SEOコンサルを利用しつつ、Ginzametricsを導入する理由と意図

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzametricsは、インハウスSEO担当者向けのSEOツールです。そのためご利用企業の多くは、SEO担当者もしくはSEOを兼務で行う方がおり、程度の違いはあれど自社主導でSEO施策を進めています。

その反対にあるのが、自社内にはSEO担当者(兼務含め)はおらず、外部のSEO会社を利用するケースです。実はこのようなケースでも、Ginzametricsを利用いただく企業は増えています。

SEO会社を利用しつつ、なぜGinzametricsも利用するのか。その導入理由と意図をまとめます。

SEO会社に対して感じていることと、その対応

SEO会社を利用しつつGinzametricsも利用するのは、何かしら不安があったり不足があるわけですが、既存のGinzametricsのお客様から伺った内容をパターン化してまとめます。

SEO会社に任せる範囲は限定的

SEO会社と契約するのは数ワード〜数十ワード程度と限定的。

その部分に不満はないが、それ以外の数百数千のキーワードで何がどうなっているかわからず、大きく機会損失していると思う(悪化しても気づかない、実は他社がうまくやっているキーワード群に気づかない、他社に負けていることに気づかないなど)。

新しく気になるキーワード群があっても、SEO会社に話すとすぐに費用の話しになるため、非常に面倒くさい。

もう少し広範に渡るキーワード(数千ワード)の状況を柔軟に把握すべく、SEOツール(Ginzametrics)を利用することにした。

SEO会社の発注先を変えると、情報が断絶してしまう

これまで数度、利用するSEO会社を変えてきたが、その度に過去からの情報が断絶してしまった。
以前のSEO会社(契約を打ち切った会社)から新しいSEO会社に引き継ぎがされるわけもなく、新しいSEO会社に一から説明する必要があり、過去のデータも別のSEO会社の月次レポートしかなくどうも効率が悪いし、また社内にSEOについての情報やノウハウが残ってこなかった。

今後もSEO会社は利用するが、データだけは自社で把握し、SEO会社を変えても情報を継続的に把握できるようにGinzametricsを利用することにした。

SEOレポート頻度が低い

SEO会社からのレポーティングが月に1度で、状況を把握したいタイミングで把握できなかった。
(この会社が利用するSEO会社のレポーティングは月1回でしたが、一般にはSEO会社のサービスや契約内容次第です)

何かしらの作業をせず(ツールが全自動で情報取得)、状況把握はいつでも行えるように、SaaS型のGinzametricsを利用することにした。

SEO実務とSEO効果測定を、両方とも同じ発注先が行うとろくなことがない

実務を発注した外部業者(SEO会社)に、その実務の効果把握をさせることはろくなことがない(実務の効果が出ていると言いたいので偏ったレポーティングをしたり、情報を隠したりする)ため、SEO効果測定は、自社でやるべきだと以前より思っていた。

しかしそれを手間なく行える手段がなかったため、発注先のSEO会社からのレポート以外に、効果を問うための情報がなかった。

ツールが全自動で情報取得し、かつ競合比較のデータも自動で取得、いつでもSEO効果データにアクセスできるため、Ginzametricsを利用することにした。

SEOコンサルフィーが高い

SEOコンサルの月額フィーが高い。
キーワードの調査選定や、企画提案業務はSEO会社のノウハウだからお金を払う価値があるが、定期レポートのための数値取得や集計(エクセル関連作業)やレポート作成(パワーポイント作成)にも高いお金が払われていることが不満だった。

キーワードの順位などのデータ収集や、エクセルなどのレポーティング作業をGinzametricsで自動化。その部分のタスクは、SEOコンサル契約の業務から外した(SEOコンサルの月額フィーを値切った)。

まとめ

SEOコンサルを利用しつつ、Ginzametricsを導入する理由と意図は、既存のGinzametricsのお客様から伺った内容をパターン化してまとめたものです。

SEO会社も色々ですので、上述した点の多くをカバーする会社もあると思いますし、また上述の内容は課題とみなされないこともあると思います。

SEO会社を利用する方が、現在の施策のままで十分か、それとも何か違った対応も視野に入れるべきか、今回のブログ記事が何かしら検討の参考になればと思います。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.