Crowdbooster(クラウドブースター)を当社でどのように活用しているか

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

当社は、コンテンツマーケティングのコンセプトのもと、マーケティング活動を行っていこうと考えています。その活動の一つとしてTwitterを用いており、その分析ツールとしてはCrowdboosterを利用しています。

まだまだ未熟ではありますが、現在どのようにCrowdboosterを利用しているかをまとめます。

当初把握したいと思っていた指標

Twitterの分析について、当初は次の4つの指標をチェックしたいと思っていました。

①フォロワー数の増減推移
②ツイート単位のRT数×RTした方のフォロワー数
③ツイート単位のURLクリック数
④クリック後、当社サイトを2ページ以上見たフォロワー

①フォロワー数の増減推移

最も基本的な指標として、フォローワー数の増減の推移を見ています。
「Follower Growth」機能をチェックし、順調にフォロワーの方が増えているか確認しています。

Clowdbooster1

フォローワーの方が減ったり、しばらく横ばいの場合、良いコンテンツが提供できてなかったか・・・と反省します。
フォロワー数の増減を示す「↑」「↓」があり、それをマウスオーバーすると対象ツイートが表示される機能があると嬉しいですが、やむなしです。

②ツイート単位のRT数×RTした方のフォロワー数

コンテンツマーケティングを行う以上、一つ一つのツイートやブログ記事がフォロワーの方に役立つものでありたいと考えています。そのためツイート単位のRT数を把握したく、また折角ならどの程度の方に広がったか把握したいものです。
その為に「Impression」機能をチェックしています。

crowdbooster2

縦軸はRT含めた延べインプレッション数、横軸はRT数で、バブルチャート(バブルの大きさはリプライ数)で一目で分かって便利です。
表形式に切り替えることができ、インプレッションやRTでソートすることで、どういったツイートが役に立ったかわかります。
ちなみに、RTは多分公式RTだけをカウントし、非公式RTはカウントしていないようです。非公式RTもカウントして欲しいなと思います。

crowdbooster3

まだTwitterを始めて日が浅く、判断の役に立つレベルの情報が集まっていませんが、先々はどういう内容をブログに書くか判断する材料の一つとして、この指標を利用したいと考えています。RTして頂いている内容は、役に立つと判断頂いた内容と思われますからね。

③ツイート単位のURLクリック数

これは②同様、一つ一つの内容がどの程度フォロワーの方に役立っているかを把握する指標として考えます。(正確には、内容自体ではなく、ツイート文に書いたコピーがどれだけキャッチーであるか、ではありますが)
これはLink Informationという機能があるらしいですが、残念ながら私は見つけられていません。なくなったのでしょうか。

④クリック後、当社サイトを2ページ以上見たフォロワー

ツイートのリンクをクリックするだけではなく、リンク先で更に他のページを見るような方は、より当ブログや当社に興味を持って頂いているだろう、という推定のもと、この指標をチェックしたいと思っていました。
しかし、これを知るにはページに専用タグもしくはアクセス解析との連携が必要なはずですし、また個を特定する必要があるので、Crowdboosterではこの指標をチェックできませんでした。

Crowdboosterを使いはじめて便利と思った機能

Crowdboosterを利用してみて、記述のもの以外で便利なものも色々ありました。

■「Influential Followers」機能
フォロワー数が多いフォロワーを一覧にしたものです。

■「Top Retweeters」機能
指定期間のRTの多い順にフォロワーをリストする機能です。RT数だけでなく、延べインプレッション数や、特定のフォロワーがどのツイートをRTしたかまでわかります。ちなみにこの機能も、公式RTだけのようです。

crowdbooster5

Influential Followers機能とTop Retweeters機能は、どの方により情報を届けたいかを考える参考情報になります。当社はBtoBサービスであり、まだまだフォローワー数は少ないですので、直接面識のあるフォロワーの方も多いです。これら機能により、特にこの方に見て頂きたい!と考えることが出来ます。

■どの時間にツイートすべきか教えてくれる「Recommendations」機能

過去のツイートやフォロワーの方の活動時間などをもとに、何時にツイートすべきか教えてくれます。
フォロワーの方は何時くらいにツイッターに触れているのだろうと常々思っていたので、それがわかりとても便利です。予約ツイート機能もある為、ここぞという時間を狙ってツイートできますね。

crowdbooster6

■「Thanks」機能

フォロワーの方との良好な関係作りを支援する機能だと感じるのがこの機能です。
直近1週間でRTやメンションしてくださった方(Retweeters, Mentioners)を洗い出し、その方にThanksツイートをすることができます。
「#FF」というハッシュタグが自動でつきます。「Follow Friday」の省略で、自分がお勧めするユーザーをお薦めするもので、英語圏ではよく使われます。

crowdbooster7

■有料版の機能

無償版にはついていない機能は、「CSVレポート」機能と、「予約レポート配信」機能です。
当社のようにこじんまりと運用する場合は必要ありませんが、自社内でのレポーティングが必要な企業様、お客様に報告する必要がある代理店さんなどには必要な機能ですね。

■これがあったらうれしいのに

「Top Retweeters」機能があるのなら「Top URL Clickers」機能も欲しいなと思います。私が当初チェックしたいと考えていた④と近しいものですし、「Top Retweeters」機能の画面に付け加えてくれればいいのになと思います。

結論

無償版で必要と思える指標が大体取得でき、良いツールだと思います。UIは英語に限定されますが、シンプルなUIでマニュアルを読まずとも大体どういった機能かわかるので、英語が多少読める方であれば全く問題なく業務に利用できると感じます。

ちなみに、Crowdboosterは当社と同じくYCombinator出身企業です。
彼らも期待されるアドテクノロジー系のスタートアップの1社ですので、是非よりよりツール作りに頑張って頂きたいと思いますし、当社も彼らに負けぬよう、よりよいツールを作り、お客様のWebマーケティング業務を支援していきたいと考えています。

(YCombinatorについては、こちらのTechCrunchさんの記事に詳しく書かれてます。http://jp.techcrunch.com/archives/jp20101013about-ycombinator/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: コンテンツマーケティング.