【プレスリリース】大規模サイト向けSEOツールGinzaMetrics、キーワード毎の順位とランディングページ履歴との関係が分析できる「LP History」機能をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzamarkets株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)が提供する大規模サイト向けSEOツール『GinzaMetrics』は、2月1日、キーワード毎の順位とランディングページ履歴との関係が分析できる「LP History」機能をリリースいたしました。これにより、キーワード毎に、どのページがランクインした時に順位が上がりやすいかなど、順位とランディングページの関係が分析しやすくなります。

機能リリースの背景

SEOでは、キーワードの順位と合わせてランクインしているページをモニタリングすることが重要です。上位表示できていたとしても、狙ったページが狙ったキーワードでランクインできていなければ、適切な情報をユーザーへ提供できず、CTRの低下や直帰率が上がる、コンバージョンレートが下がるといったことにつながる可能性があります。また、順位自体も伸びづらくなることがあります。

大規模サイト向けSEOツール『GinzaMetrics』では、PLP(Preffered Landing Page)機能として、キーワード毎のランディングページが意図したページとなっているか自動チェックする機能を提供していました。今回、ご利用企業様からのご要望を受け、更にキーワード毎の上位ランディングページの推移を時系列で一覧表示する「LP History」機能をリリースいたしました。

機能概要

「LP History」機能は、モニタリングキーワード毎に、上位にランクインしたページの日付、URL、順位の履歴を一覧で表示します。本機能によりキーワード毎のランクインページの推移が時系列で把握できると共に、順位やCTR変化との関係も分析していただけます。

LP History
GinzaMetrics SERP Feature Trendチャート

今後も、大規模サイトのSEOモニタリング業務を行う上で、より有効なサービスに発展させるべく開発を進めていく所存です。

Ginzamarkets株式会社について

アメリカのサンフランシスコに本拠を置くスタートアップで、大規模サイト向けSEOツール『GinzaMetrics』を開発/販売しています。GinzaMetricsは世界65カ国以上に対応し、グローバル企業、大手ECサイト、メディアサイト、リードジェネレーションサイト、代理店等で利用されています。アメリカで最も注目されるスタートアップ特化ベンチャーキャピタルであるYCombinatorのプログラムに参加(2010年夏)し、資金提供を受けています。
社名: Ginzamarkets(ギンザマーケット)株式会社
代表: 代表取締役社長 レイ・グリセルフーバー
所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21F
設立: 2010年5月(アメリカ法人)
事業内容:マーケティングSaaSのGinzaMetrics

本リリースに関するお問い合わせ

Ginzamarkets株式会社 担当:野口
E-mail:hello-jp@ginzametrics.com

本リリースに関連する記事はこちら

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

“インハウスsoガイド”

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: GinzaMetrics情報.