情報収集中のユーザー向けに作成したコンテンツは自然検索で見つけられていますか?【旅行編】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

コンテンツマーケティングの一環として、見込み客との接点作りに、コンバージョン目的ではない、情報収集中のユーザー向けコンテンツを作る企業が増えています。

コンテンツを通じてユーザーとの関係性を構築するために重要なこととして、ユーザーが必要としているコンテンツを用意することと同じくらい、自然検索で見つけてもらうことが挙げられます。

今回は、旅行に行きたいけれど、行き先がまだはっきりしていない情報収集中のユーザーが、自然検索でどのようなコンテンツに出会うのかみていきたいと思います。

※自然検索結果は2014年5月16日時点の結果です。
※検索結果にはもちろんブログ記事等もありますが、今回は旅行会社のコンテンツに絞ってあります。

最近よく聞く”世界の絶景”コンテンツ

それがネットの記事なのか、テレビのコンテンツなのか定かではありませんが、最近、”世界の絶景”キーワードをよく耳にしませんか?
月間検索ボリュームは8000程度、ビーチリゾートの約5倍です。

「旅行で行きたいところもまだはっきりしていないし、よし、”世界の絶景 旅行”のキーワードで情報収集をしてみよう!」

さあ、どんなコンテンツに出会うでしょうか?旅行会社のコンテンツ上位5つを挙げていきます。

最初の出会いはクラブツーリズム

まず最初に出会ったコンテンツはクラブツーリズムの特集コンテンツ。ページ内はエリア別の構成となっており、1ページに情報をまとめています。

2番目の出会いはHISのコンテンツ

2番目に出会ったのはHISのコンテンツ。サブドメインで、一見HISとわからないような、ワイヤーフレームも全く別のスペシャルコンテンツとなっています。画面いっぱいに広がる画像から、”絶景”の世界感に惹き込まれます。

3番目に見つけたのはAB-ROAD

3番目に出会ったのは、AB-ROADのコンテンツ。基本、エリア別にページを設けていて、「世界三大絶景」等、エリア以外の切り口でも展開しています。

4番目に出会ったのはトラベルコちゃん

4番目の出会いは、トラベルコちゃんのコンテンツ。ページ構成はこちらもエリア別に1ページとなっています。

5番目に見つけたのは近畿日本ツーリスト

5番目に出会ったのは、近畿日本ツーリストのコンテンツ。こちらでは50選としてピックアップし、大きく自然編と建造物編に分かれています。

競合よりも先に、自社コンテンツを見つけてもらう必要性

上記に挙げた5つのコンテンツは全て、検索結果1ページ目に表示されていました。指名検索ではない場合、見込み客は自然検索結果の上位表示サイトから見ていくのが一般的です。
コンテンツのクオリティももちろん大切ですが、自然検索結果で競合に負けてしまっては、本来の目的を果たせるでしょうか?

ユーザーが必要としている情報をコンテンツとして提供すること、そして情報収集中のユーザーに競合よりも先に見つけてもらうこと、その価値を本記事でお伝えできれば幸いです。

Ginzametricsは自社コンテンツが自然検索で見つけられているかをマネジメントできるSEO&コンテンツマーケティングプラットフォームです。競合比較も可能です。14日間無料トライアルを提供しておりますので、ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、初期設定に5分もかかりません。)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選

ウェブ担当者のためのSEO施策30選_事例50選: https://info.ginzametrics.jp/seo-30-case-studies

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: コンテンツマーケティング.