コンテンツマーケティングで来訪者とのエンゲージメントを高めるTips事例40選(資料無料ダウンロード)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

EngagementEbook

潜在顧客との接点を持つために、オウンドメディアを中心とする記事コンテンツの展開が様々な業界で活発になっています。オウンドメディアの場合、それ自体で収益化をするよりも、本体サービスの関連予算で展開することが多いため、集客経路としては、広告経由よりも、自然検索・ソーシャルメディア経由での流入が中心となるのが一般的です。

その観点からオウンドメディアの記事コンテンツはSEO・ソーシャル拡散を考慮したテーマ設定・制作・効果測定がされるものですが、一定期間運用を続け、流入数が増えてくると、次に「コンテンツ来訪者とのエンゲージメントを高めるにはどうしたらいいか?」という壁に当たると言われます。

自然検索・ソーシャル経由での流入があったとしても、1記事読んで”さようなら”であれば、潜在顧客とのリレーション構築は難しいでしょう。初回来訪時にどれだけ印象を残せるか、その際に他のコンテンツを閲覧してもらえるのか、リピート訪問を促せるのか、ソーシャルでシェアしてもらえるか、コンタクト先を得られるのか。エンゲージメントを高めるための、各社の努力がみられるポイントとなります。

そこで今回は、オウンドメディア構築を検討している方、また運用中の方向けに、下記5つの視点について、工夫している40事例を集め解説しました。

1. オウンドメディアの印象を強く残すためのTips
2. 来訪ユーザーに他コンテンツも閲覧してもらうためのTips
3. リピーター化してもらうためのTips
4. ソーシャルメディアでコンテンツに関わってもらうためのTips
5. 継続的な関係を維持するためのTips

コンテンツマーケティングにおけるエンゲージメントの位置付けについてはこちらでご紹介しています。
http://www.ginzametrics.jp/blog/content-marketing-engagement

コンテンツ来訪者とのエンゲージメントを高めるTips事例40選 資料無料ダウンロード

1. オウンドメディアの印象を強く残すためのTips

自然検索・ソーシャルメディア経由で流入した場合、来訪ユーザーに対し、サイトの印象をより強く残しておきたいものです。ここではサイトのデザイン、キャラ、コンテンツタイトル等で工夫している8サイトの事例を集めました。

事例8サイト:プロポーズゼクシィ、経理キャラナビ、ビジョナリー、TOYO INK 1050+、RedBull.com、cake.tokyo、ドアラジオ

(例)

サイトトップの迫力のあるデザイン、レッドブル独自のアドベンチャーコンテンツ(「超危険な火山撮影に挑んだ男」「アイガー北壁最難関ルートに挑む女性クライマー!」等)のユニークさでサイト来訪時の印象を強めています。

2. 来訪ユーザーに他コンテンツも閲覧してもらうためのTips

コンテンツにたどり着いてくれたユーザーとの接点をできる限り長く保つために、ユーザー興味に沿う関連コンテンツの閲覧を誘導したいものです。多くのサイトで関連コンテンツのリンクは表示しているものですが、リンクの表示位置、誘導する文言、タグ単位での誘導、画像活用等、各社独自の工夫がみられる11サイトの事例をご紹介します。

事例11サイト:イエマミレ、こそだてハック、ナースときどき女子、TABI LABO、イクシル、Emmary、LIGブログ、CARRER HACK、マイカジスタイル、フムフム、geechs magazine

(例)<イエマミレ>

一般的に、関連コンテンツやオススメコンテンツはページ下部にリンクを貼ることが多い中、イエマミレでは、自然検索経由での流入でも他コンテンツへ誘導できるよう、お役立ち記事ランキングをコンテンツ下部だけでなく、上部に配置しています。

3. リピーター化してもらうためのTips

一度サイトに訪問してもらったら、再度訪れてもらうための仕掛けを用意したいものです。各社が頭を悩ませるところでもあると思いますが、今回はコンテンツ自体で再来訪を促す取り組みをしていると思われる6サイトの事例をご紹介します。

事例6サイト:ベビータウン、経理プラス、エンジニアタイプ、ホメ髪.com、Woman type、SUUMOジャーナル

(例)<ベビータウン>

赤ちゃんの月齢別育児の情報を大辞典としてコンテンツ展開。成長の度に変わる悩みに応えることで、定期的な再来訪を促し、ユーザーとのエンゲージメントを高めています。

4. ソーシャルメディアでコンテンツに関わってもらうためのTips

コンテンツをソーシャルメディア上でシェアやブックマークするというアクションを行ってもらうことで、ただコンテンツを閲覧するよりも、コンテンツへの関与度を高める事ができます。それが結果として、オウンドメディアや運営企業へのエンゲージメントにもつながっていくと考えられます。コンテンツをシェアしてもらうために工夫している8サイトの事例を集めました。

事例8サイト:STYLE HAUS、FASHION HEADLINE、みんなのごはん、美肌総合研究所、TOWN WORKマガジン、しらべぇ、レバテックタイム、おうちマガジン

(例)<おうちマガジン>

各コンテンツのソーシャルボタンの表記としてアイコンを用いることが多い中、各ソーシャルメディアでのアクションを促す文言をボタンに使用しています。

5. 継続的な関係を維持するためのTips

継続的なリレーションを築くために、メルマガ配信やソーシャルメディアでのプッシュ配信は有効な手段です。メールアドレスやソーシャルメディアアカウントのフォロワーを得るための工夫として、ダウンロードコンテンツやプレゼントでのメアド登録やコンテンツによる会員登録、ソーシャルのつながりを誘導する9サイトの事例をご紹介します。

事例9サイト:マイレピ、Doctors me、ニキペディア、HOME’S PRESS、経理キャラナビ、freshtrax、TABI LABO、Woman type、レバテックタイム

(例)<ニキペディア>

ニキビの悩みを解決するためのドクターズアドバイスE-BOOK化し、メアドを取得。ニキビにフォーカスしたオウンドメディアならではのE-BOOKと言えます。

コンテンツ来訪者とのエンゲージメントを高めるTips事例40選 資料無料ダウンロード

GinzaMetrics無料トライアル

GinzaMetricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。
無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

コンテンツマーケティング実践ガイド:ダウンロードページ

こちらのページから資料ダウンロードできます。
http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/content-marketing-guide
コンテンツマーケティング実践ガイド

GinzaMetrics Facebookページ

コンテンツマーケティング&SEOの役立つ情報を随時発信しています。Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

 

 

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
・コンテンツマーケティングの事例まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.