小売りサイト、リード生成サイトなど、6つのサイト種類別の平均直帰率

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

「直帰率」はネットビジネス/ウェブマーケにとって1つの重要指標であり、会社によっては最重要視する中間指標かもしれません。

私自身、以前より「直帰率って何%くらいなら合格ラインですか?」「うちの業界の平均直帰率はどのくらいですか?」と何度も質問頂き、「40%くらいですかねえ」や「せっかく来たうちの半分が直帰は寂しいですよねえ(≒直帰率50%では寂しい)」とぼやっとした回答をしてきました。

それに対して、非常にわかりやすいインフォグラフィックがありましたので、必要部抜粋してまとめます。

今回の調査対象の平均的なサイト

今回の調査対象の平均的なサイト/指標は次のようなものです。

・サイト滞在時間:190.4秒
・セッションあたり平均閲覧ページ数:4.6
・直帰率:40.5%
・新規訪問率:62.9%

直帰率40.5%。
私がこれまで言っていたことがなかなか当たっていて良かったです。

6つのサイト種類別の直帰率

小売りサイト、シンプルなランディングページ、ポータルサイト、サービスサイト、コンテンツサイト、リード生成サイトの6つのサイト種類別の直帰率です。

直帰率

小売りサイト

直帰率は20%〜40%です。

シンプルなランディングページ

直帰率は70%〜90%です。
広告ランディングページで、コンバージョンイベントが1つだけあるような(購入する、とか)ランディングページを指していると思われます。

ポータルサイト

直帰率は10%〜30%です。
MSNやYahooグループのようなサイトです。

サービスサイト

直帰率は10%〜30%です。
FAQサイトやセルフサービス型(自身で問題解決するサイト)です。検索意図と目的がはっきりしているから直帰率が低いのでしょう。

コンテンツサイト

直帰率は40%〜60%です。
検索におけるビジビリティが高く、その結果あまり関係ない検索ワードでも流入があるため、直帰率は高くなりがちです。

リード生成サイト

直帰率は30%〜50%です。
売上げに繋げるためのリード生成です。

補足

実務レベルになると、ブランドワードでの検索トラフィックは直帰率がかなり低い、メール広告は概ね直帰率が高い、読ませるコンテンツは購入モードユーザーではないため直帰率が高いなど、細かな数値をチェックする方が妥当な場合が多いです。

一方、サイト全体として業界平均と比べてあまりに悪い場合は、大きな意思決定も必要だろうと思いますし、まだまだ改善余地があると捉えることも出来るかと思います。

★この記事は、当社アドバイザーHiten Shahが社長をつとめるKISSmetrics社のブログ「Bounce Rate Demystified」を抜粋/翻訳した内容です。
内容の詳細、またデータソースはKISSmetrics社のブログにてご確認ください。

追記:33の業界別、集客関連KPI(平均直帰率/平均検索流入(SEO+PPC)割合/平均ソーシャル流入割合/訪問あたりPV数など)まとめ
http://www.ginzametrics.jp/blog/referrer-pattern-average

 

Ginzametricsは14日間無料トライアルを提供しております。ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.