SEOツールでモニタリングするキーワードの選び方〜キーワード数が多いサイト〜

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEOのモニタリングを行う上で極めて大事なのがモニタリングキーワードの選定です。特に大規模サイトの場合、モニタリングキーワードを間違うと、本当の課題が見えず、対策も間違えてしまいます。GinzaMetricsを提供していて、キーワードを選定することが、モニタリングを正しく行う上で一番重要で、かつ一番難しいなと感じます。大規模サイトの場合、キーワード数として数千ワードはモニタリングすることになりますが、この数千ワードを選ぶことが、なかなかに難しいようです。

今回は、GinzaMetricsを提供する中で気づいた、SEOのモニタリングキーワードを選定する上で、陥りがちな罠とその罠にはまらないための対策を紹介します。

キーワード選定の基本

SEOのモニタリングキーワードを選定する方法は、大きく下記の3つのステップです。

  1. キーワードを幅広く洗い出す。
  2. グルーピングする。
  3. 優先度の高いワードに絞る。

詳しくは下記の記事でも紹介しています。

  1. SEOキーワード選定。徹底的なキーワードの洗い出しからSEOが始まる
  2. SEO対策キーワード選定。対策キーワード絞り込み、優先度を付ける。

1のキーワードの洗い出しは、Googleのキーワードプランナー、SearchConsoleなどの各種ツールやリスティング広告などから幅広く収集します。そして、2のグルーピングによりページやニーズに応じてキーワードを分類します。そして、最後にモニタリングする優先度の高いキーワードを絞り込みます。優先度を決めるときは、主に下記の3つがよく使われているようです。

  • 検索ボリューム
  • リスティングも含めた検索流入、CV実績
  • 注力商材/カテゴリ

ここまでのステップも手間がかかり、簡単な作業ではありませんが、モニタリングキーワードを選定する上での罠は、主に上記の3の「優先度の高いワードに絞る」のステップで待ち構えています。どんな罠なのか、次で紹介します。

検索ボリュームだけでなく自社サイトも考慮してモニタリングキーワードを決める

検索ボリュームは、数値であるため、多いか少ないかで優先度をつけやすい項目です。また、検索回数が多い=ニーズが多いという分かりやすい説明ができます。そのため、優先度を決める時に必ずといって良いほど使われます。検索ボリュームを考慮することは良いことですが、重視しすぎることに問題があります。

keyword_planner_hawai
検索ボリュームは簡単に優先度が付けられるため重視されすぎる傾向がある

モニタリングの目的は、モニタリングするキーワードの順位の高い/低いを確認するだけで、どのページ/カテゴリに課題があるかがすぐに把握できるようになることです。したがって、サイト内の主要ページ/カテゴリがターゲットとするキーワードは含まれている必要があります。ターゲットとするキーワードが含まれていれば、そのキーワードの順位が低ければ、対応するページが課題だとすぐに把握できるようになるからです。

1つのページが複数のキーワードを狙っていて、その全てのキーワードをモニタリングするのが大変な場合、検索ボリュームで優先度をつけて取捨選択してモニタリングワードを決めるという方法は、流入数を重視したモニタリングキーワードの決め方として合理的だと思います。

しかし、検索ボリュームを重視しすぎるあまり、自社サイトにどういったページやカテゴリがあるかを無視して、検索ボリュームだけでモニタリングキーワードを決められてしまうと、下記のような問題が発生し、モニタリングしづらくなります。

  • キーワードの順位を見ても、すぐにどのページに問題があるかが分かりづらい。
  • 特定のページやカテゴリに偏重したモニタリングレポートになる。

検索ボリュームは、確かに検索ユーザーのニーズではありますが、自社サイトとあまりに大きくかけ離れたニーズをモニタリングしても、SEO的には改善のしようのない場合が多いです。改善施策が打てない課題に振り回されないよう、SEOのモニタリングキーワードは、検索ボリュームだけでなく、自社サイトで提供するコンテンツとのバランスをとって決めてください。

