競合サイトの “過去の” 自然検索順位(seoランキング)の調査機能をリリース。【Ginzametrics新機能リリース】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzametricsの新機能として、競合サイトの “過去の” 自然検索順位(seoランキング)の調査機能をリリースしました。

これまでのGinzametrics、また日本で利用される全ての無料/有料のSEO順位監視ツールは、特定ドメインについての “そのとき” の順位を計測するも、キーワードの “過去順位” を取得することはできませんでした。

具体的には、6月20日に順位計測する場合は、6月20日の順位を取得することは出来ても、
6月20日に、例えば4月15日時点の過去順位を取得することは出来ませんでした。

今回の機能リリースにより、競合サイト(任意の他社サイト)の過去キーワード順位を取得できるようになります。
上述の例に合わせると、6月20日に、競合サイトの4月15日時点の過去順位を取得することができるようになります。

競合サイトの “過去の” SEO順位調査機能の利用シーン

■ 自社サイトの順位が変動した際の、周囲のサイトの調査

Googleのアルゴリズム変更にせよ、他の理由にせよ、自社サイトの順位が大きく変動することがあります。
このような際、自社の属する周辺のサイトの順位変動の状況を把握することで、自社サイトのみに何かが起こったのか、それとも広く何かが起こったのか、把握することが出来ます。
これにより、その変動に対して静止しても方が良いか、速やかに追加の調査を行う方が良いか、判断がしやすくなります。

これまでは、他サイトの動向を調べたいとしても、”変動後”の状況しかわからず、判断材料が得られませんでしたが、
他社サイトの過去の順位調査機能により、”変動前”の他社サイトの動向を捉えることが出来ます。

■ 新興サイトの自社に与える影響のスピード感の調査

自業界の業界順位は誰しも把握するところですが、本当の脅威は他業界からの参入、新興サイトかもしれません。

CEOスタディ
IBM Global CEO study 2013より抜粋

例えば数年前の例で言えば、人材業界におけるリブセンス社。
旅行業界でも多くのバーティカルメディアが立ち上がっていますし、不動産業界でもベンチャーで実績豊富な人がここ数年で立ち上げたサイトが複数あります。

このような新興サイトは、自社と直接的な競合にはならないかもしれませんが、検索やソーシャルを通じた “ファインダビリティ” 上で露出を強め、業界エコシステム上で重要な位置づけになると、あなたの事業にも実質的な影響を及ぼす可能性があります。

何やら最近目にする新興サイト。
この新興サイトは、その成長スピードによって、何かしらウォッチ対象として対応を講ずるべきか、静止して問題ないか、対応も変わるでしょう。

追記

競合サイトの “過去の” 自然検索順位(seoランキング)の調査機能により、SEOの効果測定/分析に必要な機能を追加できたと考えております。
引続き、SEO実務/コンテンツマーケティングの実務に必要な機能拡充を進めてまいります。

競合サイトの “過去の” 自然検索順位(seoランキング)の調査機能の詳細は、当社までお問い合わせください。

SEOツールGinzaMetricsの無料トライアル

GinzaMetricsはSEOの改善を支援するSEOツールです。14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。

SEOツールGinzaMetrics無料トライアル

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選

ウェブ担当者のためのSEO施策30選_事例50選: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/seo-30-case-studies

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: GinzaMetrics情報.