Google検索の新機能「Search plus Your World」がSEOに与える影響

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Search plus Your World1月10日に、Googleのソーシャル検索機能「Search plus Your World」が発表されました。

GoogleがGoogle+と検索結果を統合する画期的な新機能を作っていて、Googleのソーシャルネットワークのリリース以降、その新機能が最も大きな検索エンジンの進化になるだろう、という噂は以前よりシリコンバレー界隈で流れていました。

Search plus Your Worldには、Google+上で共有される友人のブログ投稿、動画、リンク、写真なども含みます。この新機能は全てのユーザーに適用されるわけではありませんが、アメリカのGoogle+ログインユーザーには数日中に適用されます。

「Search plus Your World」がSEOに与える影響

Search plus Your Googleの登場により、検索エンジンの振る舞いも大きく変わり、Google自身のソーシャルネットワークであるGoogle+のソーシャルシグナルの重要度は今後高まります。Google+のユーザー数は最近では6000万人を超えたと言われ、情報ソースとして決して無視できないものとなり、また引続き急成長を続けています。

Google+のあらゆる点がGoogleの計画の重要な位置づけを占めており、SEOの振る舞いにも影響を与えます。FacebookやTwitterのSEOへの影響は、過去2年を通じてすでに非常に大きいものとなっています。そしてGoogleも明らかに注目すべきものとなっています。

以下に、今後12ヶ月を通して企業のマーケッターやスタートアップに関連するだろうと思うことをまとめます。
(以下はアメリカを中心として書いています。アメリカは日本よりもFacebookが浸透しており、またGoogle利用割合が日本よりも相当高い、ということを念頭に、以下お読み頂ければと思います。)

Google Plus

より多くのプラスを持つことが検索結果の順位改善に繋がる

プラス/Facebook/Twitterボタンがついているブログや記事を見てみると、TwitterとFaebookの方がGoogle+よりもはるかに活発に使われています。Google+の利用率は高まりを見せるでしょうが、その全体的なアンバランスさはまだ今年は変わらないでしょう。

しかしGoogle+に力を入れ始めるのは今です。ネットワークの振る舞いを学び、あなたについてシェアしてくれる意味あるコネクションを構築し始めましょう。

リンクは依然として重要。しかしその重要性は若干減少する

過去10年にわたり、リンクは検索順位に影響を与える最も重要なものとして、SEO領域にいる人たちの常識となっています。今後ソーシャルシグナルの重要性の増加を目の当たりにし、Google+の人気も出てくるでしょう。検索エンジンの観点から見ると、FacebookやGoogle+から提供されるソーシャルグラフ内にある豊富なデータは、質や関連性を表す指標として非常に魅力的なものです。

これは、リンクが検索順位に与える影響は、これまでと比べ相対的に減少するだろうことを意味します。しかし、検索順位や質や関連性に影響を与える最も重要なシグナルは、ソーシャルシグナルよりも永続的な情報を多く持つため、そのバランスは徐々に変わりますが、やはりリンクのままとなるだろうと考えています。

私の考えるベストな方法は、現在行っているリンクビルディングや内部施策の営みは継続しつつ、あなたのコンテンツがFacebookやTwitterで広がるための工夫を凝らしていくことです。

検索パターンが変わり始める

今回のSearch plus Your WorldのリリースとGoogle+の6000万を超えるユーザーでさえ、あらゆるタイプの検索パターンに大きな影響を与えるほどに、Googleが十分なソーシャルコンテンツを持っているとは思いません。しかし特定カテゴリの検索パターンは変わり始めるでしょう。ソーシャルメディア上で人気の高いコンテンツ、例えば写真、動画、リンク、長めのブログ投稿などは、ソーシャルな検索結果となる可能性が高くなります。

そのような種類のコンテンツは、検索エンジンの収益化の観点から見ると、例えば旅行や特定のイーコマース関連の検索にフィットします。そのような変化が浸透し始めると、旅行の行き先や商品の検索方法が、これまでより多くの人が自身のソーシャルネットワーク内での推薦情報に基づく形に変わっていきます。
また当社のようにITリテラシーの高い方を対象としたビジネスを行う企業も、ソーシャルメディア利用割合が高いため、ソーシャルシグナルの影響を受けやすいでしょう。

ソーシャルシグナル(とその背後にいる人々)がこれまでより信頼性の高いものと見られる

今日、ソーシャルグラフを操作することは、リンクグラフを操作することよりはるかに難しいです(リンクについては10年の経験があり、また良い悪いは別にしてリンクを買うという行為もあります)。そのためSEO実務の世界では、リンク獲得と比べると、個々のコンテンツの価値や永続性はいまだ価値が低く見られがちです。しかしソーシャルシェアの背後にいる人々が、コンテンツの評判を担い始めることになります。

最終的には、もしかしたら大規模にソーシャルグラフを操作するための比較的有効な方法がスパマーとなる日が来るかもしれません。しかし現在われわれは未知の領域におり、Googleはこれまでリンクが中心となってきた信憑性の決定に関して、ソーシャルデータを用いた様々な選択肢を持っています。

コンテンツの質と普遍性がやはり最も重要

スタートアップとして、今回のGoogle新機能から学べることで最も気をつけるのは、より有用なコンテンツを提供することです。良質で有用な、差別化されたコンテンツを定期的かつ頻繁に提供することが、目的を達成するための最も適切な戦略だと考えています。良質なコンテンツはこれまでもSEO上重要でした。今後は、これまで以上に良質なコンテンツが重要になることは間違いないでしょう。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

“インハウスsoガイド”

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.