アメリカのPR会社マネージングディレクターが語るSEOとPR(広報)業務の関連性

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

日本ではまだ、「SEO」と「PR(広報)」をテーマにした記事は少ないですが、USではその関係性についての記事が増えつつあります。

例えば、Search Engine Watchでは、”5 Clever Ways to Leverage PR for SEO Success(SEO施策成功のため、PRのレバレッジを活用する5つの賢い方法)”として

Econsultancy社では、”SEO is now PR, but are PR agencies still not ready?(SEOはPRの役割を果たすが、PR会社はSEOの準備が間に合っていない?)”として記事が出ています。

SEO視点でみた場合、PR(広報)は、コンテンツがメディアへ掲載されることでサイト流入が増えると共に、良質な外部リンクを獲得する手段でもあります。

PR(広報)視点でみた場合、SEOは、オンラインで情報収集しているオーディエンスに”get found”されるために、欠かせない要素です。

SEOとPR(広報)に関するマーケター意識調査

Econsultancy社のマーケター250名の調査によれば、52%のマーケターは組織内でSEOとPR(広報)は連携して業務を行っており、71%はPR会社はSEOのエキスパートだと捉えています。

マーケターの61%はSEOの知識と経験が社内で不足していると答えていて、SEOのスキル面でPR会社を頼りにしているのです。

USのPR(広報)の現状をPRスペシャリストへヒアリング

多くのPR会社は、これまで、紙媒体やヒューマンリレーションを中心に運営されており、SEOやオンラインマーケティングとは一線を画していました。

しかし現在、クライアントからの期待に後押しされ、PR業界はITテクノロジーを駆使する方向へ舵を切りつつあります。

Ginzamarketsサンフランシスコ本社では、SEO/コンテンツマーケティングを取り巻くマーケティング要素について、”FOUND Friday”としてゲストを招きディスカッションをしています。

今回、IT企業をクライアントとするHotwire Public Relations社で、ニューヨーク/サンフランシスコオフィスのマネージングディレクターを務めるレスリー・カンピージ氏に、「SEOとPR(広報)の関連性」についてお伺いしました。


右:Hotwire Public Relations社 マネージングディレクター レスリー・カンピージ氏
左:Ginzamarkets社 COO エリン・ロビンズ・オブライアン

マーケターからみたSEOとPR(広報)の類似性

まず「SEO」と「PR(広報)」の類似性とは何でしょうか?

この2つに共通しているテーマは、マーケターが本当の意味で、これらの重要性を理解していないことだと言えるでしょう。

「PR(広報)の役割は、ただプレスリリースを送ることだけではない。SEOはGoogleで1位を取ることだけではない。」と表現すれば、意図が伝わりやすいでしょうか。

コンテンツSEOへのシフトはPR(広報)にどんな影響を与えるか?

SEOは、以前は、とにかく「キーワード」にフォーカスしていました。SEOの印象として、「キーワードを上位表示することのみ」だと捉えている人も、まだいることでしょう。

しかし、Googleが良質なコンテンツを重要視するようにアルゴリズムを変更して以来、SEOも単なる「キーワードの順位」から「コンテンツ重視」へシフトしています。

PRスペシャリストのレスリーは「SEOがコンテンツ重視になっていることは、PR(広報)との垣根がより縮まっていることを示すと考えている。クライアントがPR(広報)=SEOと捉える一因がここにある。」と語ります。

“get found”されるための活動をしている人は、同じチームの一員

「私の経験では、製品を作っているのであれ、サービスを提供しているのであれ、それらが”get found”されるように企業は試みている。」と言います。

「マーケティング/カスタマーサービス/広告/PR/SEO、それぞれの業務に関わる人は”get found”してもらおうと試みている人と区分できる。個々のミッションが何であれ、全てファインダビリティに関わる仕事をしている。」と。

別の表現をすれば、適切なターゲットセグメントに見つけられることはビジネスにおいて本質的なことであり、適切な見込み客に見つけてもらうためにアクションをとっているメンバーは、同じチームの一員と捉えられるのです。

SEOとPR(広報)は「旬の話題」への相性でも共通性がある

「今は、多岐に渡るチャネルから”get found”される時代。我々は、いつ、どのチャネルで”get found”されているのか把握する必要がある。」と語ります。

そして、見つけられるコンテンツの多くは、「ニュース性のある旬な話題」に紐づいているものが多い、と続けます。

人々は「旬の話題」への関与度が高く、今、起こっていることを、より理解するために検索をしています。「旬の話題」はSEO、PR(広報)共にとても相性がいいのです。

ターゲットセグメントは、どのチャネルを経由してあなたが展開する「旬の話題」へアクセスしているでしょうか?

PR(広報)の目的はブランドアウェアネスだけではない

レスリーは、「PRはいつも、ブランドアウェアネスのためだけに行われるわけではない。リスク回避やイメージチェンジのために行われることもある。」と語ります。

また、「今あるブランドイメージを”get found”されることだけがPRの役割ではなく、ブランドの新たな一面を見せたいときには、新しいクリエイティブを用意し、それをみてもらうことで、違いを伝えることにもなる」とも言います。

PR(広報)は終わったのか?

最近の記事では、SEOもPR(広報)のどちらも、「dying?(終わったのか?)」という表現をされることがあります。
PR会社の現場では、その点についてどのように感じているのでしょうか?

「結論から言うと、私はPRが終わったとは感じておらず、むしろ進化していると感じている。」

「PR会社の人、また企業のPR担当は、以前はPR領域の人たち同士でコミュニケーションを取る傾向にあった。ただ、ITとソーシャルメディアも活用せざるを得なくなり、PR担当者もマーケターとのコミュニケーションを取るように変わりつつある。」

「今は、PR単体で動くのではなく、SEOを含む、様々な経験/スキルのあるマーケターと協力して推進していくことが必要となっている。よりドラスティックな試みとして進化している。」と。

PR(広報)の効果測定をしているか?

PR(広報)により、どれだけ自社の商品/サービスが”get found”されているか、効果測定をしていますか?

PR(広報)キャンペーンを推進する際に、ターゲットセグメントが使うと想定されるキーワードを、タイトル、hタグ等に設置していますか?

「PR(広報)の効果測定も、SEO/コンテンツマーケティングのパフォーマンスチェックの一環で行う事が出来る」とレスリーは言います。

SEOとPR(広報)の蜜月関係 まとめ

SEOとPR(広報)の関わりについて、マーケットの変化(IT化/ソーシャルメディア)、マーケターの意識の変化、PR会社の進化、、、と話を聞いてきました。

USでは、SEOとPR(広報)は同義語で使われることもあるくらいに、密接な関係を持つようになりつつあります。

そしてSEOとPR(広報)の距離が近づくことにより、面白いことに、PR(広報)の効果測定もSEO観点で行う選択肢があるのです。

この機会にSEOを意識した、PR(広報)の役割/進め方/効果測定について考えてみませんか?

FOUND Fridayの内容(英語)については、こちらよりご覧頂けます。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
コンテンツマーケティングの全体像:戦略や事例から制作や効果測定まで
コンテンツマーケティング推進体制と必要な思考や考え方(マインド)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.