コンテンツマーケティング調査レポート2016年版

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

日本におけるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2016年版のBtoC向け調査を実施しました。調査実施は2016年1月、151名のマーケター(内、企業規模100名以上が66%、)の回答によるレポートとなります。

※2014年版、2015年版の調査レポートはこちらよりご覧いただけます。
日本のBtoC企業のマーケター約100名によるコンテンツマーケティング調査レポート(2014年)
http://www.ginzametrics.jp/blog-content-marketing-research-japan-2014
日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版
http://www.ginzametrics.jp/blog/content-marketing-research-japan-2015

2014年から2015年にかけての変化に比べ、2015年から2016年では変化が大きく、コンテンツマーケティングを活用している企業が54%から70%と大きな伸びがありました。また、推進にあたっての体制は「社内とアウトソースの併用」が依然多く6割を超え、アウトソースする業務として「コンテンツ制作」が76%から94%まで増えました。ディレクションは社内でしつつ、制作を外注する体制構築がより進んでいることが伺えます。

具体的な調査項目・結果についてご紹介します。

コンテンツマーケティングを活用している企業はどれくらい?

コンテンツマーケティングを活用している企業は70%、活用検討中企業は25%、活用していない企業は5%となりました。2015と比べ、活用している企業が54%から70%へと大きく増えました。コンテンツマーケティング推進を検討していた企業が、実際にマーケティング活動に取り入れたと考えられます。
Q1_2016

コンテンツマーケティングを活用する目的で一番多かったのは?

コンテンツマーケティングを活用する目的の第1位は「SEO(自然検索の流入増)」。割合も63%となっています。目的の第2位は「Webトラフィック獲得」、第3位が「コンバージョン」となり、上位3つの項目は2015年と同じになります。また、「エンゲージメント向上」が2015年の21%から35%へと増えました。
Q2_2016

コンテンツマーケティングのKPI上位3つは?

コンテンツマーケティングのKPIは第1位「Webトラフィック」、第2位「コンバージョン」、第3位「SEO順位」となりました。こちらの上位3項目は2015年と同じ結果です。
Q3_2016

コンテンツをプロモートするために活用しているソーシャルメディア上位3つは?

2015年の上位3つは、Facebook、Twitter、Youtubeでしたが、2016年ではFacebookが82%、Twitter60%、そしてYoutubeに変わり、Instagramが20%となりました。2015年ではInstagramは6%に留まっていたことから、企業がエンゲージメント向上の取り組みを推進している兆候がみられます。
Q4_2016

コンテンツマーケティングを推進する体制は?

継続してコンテンツを展開していくために、体制構築は重要な要素となります。回答結果としては「社内とアウトソース」が61%、「社内(既存メンバーのみ)」が32%、「社内(外部から採用)」が6%、「アウトソースのみ」が1%となりました。2014年から2015年にかけての変化と同じく、「社内とアウトソース」の比率が上がり、「社内のみ」での体制が減る傾向にあり、ディレクションを社内でしつつ、業務をアウトソースして体制が主流になっていると考えられます。
Q5_2016

アウトソースしている項目は?

コンテンツマーケティングをアウトソースするに当たり、その項目として圧倒的に多いのが「コンテンツ制作」で91%、「企画」が32%、「プロモート」が9%、「運用」が9%となりました。制作リソースを社内に抱えず、アウトソースする体制構築が2015年以上に進んでいると考えられます。
Q6_2016

コンテンツマーケティング推進に当たり困っていることは?

コンテンツマーケティング推進に当たっての課題上位3つは「企画力/編集スキル/ノウハウ不足」、「リソース不足」、「KPI測定/パフォーマンス評価」となりました。上位3つの項目としては2015年と同じです。「社内/上司の理解」に対する課題は11%に留まっていることより、社内でも推進に対する理解は広まっている模様です。
Q7_2016

コンテンツマーケティング調査レポート概要資料

本調査レポートは、2016年1月に当社が実施した、コンテンツマーケティング調査レポートの内容を用いています。slideshareにて資料をご覧いただけます。
■コンテンツマーケティング調査レポート2016年版
http://www.slideshare.net/ginzametrics_jp/btoc2016

「Ginzametrics」はコンテンツマーケティング展開を支援します

Ginzametricsは自社コンテンツの自然検索流入・ソーシャル拡散をマネジメントできるコンテンツマーケティング&SEOプラットフォームです。競合比較も可能です。14日間無料トライアルを提供しておりますので、ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、初期設定に5分もかかりません。)

コンテンツマーケティング実践ガイド

コンテンツマーケティングで成果を上げていくためには、マーケティング戦略にもとづいたコンテンツの設計、そしてそれを実践するための業務プロセス作りが必要となります。自社ウェブサイトを中心としたコンテンツマーケティングを実践するための考え方や方法を紹介するガイドをまとめました。

『コンテンツマーケティング実践ガイド』の資料ダウンロードはこちら: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/content-marketing-guide
コンテンツマーケティング実践ガイド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.