コンテンツ制作とコンテンツマーケティングの運用(社内運用/アウトソース・外注)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

コンテンツの制作と、コンテンツマーケティングの継続的な運用についての内容です。

動画コンテンツやソーシャルバナーなどコンテンツの種類と事例、広告キャンペーンとコンテンツの違い、カスタマージャーニー起点のコンテンツ企画などコンテンツ企画の方法、コンテンツの実例、コンテンツのパートナーシップやアウトソースなど、コンテンツ制作とコンテンツマーケティング運用に関する情報をまとめています。

当ページは目次的な位置づけになるため、コンテンツマーケティングに関する各項目の詳細については、各リンク先のページ内容をご覧ください。

■コンテンツ制作とコンテンツマーケティングの運用

コンテンツマーケティングの基本。コンテンツの種類と事例

【サマリ】
コンテンツマーケティングのためには「コンテンツ」が必要になり、「企業視点で伝えたい情報」ではなく、「消費者にとって有用で消費者が求める」コンテンツです。

記事、ブログ、ケーススタディなど、コンテンツの種類はいろいろありますが、その中でもUSブランドが活用するのは動画です。共感を呼ぶような内容、企業や商品のブランド観を表現する内容、思わず笑ってしまう内容など、見応えのあるクオリティの高い動画が多く、視聴回数がウン百万、ウン千万なものもあります。

また、コーポレートサイトや商品サイトとは別に、自社「メディア」(オウンドメディア)を運用する企業もあり、商品情報やキャンペーン情報(企業視点の情報)ではなく、特定領域における消費者の課題解決やお役立ち情報、専門ニュースメディアともいえる情報(消費者にとって有用な情報)が豊富に揃えられています。歯磨き粉の世界トップシェアColgateやP&G事例を紹介します。

http://www.ginzametrics.jp/blog/content-marketing-blueprint2
ユーザーが関与するソーシャルコンテンツとは 〜なぜそれにはまるのかを探る〜

【サマリ】
ソーシャルバナー広告に、なぜ人ははまったのか、私の知人の実例(気持ちの動きと愛着の変化)を紹介します。コンテンツへの愛着、キャンペーンとコンテンツの違いなども感じられる内容です。

http://www.ginzametrics.jp/blog/social_content
カスタマージャーニーから取り組むコンテンツSEOの具体事例(旅行編)

【サマリ】
コンテンツ制作において、ユーザーに求められる役に立つものであることが肝要です。その際の”ユーザー”、”ユーザーが求めるもの”を検討するために、カスタマージャーニーのアプローチは有効です。カスタマージャーニーとコンテンツ制作の観点で、「いつかは客」へのイメージ向上アプローチコンテンツ、「そろそろ客」への自分ごとアプローチコンテンツ、「いまはまだ客」への学びアプローチコンテンツ、「どうしよう客」への感情アプローチコンテンツ、「もっと知りたい客」への比較アプローチコンテンツ、「いますぐ客」へのお得アプローチコンテンツ、を実例と共に紹介します。

http://www.ginzametrics.jp/blog/content-seo-strategy-travel
BtoC企業のWebマーケ/社内SEO担当者のための『SEO施策30選 & 実例50選』

【サマリ】
SEOの具体的な施策/具体的なアクションをまとめた情報や事例「SEO施策30選 & 実例50選」です。
様々な業種のコマースサイトから銀行サイト、旅行サイトから自動車サイトまで、「リンク獲得」「新コンテンツ」「ページ改良」「内部リンク」の4領域別に幅広く実例をまとめ、特にコンテンツは約20施策、30実例を取り上げます。

http://www.ginzametrics.jp/blog/seo-30-case-studies
SEOキーワード選定と効果測定の、よくある失敗と失敗を避けるための対応

【サマリ】
SEOで大事な業務であるSEOキーワード選定。ここで失敗すると取り返しがつかないのに、あまり注意されない業務です。
SEOキーワード選定における、良くある失敗とその回避策をまとめます。

「ビッグワードのみチェック」「流入トップ100をチェック」「前任が作成していたSEOレポートを踏襲」「自社サイトのみチェック」「キーワード単位でチェック」
1つでも当てはまるものがあったら、チェックしているキーワードの再検討をお勧めします。

http://www.ginzametrics.jp/blog/seo-keywords-research-failure-and-success
コンテンツ制作はどこにアウトソースする? 今後のコンテンツアウトソース先を勝手に予想!

【サマリ】
コンテンツマーケティングの実施にあたり、必ず必要になることの一つが “コンテンツ制作” です。BtoCでは全て社内で行うことは難しい場合が多く、アウトソース先が求められます。単なる記事ライティングだけでなく、今後求められるであろうアウトソース先/コンテンツ制作パートナーの種類を洗い出します。
コンテンツ制作パートナーを探す前に、自社にとってどういった位置づけのパートナーを探すべきかの参考情報になればと思います。

http://www.ginzametrics.jp/blog/outsourcing-content-creation
コンテンツへのSEO流入キーワードからユーザーニーズを把握する

【サマリ】
コンテンツ企画段階で、ユーザーニーズを想定してキーワード選定。コンテンツ制作/投稿後に、どんなキーワードからそのコンテンツにたどり着いているか、実績を元にユーザーニーズを把握。
このとき、想定しないキーワードが発見できることがあり、新たなユーザーニーズを掴むことができる。

http://www.ginzametrics.jp/blog/content-kw-user-need
Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選
《他の目次的ページへのリンク》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: コンテンツマーケティング.