最上位にランクインするページの履歴を調べてSEO対策に活かす〜LPヒストリー活用法〜

検索結果(SERPs)にランクインするページが分析できるLPヒストリーという機能を使って、SEO対策においてLPを分析する方法を紹介します。SEO対策において、順位だけでなく、ランクインしているページを分析することで得られる気付きは非常に多いです。ランクインするページによってCTRやCVRはもちろん、順位も変動します。LPヒストリーを使って効率的にランクインしているページの分析をする方法を紹介します。
Read More

【プレスリリース】大規模サイト向けSEOツールGinzaMetrics、キーワード毎の順位とランディングページ履歴との関係が分析できる「LP History」機能をリリース

大規模サイト向けSEOツールGinzaMetricsは、2月1日、キーワード毎の順位とランディングページ履歴との関係が分析できる「LP History」機能をリリースいたしました。これにより、キーワード毎に、どのページがランクインした時に順位が上がりやすいかなど、順位とランディングページの関係が分析しやすくなります。
Read More

SERPs(検索結果)の特徴をつかんでSEOに活用〜SERPs Feature Trendチャートの活用法〜

SERPs(検索結果)の特徴を知ることはSEO対策の優先度をつける時に有効です。Ginzametricsでは、SERPs Feature Trendチャートをリリースしました。SERPs(検索結果)上で、キーワードグループ、検索エンジンごとに、自然検索、ユニバーサル検索、広告の出現数を簡単に把握できます。SERPs Feature Trendチャートを使ってSERPsの特徴の把握し、SEOに活用する方法を紹介したいと思います。
Read More

【プレスリリース】大規模サイト向けSEOツールGinzaMetrics、検索結果(SERPs)上のユニバーサル検索枠のトレンドを可視化する「SERP Feature Trendチャート」をリリース

大規模サイト向けSEOツールGinzaMetricsは、1月19日、検索面のユニバーサル検索枠のトレンドを可視化する「SERP Feature Trendチャート」をリリースいたしました。これにより、画像、地図、ニュース等のユニバーサル検索の表示状況の変化を視覚的に把握できるようになります。
Read More

SEO対策に活かすための競合調査

SEOで成果を出すには、競合より優れたサイトやコンテンツを継続的に運用する必要があります。しかし、一概に競合といっても、SEOの場合、事業上の競合、検索エンジン上の競合、リンク獲得上の競合とで、競合把握の仕方と、SEO対策への活かし方が異なります。今回は、SEOツールを使って、どうやって競合調査を行い、施策に落としこむのかを紹介します。
Read More

モバイルフレンドリーテストをモバイルSEOの運用に組み込む方法

モバイルフレンドリーアップデートが行われ、また、モバイルフレンドリーであるかどうかを検索順位により強く反映するという意向がGoogleから公式に出ています。今回の記事では、モバイルフレンドリーへの対応をGinzaMetricsやGoogleの公式ツールを使った効率的に行う方法を紹介します。
Read More

オリジナルコンテンツを活用してSEOで成果を獲得している企業の3つの特徴

SEOでは昔からオリジナルコンテンツが必要だと言われます。多くのサイトでコンテンツが充実してくるようになり、最近は、コンテンツを作っても、すぐに他社サイトで似たようなコンテンツが作られるため、コンテンツの独自性を維持するのが難しくなってきています。今回は、コンテンツに独自性を持たせ、成果を獲得するためのポイントを紹介したいと思います。
Read More

SEOでのユニバーサル検索への対応方法〜GoogleのSERPs仕様変更に振り回されないために〜

SEOでのユニバーサル検索への対処法についての解説です。Googleは検索アルゴリズムの改善に力を入れているのはご存知のとおりですが、SERPs(検索結果画面)の表示要素の改善にも力を入れています。代表的なものがユニバーサル検索と言われるものです。ユニバーサル検索が表示されることで、ウェブページのCTRが低下することがあります。今回の記事では、ユニバーサル検索がSEOに与える影響と、GinzaMetricsを使った対処方法をまとめました。
Read More

