Pinterest(ピンタレスト)の分析ツール『Pinpuff』の使用レポート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

pinterest
先日Pinterest分析ツールの『PinReach』を使ってみました(Pinterest分析ツールの『PinReach』を使ってみました)が、別のPinterest分析ツール『Pinpuff』があったためそちらも使ってみて、その内容をまとめます。

20歳のインド人女子大生が作ったPinpuff

Pinpuffはインドでコンピューターサイエンスを専攻するインドの20歳の大学生のAmmrita Sharmaが作ったPinterest分析ツールです(本人Pinterestアディクトだそうです)。
Pinterest上の人気、影響度、リーチを把握し、PinfluenceスコアというKloutライクなスコアリングをし、またユニークなのが金銭価値を算出することで、pinあたりの金銭価値やCPCを算出しています。

メディアではKlout for Pinterestと報じられていますが、サイトに「We are not Klout for Pinterest. That’s just one of the features at Pinpuff」とあり、Kloutと一緒にするなという意気込みを感じます。
ユーザー数は3月2日時点ではプライベートβで1000ユーザーのみでしたが、3月6日のスタッフブログによると、登録ユーザーは10000人を超えたようです。

PinPuffの今のPinterest分析機能

Pinpuffの利用は非常にライトで、メールアドレスとPinterestユーザーネームを入れるだけで結果表示します。

pinpuff top

結果ページは非常にシンプルです。その先にスコアプロファイルがあります(1画面ずつ作ってるのでしょうね)。

pinpuff result

スコアプロファイルページには、まず上部に3つの金銭価値指標が並んでいます。
その下にリーチ指標、アクティブ性指標、バイラル指標が並びます。
私の場合、登録してからほとんど使っていなかったのでどれも低いです。

そしてその合計指標として、Pinfluenceスコアが右上に表示されます。
このスコアは、現在の平均スコアは32で、50以上は良いスコアとされ、70以上だとPinterestセレブリティだそうです。
この数値はブランドパーセプションと関連して説明されており、個人ブランディングを意識したかのような点数付けがされています。

pinpuff score profile

PinpuffでもPinReach同様に、他の人のスコアを見ることができます。

ビジネスユースを意識するPinpuff

ここまで見ると個人ユーザーが楽しくためのPinterest分析ツールに見えますが、Pinpuff for Businessページがあります。

pinpuff for business

利用していないため詳細はわかりませんが、初期3ヶ月50%ディスカウントとありますので有償ツールのようです。ただ価格がいくらかは不明です。
(入力フォームで月額予算を聞くあたり、文化的な違いと言いますか、学生ならではと言いますか、笑)

現在100ユーザー限定のようですので、ご興味ある方は是非にです。

Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選

ウェブ担当者のためのSEO&コンテンツ施策30選_事例50選:http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/seo-30-case-studies

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.