モバイルフレンドリーテストをモバイルSEOの運用に組み込む方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

モバイルフレンドリーアップデートが2015年4月21日に行われ、それから約1年経ち、2016年5月から段階的に、モバイルフレンドリーであるかどうかを、検索順位により強く反映するという意向がGoogleから公式に出ています。また、モバイルページの表示速度をモバイルフレンドリーの基準に使う可能性があるという話も出ています。

更に2016年10月にモバイルファーストインデックスの話が正式にGoogleから出ました。詳細な仕様は、随時報告されていくと思いますが、現段階では、Googleからの大まかな方針やアドバイスまでが発表されています。

参考:Googleのモバイル関連発表の一部

今のところ、Googleからリリースされるモバイル関連の情報をチェックしている限りは、モバイルではPC以上にUIやユーザビリティを重要視しているようです。モバイルは画面が小さい分、UIやユーザビリティが重要なため、合理的な考え方だと思います。

Googleが提供するモバイルフレンドリーテストツールも、モバイルでのユーザビリティに重きを置いたテストです。今後、SEOにおいてますますモバイルのウエイトを大きくなることを見据えて、今のうちに、ウェブサイト運営の中に、モバイルフレンドリーテストを組み込んだ運用を作っておいたほうが良いと思います。

今回は、GinzaMetricsなどのSEOツールとGoogleの公式ツールも使って、モバイルフレンドリーテストを組み込んだ運用の方法を紹介します。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーというのは、Googleが示すモバイルフレンドリーの基準に合格していないページは、PCサイトよりも検索順位が大きく下がる可能性があるという、2015年4月21日にGoogleが実装した検索順位決定アルゴリズムのことです。

GoogleのMobile Friendly Websitesには、レスポンシブウェブサイト、動的配信サイト、PC/モバイルで別のURLサイトの場合について、モバイルフレンドリーなサイトへの対応方法を、簡単にまとめてくれています。また、ありがちなミスについても、いくつか例を紹介しています。これから対応される場合は、まずはGoogleのMobile Friendly Websitesをよく読んでみてください。

参考:Mobile Friendly Websites

モバイル検索順位のチェック

モバイルフレンドリーアルゴリズムは、サイト全体ではなく、ページ単位で影響します。サイト全体をモバイル対応したと思っていても、特集ページなど個別で制作したページやテンプレートがモバイルフレンドリーの基準を満たしていない可能性はあります。

とはいえ、全てのページを、モバイルフレンドリーの基準に合格しているかどうかをテストすることは、大変な作業です。そこで、PCに比べてモバイル順位が著しく悪いページを優先的にチェックすると良いかと思います。

当社のSEOツールであるGinzaMetricsでは、PCとモバイルの検索順位を比較することができます。

PCとモバイルの検索順位に大きな差がないかをチェックすることが、手っ取り早く、状況を知る手がかりになります。もちろん、モバイルフレンドリーでなくても、順位が下がらないこともありますので、個別に気になるページやテンプレートがあれば、それはモバイルフレンドリーテストを行ってください。

PCとモバイルの順位を比較
PCとモバイルの順位を比較

モバイルフレンドリーのチェック方法

モバイルの順位が低いことに気づいたら、モバイルフレンドリーに対応できていない可能性がありますので、問題点を確認しましょう。

GinzaMetricsなどのSEOツールでモバイルで順位の低いページのURLをエクスポートして、モバイルフレンドリーテストツールにペーストしてテストにかけます。モバイルフレンドリーでない要素があれば、モバイルフレンドリーテストツールでは、何が問題かを教えてくれます。

モバイルフレンドリーでない場合のアラート
モバイルフレンドリーでない場合アラートが出る

参照:モバイルフレンドリーテスト

表示速度

モバイルフレンドリーテストでは検出されませんが、ページ速度は、以前よりPCサイトの検索順位に影響することがあるとGoogleは伝えています。また、Googleの発言からも、今後はモバイルフレンドリーの基準やモバイルの順位要因として使われる可能性もあるようです。

GoogleはAMP(Accelerated Mobile Pages)の普及に力を入れているようですし、モバイルにおいて表示速度を上げる施策は、検討しておいても良いと思います。

SEO担当やマーケティング担当の方で、サーバーログまで見ることができなくても、GoogleAnalyticsのページ速度の計測レポートを見れば、どのページが遅いかは分かります。また、GoogleAnalyticsを使っていない場合も、GinzaMetricsのオプション機能Deeper Crawl(ディーパークロール)のように、サイト全体をクロールし、ページの速度を計測してくれるツールを使えば、表示速度の遅いページは分かります。

DeeperCrawl
GinzaMetricsのDeeper Crawlを使えば、大規模サイトでも遅いページの割合や対象URLが簡単に把握できる

GoogleAnalyticsやディーパークロールで、基準値より遅いカテゴリやページをピックアップできたら、GoogleのPageSpeed Insightsで、何が問題なのかを調べてみましょう。PageSpeed Insightsでは、ページ速度の改善点を分かりやすく教えてくれます。

PageSpeed Insightsで改善点が示される
PageSpeed Insightsで改善点が示される

参考:PageSpeed Insights

GoogleのPageSpeed Insightsで提案してくれる以上の更に詳細な課題を知りたい場合は、Chromeデベロッパーツールを使って分析をすることで、余計な通信を減らしたり、ファイルを圧縮するなどの対策を検討することができます。サーバーやネットワークの改善まで行える体制がある場合は、Chromeデベロッパーツールを使って分析した結果を、開発担当に伝えて協力してもらうと良いでしょう。

PageSpeed Insightsで改善点が示される
Chromeデベロッパーツールで表示に時間がかかっている要素が確認できる

参考:Chrome DevTools

まとめ

モバイルSEOにおいて、モバイルフレンドリーに対して、GinzaMetricsのようなSEOツールとGoogleの公式ツールを上手く活用し、効率的にインハウスSEO業務を回す方法を紹介しました。

  • SEOツールでPCとモバイルの順位差をチェックする。
  • モバイルの順位が大きく低いページはモバイルフレンドリーテストで何が問題かをチェックする。
  • GoogleAnalyticsやGinzaMetricsのDeeperCrawlのような表示速度を計測できるSEOツールを使い、速度の遅いページを把握する。
  • 速度の遅いページについては、PageSpeed Insightsで改善方法を把握する。

参考にしていただけたらと思います。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。モバイルSEOの運用も大幅に効率化できます。

インハウスSEOガイド

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.