第2回インハウスSEO勉強会(SEO対策キーワード選定)を実施しました!Ginzametrics

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzametrics第2回インハウスSEO勉強会を開催いたしました。今回は「SEO対策キーワードの選定」をテーマに4名のインハウスSEO担当のみなさまにご参加いただき、2時間があっという間に過ぎていきました。

テーマとしていた「SEO対策キーワードの選定」以外の内容も含め、各社の課題をケーススタディとし、インハウスSEO担当者としてどのように対処したらいいか具体的なディスカッションを行いました。

Ginzametrics第2回インハウスSEO勉強会

Ginzametrics第2回インハウスSEO勉強会

インハウスSEOを進めていくにはインフォメーションアーキテクトが欠かせない

インハウスSEOを進めていくためには「インフォメーションアーキテクト(情報を精査する人)」が欠かせない。
サイト内に同じキーワードを持つコンテンツが複数存在してしまうキーワードカニバリゼーションとならないように情報設計を行い導線を整える必要がある。

情報設計がしっかりできていないと、例えば”東京”で検索したのに、”大阪”のコンテンツが表示されるようなことが発生してしまう。ユーザーが求めていない情報のコンテンツを提示するとgoogleから評価されない。

あるサイトにおいては、既に存在している情報の中で情報設計をし直したこと(コンテンツの場所を変えたり、リンク構造を変えた)でトラフィックが150%増えた事例もある。
よく見過ごしがちなのが中間のカテゴリーページがないことだという。

ユニークコンテンツをトーン&マナーを揃えて作るにはインハウスでやるしかない

Googleのパンダアップデート/ペンギンアップデートに伴い、ユーザーが求める質の高いコンテンツを提供することが必要だという概念にシフトした。
労力ははかかるがコンテンツはコピーペーストではなくユニークコンテンツであるべき。結果的にその積み重ねがSEO価値向上につながる。
コンテンツ制作を請け負う会社もあるが、テキストのトーン&マナーを揃えることは難しいし、コンテンツは社内に蓄積されているためインハウスでやるしかない。

SEOは検索順位だけではない、コンテンツの質の判断にも有効

流入していて直帰率が高いものはコンテンツの質が低いものと想定できる。コンテンツを増やす、リライトする等、想定ユーザーが求める適切なボリューム、質のコンテンツを用意することが必要。
また上位表示されることと共に、検索結果一覧に表示された上でクリックされやすいタイトルのライティングを心がけることも重要。

事業者目線ではなくユーザーが使うキーワードにする

事業者はつい、自分たちの専門用語でキーワードを選定することが多い。ユーザーがどのような用語で検索するのか、文字入力はアルファベットか、カタカナかも含め、ユーザー目線に立ったキーワードに変換することが必要。

ブランド名 / 社名以外のキーワードの流入を増やしたい

ブランド名・社名以外の流入が圧倒的に多く、現状、自社を知っているユーザーしか取込めていない。新規ユーザーの流入を増やすためのコンテンツ作成を試みている。コンテンツを増やしていくことにより、新規流入する入り口を増やしていきたい。

BtoBサイトではゴール設定が難しい

BtoBサイトの場合”お問い合わせ”をコンバージョンに設定しても、そこからアプローチして受注となるため成果を測るのが難しい。成果が測るのが難しいとリスティングで広告費を投入するのも難しくなるため、インハウスSEOで進めることとなっている。

SEOを社内でノウハウをため浸透させることが難しい

なかなか社内でインハウスSEOについてディスカッションにならない。知識、スキルの乖離を埋めるためにノウハウ化して伝える努力をしている。
ユーザーシナリオからのコンテンツ再設計に取り組んだが、それにより社内でのSEOへの理解度の差が顕著に現れた。

ビックワードではなくロングテールの積み上げで流入数を確保

ビックワードでの戦いよりも、ロングテールキーワード / 掛け合わせキーワードで流入数を確保している。ロングテールキーワードは運用方法がキーになる。

Ginzametrics キーワードグループ画面イメージ

Ginzametrics キーワードグループ画面イメージ

勉強会に参加いただいた方からは「他社のインハウスSEO担当者とディスカッションすることがないため、自社の課題についてアドバイスをもらえることも嬉しいし、他社の課題に対しアウトプットできることもいい勉強になる」というお声をいただきました。

「他社のインハウスSEO担当者がどうしているか聞きたい」「自社のデータを元に他の人の視点を聞いてみたい」といった要望がありましたら、当社で企画しますのでどうぞお気軽にご連絡ください。今後もGinzametricsインハウスSEO勉強会を継続していきたいと思います!

インハウスSEOツールGinzametricsは14日間無料トライアルでお試しいただけます。自社の現状把握にどうぞご活用下さいませ。
http://www.ginzametrics.jp/plans-and-pricing/

インハウスSEOプロセスガイド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: セミナー・イベント.