海外SEOでSEOツールを活用して検索市場調査を行う方法

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

GinzaMetricsをご利用中の方の中で、海外SEOに本格的に取り組む企業が2015年ぐらいから増えてきました。日本で運営するサイトを英語などの多言語サイトとして対応させるケースや、グローバル企業が元々運営していた多言語サイトを本格的にSEO対策するケースなどです。

海外SEOは、日本語のサイトを英語に翻訳して、Search Consoleでジオターゲティングをすれば世界中から検索トラフィックが呼び込める、というほど簡単ではありません。各国の競合サイトより魅力的なサービスやコンテンツを運営し、各国からの評価やリンクを獲得していかなければ、日本でどれだけ順位が高くても、海外で簡単には検索上位を獲得できません。

したがって、仮に英語のサイトを作るにしても、英語圏の国全てにまんべんなくアプローチするのではなく、どの国に注力するかを決めなければいけません。その判断はSEOというよりは、事業的な判断が中心になります。しかし、SEO視点で、各国に検索エンジン上にどういった競合がいて、どの程度のサービスやコンテンツを提供しているのかを調査することは、事業判断を助けることにもなります。

今回は、海外の検索市場調査をSEOツールを使って行う方法を紹介します。

海外の検索キーワード選定

海外の検索市場調査を行う場合、まずキーワード選定を行います。これまで英語などの外国語でSEOやリスティング広告を運用したことがなければ、キーワード選定を行うだけでも、かなりハードルが高いと思います。そんな時は、まず各国で上位2〜3個のベンチマークサイトを見つけましょう。ECであれば、AmazonやeBay、ウォルマート、ベストバイなどのグローバル企業は、どこでも上位に名を連ねていると思います。また、中国であればアリババ、インドであればFlipkartやSnapdealなど各国で有名なサイトがあります。他業界も同様ですが、まずは有名な上位サイトをベンチマークにしましょう。

そして、ベンチマークサイトのカテゴリ、サブカテゴリからキーワードを洗い出します。中堅以下の競合サイトを見逃さないためにも、大きなカテゴリだけでなく、少し細かめのカテゴリからもキーワードを洗い出しておいたほうが良いでしょう。洗いだしたキーワードをグルーピングして、キーワードグループ(カテゴリ、サブカテゴリ)ごとの検索上位サイトを調べます。当然ですが、Amazonなどグローバルにサービスを提供するサイトでも、国によってカテゴリ構造やサービスは異なりますので、対象国ごとにカテゴリ、サブカテゴリを洗い出します。

国によるカテゴリーの違い
同じAmazonでも、国によってカテゴリは異なる

キーワード選定をしている際に、各国のネイティブの人がどういった単語を使うか、判断を迷うことがあると思います。周りにネイティブの人がいれば、聞いてみたいところですが、なかなか見つからないのが現実だと思います。そんな時は、各国のネイティブの人と交流ができるQ&Aサービスが便利です。個人的には、アプリでも使えるHiNativeを使っています。すぐに返答がきますし、追加で質問したい時も気軽に質問ができます。無料で使えるので、重宝しています。

参照:HiNative
https://hinative.com/

海外の検索市場調査

キーワードを選定したら、各国別にキーワードごとの検索ボリュームと合わせて、上位サイト、上位コンテンツを調べます。同じ英語圏でも、アメリカ、オーストラリア、インドなど、国によって上位サイトの顔ぶれが大きく変わるキーワードがあります。例えば、現地に特化したサービス提供サイトが上位を占めるキーワード、グローバル企業が上位を占めるキーワード、先進国と途上国とで検索ボリュームが全然違うキーワードなど、キーワードによって色々な特徴があります。そういったキーワードの特徴を把握した上で、どの領域(キーワード)であれば、自社で提供できるサービスやコンテンツでに勝ち目があるかを調べます。

