SEO&コンテンツマーケティング調査レポート2014

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+

SEO&コンテンツマーケティング調査レポート2014として、主にBtoC企業のマーケター79名に、SEOとコンテンツマーケティングへの取り組みについて、2014年5月に調査を実施しました。

そこで判明したのは、85%の企業がマーケティング活動の一環としてSEOに取り組んでいること、そしてSEOに取り組んでいる企業の88%がインハウス(社内)でSEOを推進していることです。

外部リンク購入が主体であった数年前のSEO対応は、外注が一般的でした。Googleがコンテンツ重視を打ち出してから、SEOのインハウス化が進んでいると言われてきましたが、既に、約9割の企業(一部外注を含む)がインハウスで主体的にSEOに取り組んでいる現状が判明しました。

調査結果について、下記ご紹介させていただきます。

SEOにどのように取り組んでいるか?

85%の企業がマーケティング活動の一環としてSEOに取り組んでいる。 実態が判明。
SEOに取り組む企業の内、88%がインハウス(社内)で対応。その内の58%は、インハウス(社内)のみで推進している。

順位/トラフィックを監視しているキーワード数は?

順位/トラフィックを監視するKW数の比率として高いのは、500KW以下で59%。
その一方、ロングテールKWも含め5000KW以上みている企業は20%ある。

インハウスSEOに取り組む社内体制は?

SEOに取り組む体制として、専任担当者の体制は26%、他業務と兼任の体制は67%。

SEOの目的は?

SEOの目的は1位 コンバージョン、2位 Webトラフィック増、3位 新規ユーザーのトラフィック獲得となっている。

SEOで困っていることは?

SEOで困っていることの1位はスキル/ノウハウ不足、2位 リソース不足、3位 KPI測定/パフォーマンス評価となっている。

インハウスでSEOに取り組む企業はコンテンツマーケティングを展開しているか?

インハウスでSEOに取り組む企業の42%はコンテンツマーケティングを展開、46%が展開を検討中。

インハウスでSEOに取り組む企業はコンテンツマーケティングをどのように展開しているか?

インハウスでSEOに取り組む企業のコンテンツマーケティング推進方法は、65%が社内で企画・制作、 33%が社内で企画、制作を外注している。

調査レポートはslideshareからもご覧いただけます。
http://www.slideshare.net/ginzametrics_jp/seo2014-35294987

【調査概要】
実施元:Ginzamarkets株式会社
実施日:2014年5月26日
実施場所:Ginzametrics第3回OPEN SEOセミナー
回答数:79
回答者属性:職種は42%がマーケティング、28%がWebマスター。

Ginzametricsは自社コンテンツの自然検索流入をマネジメントできるSEO&コンテンツマーケティングプラットフォームです。競合比較も可能です。14日間無料トライアルを提供しておりますので、ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。(タグ設置不要。画面から申込だけで、初期設定に5分もかかりません。)

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

無料トライアルページ:https://app.ginzametrics.com/plans-and-pricing-jp.html

インハウスSEO担当者のためのSEO施策30選_事例50選

ウェブ担当者のためのSEO施策30選_事例50選: http://marketing.ginzametrics.com/acton/media/8336/seo-30-case-studies

《当ブログ記事に関連するブログカテゴリ目次》
コンテンツマーケティングの全体像:戦略や事例から制作や効果測定まで
コンテンツマーケティングとは何か?、なぜコンテンツマーケティングなのか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+
Categories: イーブック・調査レポート.