2013年 BtoC企業のコンテンツマーケティング利用動向調査 サマリー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

先日、Content Marketing Institute と MarketingProfs から、「2013 B2C Content Marketing Benchmarks, Budgets and Trends (BtoCの2013年 コンテンツマーケティング調査レポート)」が発行されました。

BtoC領域におけるコンテンツマーケティング事例は複数あるも、まとまった調査レポートは多分初めてだと思います。

このレポート発行主でもある JOE氏より、このレポートの翻訳/利用許可を得られたため、2013年 コンテンツマーケティング調査 サマリーとしてまとめます。

2013年 コンテンツマーケティング調査 サマリー

コンテンツマーケティング利用度合い

・86%のBtoC企業がコンテンツマーケティングを利用/導入している。

・平均して12の手段を用いている。従業員1万人以上の会社は平均16の手段を、小規模の会社では平均10の手段を用いている。

・利用施策のトップ5は、ソーシャルメディア(84%)、自サイトへの記事掲載(84%)、eニュースレター(メルマガ)(78%)、ビデオ動画(70%)、ブログ(69%)。次いでイベント開催(63%)、他サイトへぼ記事掲載(61%)の利用度合いが高い。

content marketing usage

・BtoB企業の施策と比較して、BtoCではモバイルコンテンツ、モバイルアプリ、紙媒体のマガジンやニュースレターの利用が多く、逆にケーススタディ、ホワイトペーパー、ウェビナー、調査レポートの利用は少ない。

・利用されるソーシャルメディアのトップ5は、Facebook(90%)、Twitter(69%)、TouTube(65%)、LinkedIn(51%)、Google+(41%)。

【清水私見】大企業では平均16の手段が用いられているのは、正直私の想像以上でした。日本企業と比較してYouTubeと動画の利用度合いは、かなり高いように感じます。
また、やはりBtoCでは、ケーススタディ、ホワイトペーパー、ウェビナー、調査レポートの利用は少ないですね。

参考:動画によるコンテンツマーケティングとは? 海外主要ブランドが提供する動画コンテンツ10選+α

コンテンツマーケティングの目的と効果指標

・コンテンツマーケティングのゴールは、顧客のリテンションとロイヤルティ獲得(77%)、顧客獲得(75%)、ブランド認知(74%)、エンゲージメント(66%)、ウェブサイトへのトラフィック(61%)がトップ5。

content marketing goal

・効果把握の指標としては、ウェブサイトへのトラフィック(62%)、売上(55%)、ソーシャルメディアでのシェア(52%)、ウェブサイト滞在時間(43%)、顧客からのフィードバック(42%)が用いられている。

【清水私見】別の調査である「 Content Marketing Survey Report 2012」によると、コンテンツマーケティングのパフォーマンスを計る指標としては、サイト訪問者数(88%)、訪問あたりPV数(76%)、PV(71%)、サイト滞在時間(67%)などが用いられており、直接獲得型の施策とは別の目的、別の指標で認識/実施されていることがわかります。

コンテンツマーケティングの予算と制作

・マーケティング予算の28%がコンテンツマーケティングに振り分けられている。

・先12ヶ月のコンテンツマーケティング予算は、55%が増加すると回答し、減らすと回答したのは3%。

content marketing budget

【清水私見】本当にマーケティング予算の平均28%も使っているのか、、、と感じる部分はありますが、コカ・コーラやP&Gのコンテンツへのシフトを鑑みると、本当にそうなのかもしれません。

・コンテンツ制作は53%がインハウスのみで行っており、44%がインハウスとアウトソースの併用。アウトソースのみに頼っているのは2%のみ。

・大企業ほどコンテンツ制作のアウトソース度合いが高く、BtoB企業のそれよりも高い割合。

コンテンツマーケティングの課題と現状の効果

・コンテンツマーケティング推進上の課題のトップ5は、予算不足(52%)、コンテンツ制作の量(51%)、エンゲージメントを構築するためのコンテンツの種類(49%)、バイラルコンテンツの制作(42%)、コンテンツの効果測定(41%)。

content marketing challenge

・コンテンツマーケティングを効果的に行えていると回答したのは32%。大企業の方が効果的に行えていると感じる割合が高い。

今回の調査対象

・今回の調査は、北米企業のマーケター354人の回答が元になっており、業界や企業サイズは以下の通り。

調査対象

まとめ

日本語で得られるコンテンツマーケティングの情報はBtoBが多い(この領域のブログを書く人のほとんどBtoBビジネスをしており、BtoBの方がしっくり来る、というのはあると思います)ですが、BtoCでも着実に広がりをみせているのかな、と感じるレポートでした。

当社でも少しずつ情報を集めて、適宜ブログ記事として紹介したいと思います。

 

Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選
 

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
コンテンツマーケティングの全体像:戦略や事例から制作や効果測定まで
コンテンツマーケティングとは何か?、なぜコンテンツマーケティングなのか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: コンテンツマーケティング.