サイト構造のSEO対策

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEO対策でサイト構造を改善する場合、サイト内のリンク構造やページ構造を修正し、クローラビリティとインデクサビリティを改善することを目指します。サイト構造は、ページ数/コンテンツ量の多い大規模なサイトほど重要です。大規模サイトでは、サイト構造を改善することで大きく成果を改善できることがあります。

しかし、SEOだけのためにサイト構造を考えなければならないことはほとんどないと思います。基本的には、ユーザーがサイト内で必要な情報にたどり着きやすい構造を目指せば、SEO的にも良いサイト構造になっていることが大半です。

下記の点を考慮しながら、ユーザーがお目当ての情報にたどり着きやすいサイト構造を設計することが重要です。

  • 関連性の高いページ同士が内部リンクでつながるようにカテゴリ、階層化、タグなどにより分類する。
  • 情報量やページ数に見合った細分化の程度にする(細分化しすぎない)。

以下では、サイト構造についてのSEO対策の基本的な考え方や、問題点の見つけ方、対策方法の例、具体的な取り組み例について紹介します。

縦・横・斜めに関連情報を探し回れるサイト構造

情報が探しやすいようにコンテンツを分類し、関連するページ間をリンクでつなげていくと、ナビゲーションや関連ページへの内部リンクなどによって、下記のように縦・横・斜めの移動でサイト内の回遊ができるサイト構造になります(黒線が縦、青線が横、赤線が斜め移動のためのリンク例)。

サイト構造
縦横斜めのリンクでサイト内で情報が探しやすいように設計(かなり簡略化して図示しています)

同じ業界でも、サービスの特徴が違えば、サイト構造も異なります。例えば、同じ求人でも、総合的な求人情報サイトと医療・看護に特化した求人サイトとでは、求人の探し方が異なります。前者はエリア以外に、業種、職種から絞って探しますが、後者は業界が決まっているため、雇用形態、資格、担当業務などが重要になってきます。そこで、サイト構造も、こうした探し方の違いに基づいて最適化されます。

初期設計が重要

サイト構造は初期設計が非常に重要です。出来上がったサイトに後からサイト構造を変更するような施策は非常に工数がかかります。初期設計においては、どこまでページ数やコンテンツが増えていくか、その際にどういった機能があれば、ユーザーにとって便利かを事前に想定しておくことが重要です。

サイト規模(コンテンツ量)が小さい間は、例えば都道府県検索だけで十分かもしれませんが、ゆくゆくは、市区町村検索、こだわり検索、ランキング、特集コンテンツなどが必要になるということが想像できるでしょう。このような事前の想定を、DBやシステムの初期設計に組み込んでおくことで、実際にその機能が必要になった時の対応負荷を下げ、スピーディーに改善することができます。

一方、不要な機能まで盛り込んでしまうと、余計なコストやメンテナンス負荷がかかります。バランスが重要です。したがって、初期設計には、どこまでビジネスやサービスが大きくなるかについての見通しを持つ事業担当者や、システムの拡張性や運用に見識のあるシステム担当者も巻き込んで実施することが望ましいでしょう。

将来のサイト規模を想定してサイト構造を設計する
将来のサイト規模を想定してサイト構造を設計する

PLPでサイト構造の問題点を把握する

サイト構造が最適化されていれば、検索エンジンにサイト/コンテンツのテーマが理解されやすくなり、狙い通りのキーワードで狙い通りのページがランクインするようになります。一方、狙っているキーワードとページでのズレが多い場合は、検索エンジン(ユーザー)にとってわかりづらい、構造が良くないサイトと言えます。

SEOでは、PLP(Preferred Landing Page)という考え方があり、PLPはサイト構造の問題点を検知する方法として使うことができます。PLPとは各キーワードで狙っているページのことです。各キーワードに対してPLPでランクインできているかをモニタリングし、サイト構造の問題点を探す手がかりとして使います。

サイトは運営する中で、コンテンツや機能などが追加され、構造が変わっていきます。初期構築時はサイト構造に問題がなくても、運用される中でサイト構造に問題が生まれてくることもあります。また、Googleのアルゴリズムが変化する際に、検索エンジンからのサイト構造の理解が変わり、PLPでのランクイン率が低下し、順位まで悪くなることもあります。

初期設計をしっかりやっていたとしても、サイト構造の健康診断的な意味で、定期的にPLPをチェックしておくと良いでしょう。

GinzaMetricsのPLPレポート

大規模サイトの場合、PLPのズレをチェックすることは相当大変です。GinzaMetricsのPLPレポートを活用することで手軽に大規模サイトのPLPのマッチ状況を把握する事ができます。

GinzaMetricsにキーワード別にPLPを登録すれば、どのキーワードでズレているかがすぐにわかります。

PLPレポートでキーワードとページのズレが簡単に把握できる
PLPレポートでキーワードとページのズレが簡単に把握できる

また、PLPのマッチ率の推移も把握することができます。アルゴリズムの変化で、急激にマッチ率が下がり、順位まで落ちてしまうこともありますので、順位と合わせてマッチ率も時系列でモニタリングすると良いでしょう。

PLPマッチ率の推移
PLPマッチ率の変動でサイト構造の課題を把握

GinzaMetricsのPLPの使い方については、こちらで紹介していますので参考にしてください。
GinzaMetricsを使ったPLPレポート活用法

LPヒストリーでページ重複の履歴も把握

サイト構造やGoogleのアルゴリズムが変わっていく中で、ランクインするページも変わります。PLPレポートは、その時点でのズレを可視化してくれますが、GinzaMetricsには、LPヒストリーという過去のランクインページの変遷を示してくれる機能もあります。

