【プレスリリース】コンテンツマーケティング&SEOツール「GinzaMetrics」、コンテンツ分析軸の多様化に応えるためコンテンツ分析管理機能をバージョンアップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzamarkets株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)が提供するコンテンツマーケティング&SEOツール『GinzaMetrics』は、6月30日、コンテンツ分析管理機能をバージョンアップしました。これにより、自社の分析軸に応じてコンテンツをグルーピングし、ソーシャルシグナルと外部リンクの分析等を網羅的にできるようになります。

機能リリースの背景

コンテンツマーケティングの浸透により、各社がWebサイトで管理するコンテンツ量が格段に増えました。またコンテンツの役割として、SEO流入と共に、ソーシャルメディア経由の流入・拡散による外部リンク獲得も重要視されています。

ソーシャルシグナルと外部リンクの分析では、大量にあるコンテンツを任意にかつ柔軟にグルーピングして分析できることが求められていました。

そこで今回、『GinzaMetrics』として、コンテンツのグルーピングをエクセルフォーマットで一括登録/編集できる機能にバージョンアップいたしました。これにより、様々な切り口で、ソーシャルシグナルとリンクの関係の分析が行いやすくなります。

機能概要

これまでも、コンテンツ分析管理用のグルーピングをディレクトリ単位のみでなく、自社の希望する分析軸で設定できましたが、今回、大量のコンテンツを一括で登録/編集できるようになりました。

コンテンツ分析管理のグルーピング
GinzaMetricsコンテンツ分析を任意のグループ単位で設定

グループの設定は、エクセル上で簡易に設定いただけます。グループは1つのコンテンツに対し5つまで設定可能です。

コンテンツ分析管理のグルーピングエクセルアップロード
エクセルでグルーピングを設計することで、大量コンテンツを簡易にグルーピング

今後も、コンテンツマーケティング/SEO業務を行う上で、より有効なサービスに発展させるべく開発を進めていく所存です。

Ginzamarkets株式会社について

アメリカのサンフランシスコに本拠を置くスタートアップで、大規模サイト向けSEOツール『GinzaMetrics』を開発/販売しています。GinzaMetricsは世界65カ国以上に対応し、グローバル企業、大手ECサイト、メディアサイト、リードジェネレーションサイト、代理店等で利用されています。アメリカで最も注目されるスタートアップ特化ベンチャーキャピタルであるYCombinatorのプログラムに参加(2010年夏)し、資金提供を受けています。
社名: Ginzamarkets(ギンザマーケット)株式会社
代表: 代表取締役社長 レイ・グリセルフーバー
所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21F
設立: 2010年5月(アメリカ法人)
事業内容:マーケティングSaaSのGinzaMetrics

本リリースに関するお問い合わせ

Ginzamarkets株式会社 担当:野口
E-mail:hello-jp@ginzametrics.com

本リリースに関連する記事はこちら

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

コンテンツマーケティング実践ガイド:ダウンロードページ

コンテンツマーケティングを実践するための手順をまとめたガイドです。コンテンツの調査、企画、効果検証まで幅広くまとめました。こちらのページからダウンロードできます。
コンテンツマーケティング実践ガイド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: GinzaMetrics情報.