日本最大級のメガネ通販“Oh My Glasses” を運営するミスタータディに エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームのGinzametricsを導入

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

Ginzamarkets株式会社(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー/東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)は、エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームであるGinzametricsを、日本最大級のメガネ通販“Oh My Glasses”を運営する株式会社ミスタータディ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:清川 忠康)に導入しましたのでお知らせいたします。

 

Ginzametricsホームページ: http://ginzametrics.jp/

Oh My Glassesホームページ:http://www.ohmyglasses.jp

 

ウェブサイトのSEO対策(検索エンジン最適化の対策)は、過去においては専門的な技術を要したため専門会社にアウトソースすることが大半でした。しかし昨今では、SEO対策の技術スキルを保有するウェブディレクターやウェブ担当者が増え、自社内でSEO対策を実施する(インハウスSEO)企業が増えています。

インハウスSEOを円滑に行うために、多数のキーワード順位や流入数の監視や競合サイトの監視を自動化し、社内レポーティングやSEO分析を支援するソフトウェアが求められています。

 

Ginzamarkets株式会社は、株式会社ミスタータディにエンタープライズSEO管理&分析プラットフォーム「Ginzametrics」を導入し、SEO施策と効果把握を支援いたします。

Ginzametricsの利用により、数千のキーワードの順位やコンバージョンデータを自動取得でき、ビジネスインパクトのあるミドルワード/テールワードの把握が可能になるため、今後のウェブマーケティング施策の成功の一助になるものと考えております。

 

株式会社ミスタータディ 取締役COO 六人部氏は、次のように語っています。

「弊社はデータをベースに短いスパンで迅速に仮説検証を行なっていくことを基本としています。SEO施策を自社内で実施していく上で、Ginzametricsの効率性やミドルワード・テールワードまで管理可能である点を評価して採用致しました。インハウスSEOを実施していく上でGinzametricsは最適なソリューションといえます。」

 

今後もGinzamarketsでは、エンタープライズSEOの効率的な業務運用と、SEO成果を上げられるよう支援する活動を行っていきます。

 

【株式会社ミスタータディについて】

株式会社ミスタータディは、世界中のメガネの中から、お客さまに合った”運命の1本”をお届けするために生まれたメガネ通販“Oh My Glasses”を運営しています。試着が必要、サイズ合わせを要ることなどから、”通販は難しい”と言われてきた業界の常識をOh My Glassesの革新的な顧客サービスで打破し、緩やかに縮小する国内眼鏡市場及び世界に誇る鯖江の眼鏡技術の活性化に少しでも役立ちたいと思っております。

株式会社ミスタータディのホームページ:http://www.mrtaddy.com/

メガネ通販Oh My Glassesホームページ:http://www.ohmyglasses.jp

 

 

【Ginzametricsの主な特徴】

1.タグ不要、アクセス解析ツールと連携

面倒な専用タグのWebページへの挿入は必要ありません。その結果5分以内で導入セットアップは完了します。キーワード別のサイト進入数/コンバージョン/売上げデータはGoogleAnalyticsやSiteCatalystなどのアクセス解析ツールのデータをインポートして利用します。

 

2.数十万ワードの管理/分析に対応可能

数十万ワード/数十万ページの管理/分析可能です。そのため大規模Webサイトや多数のWebサイトを抱える企業でも問題なくご利用頂けます。

 

3.グローバル対応

Ginzametrics管理画面は、日本語、英語、中国語、スペイン語の4言語に、また35カ国のマーケットに対応しています。グローバルにWebマーケティング/Webビジネスを展開する企業がグローバルSEOキャンペーンを一つのプラットフォームで管理/分析することが出来ます。

 

4.ミドルワードやテールワードにも対応

多くの企業では、SEO管理やレポーティングを手作業で行っている為、一部のビッグワードのみ管理/分析することが大半です。Ginzametricsは各種データの集計作業やページ内分析を自動で行い、またキーワードを任意のグループ単位で管理/分析することができます。そのため、これまで難しかったミドルワードやテールワードも対応でき、ビッグワード以外でも戦略的なSEO施策を実施することが可能です。

 

■Ginzamarkets株式会社について ( http://ginzametrics.jp/ )

アメリカのシリコンバレー(Mountain View)に本拠を置くスタートアップで、エンタープライズSEO管理/分析プラットフォームGinzametricsを開発/販売しています。Ginzametricsは世界30カ国以上で、グローバル企業、大手ECサイト、メディアサイト、リードジェネレーションサイト、代理店等で利用されています。アメリカで最も注目されるスタートアップ特化ベンチャーキャピタルであるYCombinatorのプログラムに参加(2010年夏)し、資金提供を受けています。

 

■会社概要

社名:      Ginzamarkets株式会社

代表:     代表取締役社長 レイ・グリセルフーバー

所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21F

設立:     2010年5月(アメリカ法人)

事業内容:マーケティングSaaSのGinzametrics

URL:    http://ginzametrics.jp/

 

■本リリースに関するお問い合わせ先

Ginzamarkets株式会社(ギンザマーケット)  担当:矢口

E-mail:hello-jp@ginzametrics.com

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO&コンテンツマーケティング事例.