アドテクノロジー9つのトレンド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

9月14日開催の「Ad Innovations Conference」では、YCom出身のアドテクノロジー系企業19社によるプレゼンが行われましたが、そのカンファレンスのはじめに、ポールグラハムからアドテクノロジーの9つのトレンドについて話がありました。

  1. タブレットがより重要に。テクノロジーによるアドイノベーションの可能性。
  2. あらゆるデータがクラウド上に。
  3. より多くの領域でのP2Pサービス。(Airbnb vs 伝統的ホテル等)
  4. より多くのスタートアップ。スタートアップとの協業の必要性。
  5. Facebook上ビジネスの拡大。
  6. より多くの会社がソフトウェアビジネスへ移行。
  7. ターゲティング広告がより精緻/正確に。
  8. 計測や効果測定がより重要に。
  9. ゲームがムービーのブランチのように進化したのと同様な道を広告をたどるかもしれない。
    日本のインターネットの世界では、アメリカで利用され主流となったものが、その2,3年後に日本にも取り入れられることが多いです。先を見据え、今から情報収集/利用しておくのも良いと思います。

参考:プレゼンをした19社の一覧はこちら。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.