シリコンバレースタートアップのグローバル展開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

最近、日本のスタートアップ界隈も賑やかになってきました。会社やサービスの立ち上げ直後からグローバル展開を目指す企業も少なくなく、良い傾向だなと感じます。弊社Ginzamarketsもグローバルに展開しており、弊社の様子を日本の方にお話しすると大体驚かれます。現時点での弊社の状況を説明したいと思います。

拠点/社員

Ginzamarketsは現在10人未満のスタートアップですが、開発拠点/販売拠点含め世界に4カ所あります。アメリカのマウンテンビュー、東京、インドのデリー、ポーランドのワルシャワです。メンバーには台湾人やオーストリア人もいます。

skype-ginza.png

多国籍化していることにより世界の各エリアの情報が得やすく、グローバルで使える製品の開発に役立っています。開発の中心はシリコンバレーですが、だからといってシリコンバレーでの採用を重視しているわけではありません。世界は広いです。シリコンバレーだから優秀なエンジニアがいるというわけではなく、優秀なエンジニアは世界中におり、日本でも何人もの優秀なエンジニアにお会いしたことがあります。国籍は一切関係なく、今後も世界中から優秀な方にジョイン頂きたいと考えています。腕に自信のあるRubyエンジニアの方は是非連絡してください。また日本では、顧客満足度の向上をミッションとする役割やセールスマーケティングの役割の方を募集しています。

ginzametrics-global

製品(Ginzametrics)

Ginzametricsは、多数のグローバルマーケットで同時に展開するSEOキャンペーンを管理することができるSEOプラットフォームです。現在22カ国に対応しています。その国とは、アイルランド、アルゼンチン、イギリス、イタリア、インド、オランダ、オーストラリア、カナダ、ギリシア、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、トルコ、ドイツ、ニュージーランド、フランス、ブラジル、ポルトガル、メキシコ、日本、米国です。各国のSEO特性に合わせ、対応検索エンジンとアドバイス機能(ページの内部施策のチェックと評価)をチューニングしています。近日中に中国/台湾でも利用できるようになり、他のアジアの国も順次対応させていきます。

お客様/マーケット

大変ありがたいことに、現在世界で数千のアカウントがあり約20カ国のお客様にGinzametricsをご利用頂いています。様々なお客様にご利用頂き、各マーケットのアドバイスを頂くこともしばしばあります。その中でも日本のお客様/日本市場は弊社にとって極めて大事です。Ginzametricsは、基本的には日本生まれシリコンバレー育ちの製品ですが、最近では特に日本のお客様からのアドバイスを頂いております。そのアドバイスは先進的かつ細やかなものも多く、うまく製品に取り入れてアメリカ他のマーケットにも提供していきます。

いつもGinzametricsをご利用頂きありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.