取り扱いのない商品ワードをモニタリングしても施策が打てない
自社で取り扱わない商品ワードはモニタリングしてもSEO施策としての改善につなげづらい

自社と競合サイトのカテゴリ構造の違いも考慮してモニタリングキーワードを選ぶ

逆に自社サイトしか見ずにキーワード選定を行うことも、モニタリングがうまくいかなくなる要因の一つです。上述したように、自社サイトのページやカテゴリにもとづいてキーワードを選定することは重要です。しかしそれだけでは課題を見落とします。自社サイトと競合サイトでカテゴリ構造が異なる場合、その違いは、検索順位やトラフィックに影響します。その状況を把握するために、他社のカテゴリ構造も踏まえたキーワードをモニタリングします。

例えば、ファッションECの場合、「コート」と「ジャケット」を別カテゴリで分けているサイトもあれば、1つのカテゴリでまとめているECサイトもあります。また、コートを、更にダウンコート、トレンチコート、ダッフルコート、ロングコートなどというようにサブカテゴリで分ける際も、売れ筋や品揃えなどによってサイトごとに分け方が異なります。そのカテゴリ分けの違いが順位やトラフィックにどう影響しているかを把握するためには、他社のカテゴリに関するワードもモニタリングしておく必要があります(下の図の例では、左のサイトは「アウター」というキーワード、右のサイトは「コート」、「ジャケット」というキーワードもモニタリングするという意味です)。

カテゴリ構造の違いは順位に影響する
カテゴリ構造が異なれば検索順位も異なる

自社サイトだけを考慮してモニタリングキーワードを決めた場合、平均順位では競合に勝っているのに、Potential Traffic(想定流入数)で負けているという、一見、不思議な現象が起きがちです。これはビッグワード以外では平均的に勝っていて、ビッグワードで負けている状態ですが、ビッグワードは、サイトの総合力で順位が決まります。したがって、ビッグワード以外のあらゆるキーワードで競合に勝っているサイトが、ビッグワードだけで負けるというのは、考えづらいことです。

競合を無視してモニタリングすると平均順位で勝ってトラフィックで負けることがある
自社サイトだけを考慮してワード選定すると平均順位で勝ちながらトラフィック数で負けるというモニタリング結果になりがち

そう考えると、モニタリングしていないキーワード、つまり競合サイトのカテゴリ構造にもとづくキーワードでは負けていると予想できます。そして、その負けているキーワードは、自社の課題として可視化する意義があります。そこで、平均順位で勝ちながら、Potential Traffic(想定流入数)で負けている状況の場合、競合サイトのカテゴリ構造を調査し、モニタリングするキーワードを精査し直すことをおすすめします。そうすることで、自社サイトだけを見ていては気づけなかった改善対象キーワードが、明確になります。

まとめ

SEOのモニタリングキーワード選定のコツについて紹介しました。モニタリングキーワードがうまく選べるかどうかで、その後の改善がワークするかどうかが決まると言っても過言ではありません。今回の要点は下記になります。

  • モニタリングキーワードの選定が大規模サイトのSEOモニタリングの肝。
  • 検索ボリュームを重視しすぎてモニタリングキーワードを決めるとSEOの課題が把握しづらくなる。
  • まずは自社サイトのカテゴリ構造からモニタリングワードを決める。
  • 更に競合サイトのカテゴリ構造も参考にモニタリングワードを選定することで抜け漏れが減らせる。

当社では、GinzaMetrics導入時にキーワード/キーワードグループの選定の支援や漏れのチェックなどを行っております。トライアル利用でも、しっかりご利用頂きたいので、お気軽にご相談頂けたらと思います。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。
『インハウスSEO業務ガイド』の資料ダウンロードはこちら: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/ebook-inhouse-seo-process-guide

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログ》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.