【US調査レポート2014】コンテンツ評価1位はWebトラフィック、企業規模1000人以上のBtoB企業におけるコンテンツマーケ利用実態

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

コンテンツマーケティングをマーケティング活動の一環として活用することが、日本企業にも浸透してきました。今後、日本でどのように発展していくかを知るには、日本よりも早くから取り組まれているUSを参考にするのが適切だと考えます。

よって今回は、コンテンツマーケティング・インスティテュートが2014年に実施した、企業規模1000人以上のBtoB企業におけるコンテンツマーケティング実態調査レポートについてご紹介します。

コンテンツマーケティング戦略は明確化されているか?

コンテンツマーケティング戦略が明確化されている企業は41%、そうでない企業は47%、わからないが10%という結果となっています。明確化されている比率が少ない印象も受けますが、調査対象が1000人以上の企業規模であることもあり、コンテンツマーケティングに関わる担当部署(企画/制作/システム/広報等)が多いことも、その一因かもしれません。

コンテンツマーケティングのゴールは?

コンテンツマーケティングの目的は、1位がブランドアウェアネス、2位がリード獲得、3位がソートリーダーシップとなっています。
2位、3位はマーケティングオートメーション化を進めるBtoB企業の調査レポートである特徴が出ていると言えます。

コンテンツマーケティングの評価指標は?

コンテンツマーケティングの評価指標1位はWebトラフィック、2位は獲得リードの質、3位はソーシャルメディアでの拡散となっています。SEO順位が6位に、ナチュラルな被リンク獲得が9位にあることより、コンテンツをオーガニック(自然検索)で広める取り組みが取られていることが伺えます。

コンテンツを届けるのに活用しているソーシャルメディアは?

コンテンツマーケティングにおいて活用しているソーシャルメディアは1位LinkdIn、2位Twitter、3位Youtubeとなっており、Facebook、Google+、Slideshare、Pinterest、Vimeoが続いています。こちらもBtoB企業の特徴を示していますが、FacebookよりもLinkdInが上位にあります。PinterestやVimeoの利用率が既に25%以上と高いことから、今後日本でも企業が活用することが想定されます。

コンテンツマーケティングの予算は?

マーケティング予算全体の内、25%以上をコンテンツマーケティングに配分している企業が26%となっています。予算配分がわからないと回答している人が全体の約3割であることから、実際には26%以上の企業がコンテンツマーケティングに予算配分している可能性もあります。※別の質問において、向こう1年でコンテンツマーケティング予算を増やす予定と回答した人が52%となっています。

本調査レポートのデータソースはこちらとなります。
http://contentmarketinginstitute.com/2014/04/enterprise-2014-content-marketing-research/

『コンテンツマーケティング事例30選』の資料ダウンロードはこちら: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/content-marketing-30-case-studies

「Ginzametrics」は自然検索のマネジメントを支援します

Ginzametricsは自社コンテンツの自然検索流入をマネジメントできるSEO&コンテンツマーケティングプラットフォームです。競合比較も可能です。14日間無料トライアルを提供しておりますので、ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、初期設定に5分もかかりません。)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
コンテンツマーケティングの全体像:戦略や事例から制作や効果測定まで
コンテンツマーケティングとは何か?、なぜコンテンツマーケティングなのか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.