【セミナーレポート】大規模サイトリニューアルを実施した当事者が語る「SEOを考慮したサイトリニューアル事例」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

10月20日(火)、新宿のGinzamarketsセミナー会場にて、SEO視点でのサイトリニューアルをテーマとしたセミナーを開催しました。SEO視点での大規模サイトのリニューアルについての当事者の貴重な経験やノウハウが聞けるとあり、満員御礼での開催となりました。

リニューアルについて語る四角氏
リニューアル時のサイト設計について語る四角氏

登壇者は、2015年に転職サイト@typeのリニューアルの中心メンバーであるキャリアデザインセンター社の四角氏と鳥居氏です。両氏には、SEO視点でのサイトリニューアルを検討しているウェブ担当者、SEO担当者向けに、大規模サイトのリニューアルプロジェクトの全体像、SEO視点で注力して行った作業、効果検証方法、成果、実施して分かったことなどについて、事業者視点で紹介して頂きました。

以下、当日の講演概要です。

キャリアデザインセンター社の講演概要

リニューアルの目的

クラウド化、SEO、UI改善、サービス強化、内製化

SEO視点で注力した点

サイト構造化:転職業界でニーズの強いカテゴリの整理
URL静的化:キーワードニーズから優先度を決めて静的化
URL正規化:重複ページ量産の撲滅と効果測定
キーワードチューニング:キーワード調査により優先的に対応する掛け合わせワードを選定。
マスター変更:自社の求人案件、ユーザー属性を調査し、最適なマスター構造に変更。
パンくず:構造化情報として設計。
関連リンク:クローラビリティの担保。

実施して分かったこと/考慮しておくべきこと

SEO対デザイン:正論としては相反しないはず。ステークホルダーが多い中での進め方が重要。
キーワード:難しい/伸びしろの小さいキーワードはある。
工程表:URL変更とマスター変更は一緒に行うべき。
テスト:膨大なURLと正規化のためのリダイレクトチェック。
URLルール:効果検証を考慮したURL設計

効果検証の方法

検索経由訪問数:GoogleAnalyticsを使用してリニューアルによる検索流入、コンバージョン貢献を集計。
ネガティブ視票:コンテンツ指標(直帰率、滞在時間など)の変化を集計。
キーワード順位:GinzaMetricsを利用しターゲットキーワードの順位変動を集計。流入が見込める順位と見込みづらい順位で分類し、成果と課題を把握。

リニューアルの効果について数値を交えて具体的に説明する鳥居氏
リニューアルの効果検証について語る鳥居氏

キャリアデザインセンター社講演資料の一部公開

当日、当社Ginzamarketsもリニューアル時におけるコンテンツ設計というテーマで講演致しました。

Ginzamarketsの講演概要

コンテンツ設計とは

SEOやソーシャルにおいてコンテンツが重要視される中、サイト構造だけでなく、テンプレートや静的コンテンツの構成といったコンテンツの設計にも気を配ることが必要。

良いコンテンツの見つけ方

順位、流入数などの成果の出ているコンテンツと出ていないコンテンツを比較することで、強いコンテンツのテンプレートや記事構成、テーマ設定が見えてくる。順位だけでなく、コンテンツの比較をすることが重要。

Ginzamarkets講演資料

セミナーに参加して良かったこと

四角氏、鳥居氏を囲んでの交流会
交流会では四角氏、鳥居氏への積極的な質問や相談で盛り上がりました

当日は、取り組みの中での経験を交えたSEO視点でのリニューアルの進め方が具体的に紹介されたことで、SEOのとっつきにくい技術的な話が実感として非常に理解しやすかったかと思います。講演内では、具体的な効果検証の数値も交えて紹介され、リニューアルの実際のインパクトも実感することができました。SEO視点で大規模サイトリニューアルを主担当者として経験した人は意外と少なく、多くの方にとってSEOの知識と経験を関連させながら学べる良い機会だったと思います。

セミナー後、和気あいあいとした雰囲気の中で交流会があり、四角氏、鳥居氏を囲んでの質問や相談も活発に行われました。リニューアルについてのSEOの技術的な突っ込んだ質問から、体制作りについての話まで幅広い話題で盛り上がっていました。

Ginzamarketsでは、今後も、Web、イベント/セミナーを通じて、コンテンツマーケティングやSEOに関するノウハウや事例、調査データを積極的に発信し、成果の出せるコンテンツマーケティング&SEOを支援していきます。

リニューアル前のコンテンツ調査にGinzaMetricsトライアルの活用

GinzaMetricsを使えば、リニューアル前のコンテンツの勝ちパターン調査も簡単に行うことができます。SEOに強いテンプレートや記事構成をGinzaMetricsを使って見つけて下さい。GinzaMetricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。
無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。
『インハウスSEO業務ガイド』の資料ダウンロードはこちら: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/ebook-inhouse-seo-process-guide

GinzaMetrics Facebookページ

コンテンツマーケティング&SEOの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
・非公式なSEO道場から始まったコンテンツマーケティング、SEOの社内浸透 転職サイト@type四角氏、鳥居氏インタビュー
・SEOキーワード選定/調査の方法。競合サイトに勝つためのキーワードの洗い出し
・コンテンツマーケティングの事例(日本、アメリカ/海外事例、インタビュー、調査まとめ)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: セミナー・イベント.