LPヒストリーで過去のキーワードとページのズレの傾向を把握
LPヒストリーで過去のキーワードとページのズレの傾向を把握

過去のズレの変遷をチェックすることで、どのページ間で重複が発生していたかを、より包括的に見ることができるようになり、内部リンクの修正などの対策を考える時に非常に参考になります。

GinzaMetricsのLPヒストリーの活用法はこちらで紹介していますので参考にしてみてください。
ランディングページの履歴をSEO対策に活かすには?〜LPヒストリー活用法〜

ランクインするページがズレる原因

サイト構造の問題の原因は、結局は、ページの分類が大きすぎる/細かすぎる、リンクの関連性が弱い、似たような情報のページが多いなどの理由で、サイト内で情報が探しづらくなっていることを表します。

PLPレポートでズレをチェックすることで、どのページとどのページの役割分担がサイト内で不明確になっているかが分かりやすくなります。ズレの原因を調べていると、下記のような事象がよく見つかります。

  • 細かく分類しすぎて対象ページがインデックスされていない。
  • カテゴリやタグの分類が雑になっている。
  • URLが正規化されておらずユニークなURLが多すぎて対象ページがインデックスされていない。
  • 対象ページにtitle、h1に対策キーワードが含まれていないなどマークアップが不適切。
  • 関連したページから対象ページへ、パンくずリンク、ナビゲーション、メニューなどの内部リンクが集まっていない。
  • 後から作ったコンテンツとテーマや内容が重複している。

サイト構造の問題の原因は、サイトごとにケースバイケースですが、上記のようなよくある例を参考に、探ってみてください。

PLPで把握したサイト構造の問題への対策

サイト構造の問題の原因が分かれば、それに合わせて対策を打ちます。サイト構造の修正は、サイト全体に関連する大掛かりなものが多いため、リスクを考慮し、部分的なテストを行ってから、全体反映するような進め方が良く行われます。

サイト構造の修正

サイト構造のSEO対策としてよく行われる施策は、内部リンク構造の修正です。また、検索エンジンにサイト構造を正しく理解してもらうために、ページレベルでHTMLタグ/コンテンツの修正や、URLの正規化やcanonicalの設定、価値の低いページへのnoidexの設定なども行います。

  • URLを正規化し重複コンテンツや余計なURLを減らしPLPがインデックスされやすいようにする。
  • 対策ワードが主要タグに含められるようテンプレートを修正する。
  • 関連したページからの内部リンクがパンくずリンクやナビゲーション、タグなどのリンクを通じてPLPに自然に集まるようにする。
  • カテゴリやタグの分類を適切な粒度や精度に修正する。
  • コンテンツテーマが重複している場合は、棲み分けや統合を行うか、内部リンクで関係性を示す。

サイト構造の修正は、よほど致命的な欠陥を修正する場合を除けば、実施するメリットとデメリットを考えなければいけないことが多く、経験者でも迷います。

迷ったら、「探している情報にたどり着きやすか」を自問してみてください。一方で、そういった高度な判断が求められる施策については、リスクヘッジをするために、部分的な実装でテストを行い、問題ないことを確認してから全体反映することをおすすめします。

GinzaMetricsを使ったサイト構造のSEO対策

GinzaMetricsを使えば、サイト構造のSEO対策が行いやすくなります。PLPレポートを中心として、キーワードとページのズレを把握するいくつかのチャートを活用して、問題点を効率的に特定することができます。

GinzaMetricsを活用したサイト構造のSEO対策
GinzaMetricsを活用したサイト構造のSEO対策

GinzaMetricsには、PLPレポートのようにキーワードを起点にキーワードとページのズレを把握する方法と、ページを起点にズレを把握する方法とがあります。後者は、特定のページを作成/修正した場合の効果検証として使われます。

GinzaMetricsを使ったキーワードとページのズレを把握する方法についてはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。
GinzaMetricsを使って検索インテントとコンテンツのズレを修正する

また、ページレベルでは、titleやh1タグにキーワードが含まれているかなど、マークアップを機械的にチェックするアドバイス機能も活用できます。こちらの記事では、ページレベルでのマークアップのアドバイス機能の活用方法について紹介しています。
SEO内部対策チェックツールのうまい使い方

まとめ

サイト構造についてのSEO対策の基本的な考え方や、問題点の見つけ方、対策方法の例、具体的な取り組み例について紹介しました。

明白な欠陥のあるサイトを除けば、サイト構造のSEO対策は、実施すべきかどうかについて、判断に迷うことも多いと思います。今の検索エンジンのアルゴリズムは複雑です。経験者でも迷います。迷ったら、まずはユーザーがサイト内で必要な情報にたどり着きやすい構造であるかどうかに立ち戻って考えてみてください。それでも結論が出なければ、小さくテストを行い、結果を見て全体反映を検討するという進め方が良いかと思います。

また、GinzaMetricsを使えば、大規模なサイトでも、サイト構造の問題が把握しやすくなります。順位をチェックするだけでなく、PLPレポートやLPヒストリーなど、サイト構造の問題を可視化する機能も、ぜひ活用してみてください。これらの機能は無料トライアルでも使えますので、まだGinzaMetricsを活用されていない方は、試してみてください。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

他社に差をつけるSEO実践ガイド

これから本気でインハウスSEOを行う方向けのSEO実践ガイドです。キーワード選定、サイト構造、コンテンツ作成に関して、これだけは抑えておきたい重要な点、特に他社と差をつける上で重要事項にフォーカスしたSEO担当者のための実践ガイドです。Google検索エンジン最適化スターターガイドの後にご活用いただくと参考になります。

無料eブック「他社に差をつけるSEO実践ガイド」

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.