SEOの競合分析機能(コンペティターディスカバリー)の意外に有効な使い方

当社のSEOツールGinzaMetricsには、コンペティターディスカバリーという競合分析機能があります。コンペティターディスカバリーは、検索エンジン上の競合を発見する機能以外に、キーワードの難易度を調べる、提携先(アライアンス先)を調査するような使い方も可能です。今回は、コンペティターディスカバリーの有効な使い方を3つ紹介します。
Read More

GinzaMetricsでよく使うSEOダッシュボード(順位モニタリング編)

SEO用のダッシュボードの活用法紹介です。多くのGinzaMetricsご利用企業様は、用途に合わせたダッシュボードを設定し活用されています。その中でも、必ずと言って良いほど使われるのが、キーワードグループごと順位分布、平均順位、PotentialTraffic、キーワード一覧のチャートです。これらのチャートや表の見方にはコツがありますので、今回は、各チャートの見方のコツを紹介します。
Read More

【プレスリリース】大規模サイト向けSEOツールGinzaMetrics、オーガニック検索結果の表示状況をモニタリングする「ユニバーサルサーチ機能」をバージョンアップ、Yahoo!・スマホに対応

大規模サイト向けSEOツールGinzaMetricsは、8月17日、オーガニック検索結果の表示状況をモニタリングする「ユニバーサルサーチ機能」をバージョンアップいたしました。これにより、GoogleだけでなくYahoo!のオーガニック検索結果の表示状況も把握できるようになり、かつ、スマートフォンの表示状況もモニタリングできるようになります。
Read More

SEOツールの無料トライアルは運用イメージを作ることがゴール

SEOツールの無料トライアルの上手な活用方法を紹介します。日々、多くの無料トライアルのお申し込みを頂く中で、うまくトライアル期間を使っていただけていないことがあるなと反省しています。今回の記事では、トライアルをうまく活用するためのポイントとして、サイト規模と合っているか、自社のフェーズと合っているか/どこまで目指すか、運用が回るかの観点から紹介します。
Read More

【プレスリリース】大規模サイト向けSEOツールGinzaMetrics、内部施策改善のためのアドバイス機能をバージョンアップ

大規模サイト向けSEOツールGinzaMetricsは、8月8日、内部施策改善のためのアドバイス機能をバージョンアップしました。これにより、ディレクトリ/カテゴリー/施策毎等、各社のSEO内部施策の課題に効率的に対処できるようになります。
Read More

GinzaMetricsで実践する5段階の成長フェーズに沿ったSEOモニタリング〜SEO実践ガイド(資料)〜

GinzaMetricsは、SEOをウェブ上での評判を高めていく施策と捉えています。内部対策として、コンテンツ作成し、サイト構造、内部リンク、ページ構造、タグを使いコンテンツを整理し、結果として、検索エンジンやソーシャルメディアのユーザーから評価を得て外部リンクにつながり、検索順位や検索トラフィックにつながります。その一連の作業を、サイトやSEOの成熟度に合わせて強弱を付けて行っていくのがSEO対策の実際だと思います。GinzaMetricsも、SEOの成熟度により活用される機能や活用方法が異なります。今回のSEO実践ガイドは、SEOの成熟度を下記の5フェーズに分けて、各フェーズでどう活用されているのかについてまとめた資料です。自社サイトのSEOの成熟度に合わせてご覧いただけたらと思います。
Read More

SEO内部対策チェックツールのうまい使い方

当社のSEOツールGinzaMetricsにはSEOの内部対策チェック機能があります。ページとキーワードのマッチ、ページ構造、クローラビリティの観点で、各ページを自動チェックしてくれる便利な機能です。SEOの内部対策チェックツールは便利なのですが、使う前の設定が大事な点などが、あまり伝えられていように思いましたので、今回の記事では、SEOの内部対策チェックツールの使い方についてまとめます。
Read More