『Ginzametrics』がSEO分析機能に加えてソーシャルシグナル分析機能の提供を開始 【プレスリリース】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

報道関連各位
プレスリリース
2012/9/12
Ginzamarkets株式会社

エンタープライズSEO管理&分析プラットフォーム『Ginzametrics』が、ソーシャルシグナル分析機能の提供を開始

Ginzamarkets株式会社(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー/東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)は、エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームである『Ginzametrics』の新機能として、検索順位などのSEO分析/管理機能に加えてソーシャルメディアでのシェア数などを把握する、ソーシャルシグナル分析機能の提供を開始いたします。

【ソーシャルシグナル分析機能の提供の背景】

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの利用が一般化し、多くの人がソーシャルメディア上で情報発信やコミュニケーションを行うようになりました。その結果FacebookのLike(いいね)やTwitterのツイートのような「ソーシャルシグナル」が検索エンジンの順位に影響を与えるようになり、企業のSEO対策においてソーシャルシグナルを考慮に入れるのが妥当になってきました。

また、消費者のメディア接触時間やその方法の変化に伴い、広告を中心とした消費者コミュニケーションよりも、良質なコンテンツを中心とした消費者コミュニケーションに軸足を置く、コンテンツマーケティングという考え方がアメリカを中心として広がり始めています。

上述の消費者の行動の変化、またそれに伴う検索エンジン、企業のマーケティング方法の変化に対応するために、Ginzametricsの新機能としてソーシャルシグナル分析機能の提供を開始します。

【ソーシャルシグナル分析機能】

Ginzametricsは、SEO業務を行う上で必要な様々な機能を提供していますが、その一つがWebページ別の検索エンジンの順位把握です。
今回のソーシャルシグナル分析機能を追加することで、ページ毎の検索順位などのSEO分析レポートに加えて、ページ別のソーシャルシグナルを、同一の画面で把握できるようになります。
把握するソーシャルシグナルは次のとおりです。

・FacebookのLike数、シェア数、クリック数
・Twetterのツイート数
・Google+ の +1数

ソーシャルシグナル分析

ソーシャルメディア分析ツールは日本でもアメリカでも既に多く存在していますが、その多くは「ソーシャルメディアのアカウント単位での分析」であり、ソーシャルメディア運用担当者が使用するものです。
この度提供を開始するGinzametricsのソーシャルシグナル分析機能は、「コンテンツ単位の分析」であり、企業のコンテンツ担当者、SEO担当者、Webサイト担当者にとって有用な機能であると考えています。

Ginzametricsは自社サイトに加え、競合サイトの分析も自動的に行いますが、今回のソーシャルシグナル分析機能は、競合サイトのページのソーシャルシグナルも把握します。
これにより、自社サイトと任意の競合サイトの間で、順位、外部リンク、オンページの施策状況に加え、ソーシャルシグナルの状況も比較調査することができるようになります。

当社では、エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームGinzametricsに、新たにソーシャルシグナル分析機能を追加することで、大規模サイトや複数サイト抱える企業のSEO業務の効果改善を実現します。

Ginzametricsのソーシャルシグナル分析機能は、エンタープライズプラン、エージェンシープランに追加するため、オプション費用などは発生いたしません。

【Ginzametricsのコンセプト】

Ginzametricsは、大規模サイトや多数のWebサイトをもつ企業が抱える課題を解決するエンタープライズSEO管理&分析プラットフォームです。検索順位やコンバージョン数を自動で計測し、SEOページ内部施策における課題を自動抽出するため、WebディレクターやWeb担当者はより戦略的なSEO検討業務に時間を使うことが出来ます。
Ginzametricsは数万ワードを監視可能であり、多数のWebサイトを管理可能なため、大規模Webサイトや多数のWebサイトを抱える企業で、エンタープライズSEOを支えるプラットフォームとしてご利用頂けます。またGinzametrics管理画面は5言語、現在35カ国のマーケットに対応している為、グローバルに事業展開する企業のSEOマーケティングを支援致します。

■14日間無料トライアル

Ginzametricsを14日間無料でトライアル頂けます。
当サイト「料金プラン」ページからお申込頂けます。

【Ginzametricsの主な特徴】

1. 数万ワードの管理/分析に対応可能
数万ワード、また数十万ページの管理/分析が可能です。そのため大規模Webサイトや多数のWebサイトを抱える企業でも問題なくご利用頂けます。

2. グローバル対応
Ginzametrics管理画面は、日本語、英語、中国語、スペイン語、ロシア語の5言語に、また35カ国以上のマーケットに対応しています。グローバルにWebマーケティング/Webビジネスを展開する企業がグローバルSEOキャンペーンを一つのプラットフォームで管理/分析することが出来ます。

3. ミドルワードやテールワードにも対応
多くの企業では、SEO管理やレポーティングを手作業で行う為、一部のビッグワードのみ管理/分析することが大半です。Ginzametricsは各種データの集計作業やページ内分析を自動で行い、またキーワードを任意のグループ単位で管理/分析することができます。そのため、これまで難しかったミドルワードやテールワードの管理/分析に対応でき、ビッグワード以外でも戦略的なSEO施策を実施することが可能です。

4. タグ不要、アクセス解析ツールと連携
面倒な専用タグのWebページへの挿入は必要ありません。その結果5分以内で導入セットアップは完了します。キーワード別のサイト進入数/コンバージョン/売上げデータはGoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールのデータをインポートして利用します。

■Ginzamarkets株式会社について
アメリカのシリコンバレー(Mountain View)に本拠を置くスタートアップで、エンタープライズ向けのSEO管理/分析プラットフォームGinzametricsを開発/販売しています。Ginzametricsは世界30カ国以上で、グローバル企業、大手ECサイト、メディアサイト、リードジェネレーションサイト、代理店等で利用されています。アメリカで最も注目されるスタートアップ特化ベンチャーキャピタルであるYCombinatorのプログラムに参加(2010年夏)し、資金提供を受けています。

■会社概要

社名: Ginzamarkets株式会社
代表: 代表取締役社長 レイ・グリセルフーバー
所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21F
設立: 2010年5月(アメリカ法人)
事業内容:マーケティングSaaSのGinzametrics
URL:www.ginzametrics.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先

Ginzamarkets株式会社(ギンザマーケット)  担当:矢口
E-mail:hello-jp@ginzametrics.com

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
はてなブックマークはコンテンツマーケティング/SEOにおいて、どんな効果があるのか?
コンテンツ施策の評価指標(KPI)は自然発生外部リンク獲得」リクルートキャリア社小川氏、中平氏へのインタビュー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: GinzaMetrics情報.