【セミナーレポート】第5回GinzaMetrics OPEN SEOセミナーを開催しました

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

2016年7月6日に第5回GinzaMetrics OPEN SEOセミナーを開催しました。今回は200名近いSEO担当の方、マーケティング担当の方などにご参加頂きました。

今回のテーマは、「テーマ特化型サイトにおけるSEO実践事例」ということで、リフォーム、ウェディング、医療系求人という各領域におけるリーディングカンパニー3社に登壇いただき、SEOの取り組みについて詳しく共有頂きました。

第5回GinzaMetrics OPEN SEOセミナー
第5回GinzaMetrics OPEN SEOセミナー

オープニングトーク

最初にオープニングトークとして、当社の代表レイ・グリセルフーバーより、GinzaMetricsの開発ロードマップについて、アメリカのトレンドと合わせて紹介致しました。

ホームプロのSEO〜構造化とコンテンツ拡張〜

第1部では、ホームプロの岡田氏より、ウェブサイトの構造化とコンテンツ拡張施策について、取り組みを紹介していただきました。ウェブサイトの構造化は、大規模な施策と小規模な施策を並行して進め、効果を継続的に高める進め方をされたとのことです。具体的にはディレクトリの整理、テンプレートの見直し、robots.txtの調整、内部リンクの見直し、CMSの導入について、詳細に解説していただきました。コンテンツ拡張施策については、ターゲットを明確に分類しコンテンツ設計を詳細に行い、質/量同時に高めていく施策を共有いただきました。

コンテンツチューニングによる検索流入獲得施策

第2部では、みんなのウェディング小口氏より、ユーザーニーズに合わせたコンテンツの最適化施策について紹介いただきました。大量に存在していた既存コンテンツをユーザーニーズに合わせて、優先度の高い順に改善していくことで、大きな成果を上げることができたとのことです。スピーディにPDCAを回していくために、シンプルなオペレーションを構築することの重要性も強調されていました。今後はサイト構造レベルの最適化も進めていかれるとのことです。

成果を出し続ける戦略的インハウスSEO

第3部では、エス・エム・エスキャリアの押味氏より、事業の成長フェーズに応じたSEO施策についてお話いただきました。事業の成長フェーズにより、有効なSEOの打ち手が異なるということで、事業のフェーズを、導入フェーズ、成長フェーズ、成熟フェーズに分け、それぞれどういったSEO対策を行われているかについて、紹介いただきました。カテゴリ構造をどこまで細分化するか、どういった機能をサイトに持たせるかなどについて、事業のフェーズ別に詳しく解説していただきました。

最近の日本のSEO施策

第4部では、Ginzamarketsの黒瀬より最近の日本のSEO施策について紹介致しました。コンテンツが大量に増える中、どういったコンテンツを作るか以前に、どの領域でコンテンツを作るかが重要になってきており、有利な領域を見つけることの重要性を解説致しました。具体的には、検索エンジン上の競合サイト、自社既存コンテンツ、Googleのコンテンツ(ユニバーサル検索やリスティング広告)の状況を把握し、自社のユニーク性が活きる領域を見つける取り組みが、日本でも進み始めていることを紹介しました。

Ginzamarketsは、マーケティングインテリジェンスのコンセプトの元、今後も、プロダクトの提供に限らず、Web、イベントなどを通じて、SEOについてのノウハウや事例も積極的に発信していきたいと思います。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

インハウスSEOガイド

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: セミナー・イベント.