Ginzametrics 2011年12月サマリー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

これまで、機能リリースやブログ更新などは、Twitter、Facebook、メールなどによりバラバラと情報発信してきました。そのため、当社やGinzametricsがどういった状況でどういう進捗があるか、まとまった形でお知らせすることができていませんでした。
そこで、随時の情報発信はこれまで通り行いつつ、主要な機能リリースや実施したことなどを毎月のサマリーとして当ブログにまとめていこうと思います。

■新機能リリースやサービス関連

12月の大きな新機能リリースは、売上分析機能です。(プレスリリース
今回の売上分析機能の追加により、ECサイトにおける自然検索経由のコンバージョン数だけでなく、売上金額でのSEO効果分析ができるようになりました。ちなみに、もちろんGinzametrics専用タグのようなもののページへの設置は不要です。

Ginzametrics管理画面ロゴとPDFエクスポートを任意のロゴに差し替え可能になりました。これは主にアメリカの代理店様や制作会社様からのご要望が多かった機能で、お客様固有のロゴ入りのレポーティングができるようになりました。

また、キーワードの効果管理画面の一覧表示キーワード数を変更しました。以前は1画面に25キーワード表示でしたが、これを最大250キーワードまで表示できるようにしました。

取得順位を50位までにする変更を行いました(以前は100位まで取得)。当社ではパフォーマンスを最重要事項の一つと考えており、将来パフォーマンスの劣化を引き起こしかねない要因を現段階で潰す形の対応をとりました。この対応は既存のお客様からすると機能ダウングレードに見えかねませんが、事前に個々のお客様に相談させて頂き「50位でも実務上問題ない」と回答を頂いた後、今回の判断/対応を実施しました。どうもありがとうございました。

この他にも、YahooSERPの微変更に対する対応、海外サイトの判別精度を高めるための微改修などを行いました。

また機能面ではありませんが、12月もパフォーマンス改善の対応を行いました。

1月も、また業務の役に立つ新機能を予定しています。是非楽しみにしてください!

■その他

機能面以外では、楽天市場様のGinzametrics導入リリースをアメリカでも出させて頂きました。ウォールストリートジャーナルのMarketWatchなどでも取り上げて頂きました。個人的感想ではありますが、海の向こうのメディアに色々出ているのを見て、なんとなく感慨深いものがありました。

日経コンピュータさんの12月22日号の特集「ITで世界を目指す7人の挑戦者」で、当社CEOレイを取り上げて頂きました。今日本で最も旬なビジネスマンの一人であるリブセンスの村上さん(最年少上場社長さん)や、「みん就」開設者としても知られるユーザーローカルの伊藤さんらとともに、取り上げて頂きました。

30日無償トライアルを利用開始したある企業担当者様から嬉しい言葉を頂きました。「1日経過して自社と競合の情報がアップデートされていることに感動しました。今までここまで比較できるツールがありませんでしたので、非常に参考になります。」
引続き頑張ります!

自社サイトをリニューアルしました。まだ直さなければならない部分ありますが、よりよい情報発信をしていければと思います。

新機能は、本当はもっとスピーディーに作っていきたい気持ちはあります。しかし、パフォーマンスなどツールの安定性はエンタープライズソフトウェアにとって極めて重要だと認識しており、迅速さと安定性を両立させながら、今後も着実に機能拡充していきたいと考えています。
引続きGinzametricsをよろしくお願いいたします!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: GinzaMetrics情報.