コンペティターディスカバリーによる競合サイト把握

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEOにおいてコンテンツが重視されるようになって数年経過し、各社Webサイトのコンテンツを充実させることが標準的になりました。また、オウンドメディアの運営や、領域毎のキュレーションサービスが増えたこともあり、自社が競合するコンテンツが以前と比べて多様になっています。

更に、Googleのアルゴリズムは、ペンギンアップデート、パンダアップデートなどの大きなアップデートだけでなく、検索ユーザーのニーズを取り込みながら、日々変動しています。

こういった背景から検索エンジン上における競合他社の定義が難しくなりつつあります。

検索エンジン上の競合サイトを見つける方法

大規模サイト向けSEOツール「GinzaMetrics」のコンペティターディスカバリー機能では、自社が狙っているキーワードにおける検索エンジン上の競合サイトを見つけ出すことができます。

具体的には、自社がモニタリングしているキーワードを元に、同じキーワードで上位にランクインしているサイトを、調査し、何種類のキーワードやページで上位にランクインしているかや、ランクインしているキーワードの特徴などを示してくれます。

content_operation_flow
コンペティターディスカバリー機能 検索エンジン上での競合サイト調査

各サイトがSEO業務でモニタリングしているキーワードのうち何個のキーワードで上位を獲得しているか、そのキーワードの合計/平均検索ボリューム、平均順位、ファインダビリティスコアなどが集計されます。

サイトやコンテンツを立ち上げる前に、どういった競合サイトがどういったコンテンツを運用しているかを事前調査として把握することもできます。

サイト全体だけではなく、キーワード単位での競合サイトの発見もできます。自社にとって重要なキーワードにどういった競合サイトがいて、どんなコンテンツを発信しているかを把握することができます。例えば、下記は「account dashboard」のキーワードで上位表示しているサイトの一覧ですが、モニタリングワード全体で競合しているサイトとは顔ぶれが大きく異なります。

content_operation_flow
キーワード別での競合サイト一覧

キーワードグループ単位での競合サイトの把握も可能です。例えば、ファッションECサイトの場合、男性用アイテムと女性用アイテムでは、競合するサイトが異なるでしょうし、スカートとバッグでも、強敵となる競合は異なるでしょう。GinzaMetricsのコンペティターディスカバリーでは、こういったアイテム別、ブランド別、こだわり条件別などで設定したキーワードグループごとに、検索エンジン上での競合サイトを把握する事もできます。

content_operation_flow
キーワードグループ単位での競合サイト一覧

更にPCの検索結果とスマートフォンの検索結果での競合サイトの違いもモニタリングできます。現状、PCとスマートフォンでは大きくは異なりませんが、Googleの最近のモバイル重視の動きを鑑みて、チェックしておいても良いでしょう。

content_operation_flow
PCとスマホの検索エンジンの違いをチェック

コンペティターディスカバリーによる競合把握のまとめ

GinzaMetricsのコンペティターディスカバリーは、自社がモニタリング対象とすべき競合サイトの発見と見直しを支援する機能です。また、どういったサイトやコンテンツが評価されているかをモニタリングすることで、検索アルゴリズムの方向性の理解の助けにもなるかと思います。

正しい競合サイトが特定できれば、日々のSEOの意思決定精度も高まります。ぜひ、ご活用ください。

GinzaMetrics無料トライアルでコンペティターディスカバリー機能もご利用いただけます

コンペティターディスカバリー機能は、GinzaMetrics無料トライアルでご利用いただけます。タグ不要、サイトからのお申し込みのみでご利用いただけます。

本機能をお試しいただくに当たっての、トライアルお申し込み、設定の流れ(本機能使用に必要なもののみ)は以下の通りです。
・無料トライアルのプランを選んでWebより申し込み、登録確認用のメールが届きます。
  お申し込みはこちら:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html
・ドメイン、検索エンジン、キーワード等の設定完了し順位取得後、インサイト>競合>コンペティターディスカバリーのメニューで確認いただけます

設定時にご不明点あれば、hello-jp@ginzametrics.comまでお気軽にご連絡ください。

インハウスSEOのやり方が分かるガイド

キーワード調査/選定から効果検証まで、インハウスSEOの業務の流れを解説した業務ガイドです。「これからSEOの業務フローを構築したい」、「SEOの成果を出すために業務フローから見直したい」といった方は、ご参考にして下さい。

GinzaMetrics Facebookページ

コンテンツマーケティング&SEOで成果を出すための正しいアクションを起こせるよう、役立つ情報を随時発信しています。Facebookページにフォローをして頂ければ簡単に情報が受け取れます。フォローをするには、「いいね」をクリック。

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: SEO.