コンテンツのディストリビューション 〜コンテンツをどう届けるか、どう見つけてもらうか〜

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

コンテンツは作る”だけ”では十分ではありません。コンテンツを”get found”されるためのディストリビューション/プロモートも良質コンテンツ制作と同じくらい重要。コンテンツのプロモートについての内容です。

コンテンツマーケティングと検索(SEO)、シェアラブルコンテンツ/バイラルコンテンツの作り方、ユーザー参加とプロモーター育成について、シェアラブル × クリッカブルというバイラルメディアの考え方、コンテンツ制作前から考えるプロモートと制作後のディストリビューションなどに関する情報をまとめています。

当ページは目次的な位置づけになるため、コンテンツマーケティングに関する各項目の詳細については、各リンク先のページ内容をご覧ください。

■コンテンツをプロモートすること 〜コンテンツを作る”だけ”では不十分〜

コンテンツをどうプロモートするか。コンテンツマーケティングとSEOとソーシャルと

【サマリ】
消費者にコンテンツを見つけてもらい、広めてもらうための活動は、大きく2つに分かれます。
1つは、見つけてもらい広めてもらう「力」を制作コンテンツそのものに内包すること。もう1つはコンテンツを意識的にプロモートすることです。

前者は、消費者の検索行動を意識したコンテンツ作りと、ソーシャルメディアでの広がりを意識したコンテンツ作りです。コンテンツマーケティングとSEO、コンテンツマーケティングとソーシャルです。ソーシャルでは、インフルエンサーやプロモーターの育成が鍵を握ります。

http://www.ginzametrics.jp/blog/content-marketing-blueprint4
バイラルで広がる動画コンテンツのメカニズム

【サマリ】
動画がバイラルで広まるためのポイントと言われる、1.流行を作る人、2.多くのユーザーの参加、3.意外性についての説明です。コンテンツのユーザー参加と二次創作は今後広まりを見せるのではないでしょうか。

http://www.ginzametrics.jp/blog/why-videos-go-viral
Web制作会社が主導するSEOで、Eコマースの収益を2.5倍に増やした具体例

【サマリ】
ECサイトの収益を、SEO施策によって2.5倍に増やした実例です。『大きな、時間のかかるプロセスではなく、小さな、焦点を絞った、反復的なプロセスを構築するべきである。加えた変更が効果的だった場合、変化をさらに大きな規模で実施する。思ったほど効果が高くなかった場合、規模を縮小 – またはその取り組みを中止する。』を実施したことが成功要因です。これをどのように実施できたかを説明しています。

http://www.ginzametrics.jp/blog/double-revenue-ec-seo
バイラルメディア「Upworthy(アップワーシー)」に学ぶ、バイラルさせるために大切な5つのこと

【サマリ】
コンテンツをバイラルさせるための5つの工夫を、Upworthy(アップワーシー)の実例からまとめています。“バイラル”を定義する、打率は超・超・超低いことが前提、タイトル命、シェアラブル&クリッカブル、コンテンツをプロモートするの5つ。それぞれの具体的なところは、こちらの記事にて説明しています。

http://www.ginzametrics.jp/blog/upworthy
ソーシャルメディア経由でコンテンツへのトラフィックを2倍にする方法とは

【サマリ】
制作コンテンツからトラフィックを増やすためにソーシャルメディアを活用。Facebook、Twitterなど、ソーシャルメディアへの投稿をまず2倍にしましょう。
ただその時に留意することがあり、その内容をまとめています。

http://www.ginzametrics.jp/blog/double-social-media-traffic/
Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選
《他の目次的ページへのリンク》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: コンテンツマーケティング.