEOツールで検索順位や順位変動を毎日チェックした方が良いキーワードについて紹介しました。まとめると下記になります。

  • SEOツールはサイト構造に合ったキーワードデータを収集し、アクションにつながるインサイトを示すことが役割のため、数千ワードであったとしても遠慮せずにカテゴリ構造に合わせてまんべんなくキーワードを登録する。
  • 全体的な順位変動は、カテゴリ別の順位変動が把握できるダッシュボードや自動メール送信機能を使って毎日チェックするようにする。
  • ビッグワードや重要度の高いキーワードは順位変動の大きいものだけは、毎日チェックするようにする。
  • 施策中のキーワード/キーワードグループは、順位変動をこまめにチェックしつつ、ランクインしているページの変動もPLPレポートでチェックする。

SEOツールで検索順位のチェックをする際の参考にしていただけると幸いです。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.