注力候補に上がっている国別に検索市場の調査をするわけですが、キーワード数が多ければ大変な作業です。また、不慣れな言語での作業になるため、なおさら大変です。そんな時は当社のSEOツールであるGinzaMetricsのコンペティターディスカバリーを使うことで、検索市場の調査が簡単に行なえます。調べたいキーワードをグルーピングして、GinzaMetricsに登録するだけで、キーワードグループ別に、各国の検索ボリュームと合わせて、検索上位サイトと上位コンテンツが簡単に確認できます。

各国別に上位サイト一覧が確認
各国別に上位サイト一覧が確認できる

コンペティターディスカバリーによって、各国の各領域(キーワード)で、どういったサービスやサイトが評価されているかを簡単に知ることができます。検索上位のサービスやコンテンツをベンチマークとすることで、自社で提供できるサービスやコンテンツが、それらに勝てるかどうかが判断しやすくなります。

海外サイトの被リンク調査

検索市場調査を経て、いざ攻める国を決めれば、その国のサイトから、被リンクをどう集めるかも検討することになるでしょう。日本では、はてなブックマークやキュレーションメディアなどからのリンクが多いですが、国によって流行しているコミュニティサイトは異なりますので、流行状況によって被リンク元サイトにも違いがあります。当然、リンク元サイトが異なれば、外部リンクを獲得するための施策も異なります。しかし、現地に精通している段階になければ、各国のコミュニティサイトの事情まで把握できていないと思います。そんな時は、各国の検索市場調査で見つけた上位サイトや上位コンテンツの被リンク元ドメインを調べます。

MozやAhrefsを使えば、サイトごとの被リンクやリンク元ドメインは簡単に調べることができます。GinzaMetricsでも当然、MozやAhrefsのデータと連携しているため、海外の他社サイトであっても簡単に調べることができます。グローバルサイト、各国のドメスティックなサイトそれぞれに、どういったサイトから被リンクを受けているかを調べてみましょう。

リンク元ドメイン
国によってリンク元のドメインに特徴がある

日本のようにはてなブックマークやキュレーションメディアからのリンクが多い国もあれば、まだまだそういったウェブコミュニティが立ち上がっておらず、企業サイトからの被リンクが中心の国もあります。各国でどんなリンク元サイトが多いかを把握すれば、ソーシャルメディアを上手く活用するのか、関係性の強い企業にリンク提供を依頼するのかなど、外部リンクを獲得する方法を検討することができます。

被リンクについての補足

少し話がそれますが、日本で知名度が高いサイトが、海外版サイトをリリースした時に、日本ドメインからの被リンクばかりが集まってしまっているケースがあります。攻めたい国のサイトからの被リンクがほぼなくて、日本サイトからの被リンクが大量にあるような場合、下手すると日本向けのサイトだと検索エンジンに思われかねないので、海外サイトをローンチした時のプレスリリースの出し方は、注意が必要かなと思いました。

まとめ

海外SEOを行う際の、検索市場調査や競合調査の方法を紹介しました。日本企業でも、旅行業界などを中心に海外SEOに本格的に取り組まれるケースが増えてきました。ウェブを使ったマーケティングを行う事業の場合、事前調査段階において、SEO担当が貢献できることは多いと思います。今回は、事前調査段階における検索市場調査の方法をまとめました。

  • 検索市場調査をする際のキーワード選定は、一旦、有名な上位サイトのカテゴリから洗い出す。ネイティブの単語の使い方が分からない場合は、Q&Aサービスなどを使うのも便利。
  • 国別の検索市場調査は、GinzaMetricsのコンペティターディスカバリーを使うと便利。国別の検索ボリュームや上位サービス、コンテンツが簡単に把握できる。
  • 国別にリンク元サイトは異なる。被リンク調査ツールを使って、検索上位サイトの外部リンクを調べ、どういった外部リンク獲得施策を行うかを検討する。

これから海外SEOに取り組まれる場合は、参考にしていただけたらと思います。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

インハウスSEOガイド

GinzaMetrics Facebookページ

SEO&コンテンツマーケティングの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.